こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

防災担当大臣 松本龍の使い道

現在 防災担当大臣として松本 龍(まつもとりゅう)氏がおります。
菅首相は、節電啓発大臣や災害ボランティア担当補佐官を次々作り、蓮ほうや辻元清美を充てています。
また、メディアへの記者会見は全て枝野氏が対応、菅氏や松本氏がメディアに出ることは殆どありません。

記者会見は全て枝野氏が対応している上に、防災関係担当者を次々作ったら、指揮の一元化が不可能になり指揮、指令、命令、伝達が混乱することとなります。

現に、蓮ほうが「政府 内閣官房」を名乗り国民・政府が混乱しています。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110314/plc11031422030044-n1.htm
総務省の権限の一部を、節電啓発担当になった蓮舫行政刷新担当相の事務局に移譲したりしたことも発覚しました。
担当行政が次々出現すると「行政」による担当組織の複雑化・曖昧化の原因になり、行政組織が混乱し(既に早速混乱し始めていますが・・・)、結果として国民に不利益が及ぶと思うのです。

もともと、防災担当組織にはノウハウ・マニュアルが備わっているのに対し、「にわか出現」してノウハウ・マニュアルの一切ない担当行政組織を作ってそこに権限移譲しても、混乱するのが見え見えだと思うのです。

菅首相は蓮ほうは松本龍に比し、「知名度バツグン」と思って「節電啓発大臣」なるものを敢えて作ったのでしょうが、こんな緊急時、ノウハウ・マニュアル、法律持ってない組織・大臣や新規行政組織に権限移譲したら国家行政や地方行政と国民が迷惑します。
後々禍根を残す原因になると思います。

また、この大震災に直面して松本防災大臣は蚊帳の外にされている感じがいたします。

この松本防災担当大臣の使い道について教えて下さい

投稿日時 - 2011-03-15 05:21:40

QNo.6593833

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

松本防災大臣は、今回は使えない、というのが回答と言わざるを得ないようです。

ご指摘のとおり、松本龍氏という防災大臣が存在することをつい先日知って、私も本当に驚きました。
要するに、マニュアルはあっても動けない人、日頃の準備を怠っていた人、ということのようです。

私は、防災大国日本にあっては、こういうときにすぐに白地図がひける防災専門の省庁が必要だと痛感して(みんなそう思っているようです)、その文書をしたためて、主だった国会議員の方々に送付するために数か所の事務所に電話をしていたところ、ある知り合いの議員の秘書の方から防災担当大臣なるものの存在があることを聞いて、さらにそれが何の役にもたたないどころか、いないも同然の状況に度肝をぬかれました。
自分の無知と、そうした無為無策の政府を野放しにしてきた責任を痛感しましたが、あまりにもひどすぎ!その秘書も、そのことを猛烈に指摘していました。

アメリカには、軍のほかに災害時の専門部署があるそうですね。マイアミの台風の時にはうまく機能しなくて批判にさらされたそうですが、今の日本の場合は、有名無実の担当大臣なら、いないのも同じ。行動をしていないのだから批判するにも値しない、ということではないでしょうか。

そんなことを表ざたにしないで、福島の避難所の老人が14人も亡くなったという今日のニュースを、政府はどんな気持ちで見ているのかと思うと、大変おぞましい気持ちが致します。
こうした問題の深刻さは、今後どんどん深まっていく一方でしょう。
みんながみんな、現地に赴いておにぎりや毛布を届けたりすることができない中、できるだけのことをできるひとがやっていくしかない、としか言いようがありません。

そういう意味では、政府も現状の力でできる限りのことをやっているのだから、現時点であまり批判的になるのは、被災者にとっていい結果を生まないかもしれません。
本当に、被災地を応援します。何とか頑張って。報道の人も、手ぶらで行かずに、自分から政府に働きかけて、できることを見つけて、何か届けてあげてほしい。これは、行きたくても足がない視聴者からのお願いです。
今は、政府もパニックのような状態になっているのではないでしょうか。情けないのですか。

投稿日時 - 2011-03-17 10:49:34

お礼

ご回答ありがとうございます

やっぱりこの内閣、無為無策の内閣って事を再認識させられました

ありがとうございます

投稿日時 - 2011-03-18 08:46:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

115人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問