こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東京商工リサーチから企業情報調査票が初めて届きまし

会社を設立して7年経ちましたが、東京商工リサーチから企業情報調査票が初めて届きました。

内容を見ると住所、電話番号、役員名等などの情報と共に、直近3年の業績と前年の簡略財務諸表まで書かれていました。
最新の業績と財務諸表に数字を書いて返送して下さいとの依頼内容です。

前年財務諸表の数字は正確な物で、はて何処から調べたのかが疑問です。

こちらから決算書の内容を聞かれた事は今までに一度もなく、決算内容を開示しているのは毎年決算後に求められる取引銀行と、昨年から付き合いだした行政書士くらいです。
もっとも税理士は当然毎年のように知っていますが・・・

何処から流出したのでしょう?
もし、上記3者の中から流出していた場合、それぞれに守秘義務は無いのでしょうか。

投稿日時 - 2011-03-10 02:06:37

QNo.6582931

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「会社を設立して7年経ちました」ということは何時か誰かに貴社の調査を依頼されてデータの収集が合ったのでしょう。
これは私もどうやるのか疑問の余地はありますが、彼らも商売ですから必要なデータは探してくるようです。聞いても教えるはずはありません。

私は経理を永年やってきたものですが、その立場で言うと貴社が今後も業界でまともな会社として営業していくのならば、必要以上に財務内容を機密にするのは良くありません。
現実の調査依頼にはプロはなんとしてでも貴社の内容を探り出します。余り秘密主義が行き過ぎると憶測でもそのデータを作るのでかえって貴社の不本意な内容で報告されることさえあります。

ここや帝国データは日本ではもっとも信頼された調査会社ですから、できればその調査依頼には正しいデータを積極的に出すほうが望ましいと思います。ある場合はそれがPRになることもあります。
私は非上場の中堅企業で経理の責任者をしていましたが、このような調査には何時も誠実に対応しておりました。特に会計士の監査を受けるようになったあとは決算書も公開しました。
かえってそれが調査会社の信頼を高めたと思っています。

ちなみに、企業会計原則という経理の憲法のような原則があります。この冒頭には企業会計は出資者や取引先等の利害関係者へ企業の財務内容と経営成績を正しく表示すべきということを言っています。

決算書は税務署と銀行のためだけに作るのではないということです。仕入先はあなたの会社に不安がないから賭けで売ってくれるのです。その信用の基本が決算書です。

貴社が経理内容にある程度の自信をお持ちならば、必要以上に機密にするよりは 積極的に公開のほうが信頼は増すと思います。

投稿日時 - 2011-03-10 10:19:46

お礼

いろいろ有り難うございました

投稿日時 - 2011-03-25 20:07:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問