こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学進学か就職か

私は県立高校(国際科)にかよう2年生です。
わたしの家計はとても苦しく大学に進学できるような状況ではありません。
母は大学に行ってもよいといいますが家で用意できるのは入学金だけでその後は自分で働いて授業料を払っていく形です。
偏差値は60くらいの高校に通っていますが成績は優秀ではないため奨学金は難しいと思います。
国公立もうちの学科からでは難しいです。
また、家の事情で勉強だけに専念するのが難しそうなのです。というのも、母が精神病のためあまり負担をかけたくないので家事などはなるべくやって母との時間も作らないと母のストレスがたまってしまい精神的によろしくないのです。
うちに父はいません。
それに自分自身はやく自立して働いて母を少しでも楽にさせたいというきもちがあります。大学にかよっていたらバイトをしても全部授業料に消えるだろうし。
個人的に働くことは好きなので苦痛ではありません。

しかしやっぱり大学に行った方がいいのかな、という気持ちもないわけではありません。
高卒で就職してもちゃんとした仕事につけるのかわからないしなにしろまだ自分が未熟な気もします。

そこでふと、浪人生のように、卒業しても一年間は大学進学を見送り、勉強とバイトを頑張って知識とお金をためてから大学にいくのもありかなと思いました。

しかしこれは本当に今思いついたことでなにもわからない状態なのでみなさんの意見をききたいです。何でも構いませんので貴方の思ったこと、知っていることをお聞かせください。

もし高卒で働くのなら正社員にはなれるのでしょうか?
わたしの考えをどう思いますか?
とにかくうちにはお金がなく、母にあまり負担をかけると病気のほうが心配です。

おねがいします

投稿日時 - 2011-03-16 17:47:04

QNo.6597394

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

再度、失礼します。

‘修学資金’と同時に‘就学支度金’も利用すれば、入学金等もまかなわれます。
URLを見ればおわかりでしょうが、東京都の場合は無利子で最長20年かけての
返済も繰り上げての返済も可能です。


向学心のある若いこれからの方には、勉強・勉学の機会は皆平等に与えれらるべきだと強く思います。
お金がないからと、諦めてしまうことはしてほしくないです。
本気で努力して得た知識や技術は必ず身を助けます。お金は後からついて来るものです。

投稿日時 - 2011-03-18 03:22:54

ANo.5

家庭の事情を除外して、貴女自身だけのことを考えてみて下さい。

さて、貴女は大学に進学したいですか? 大学で勉強したことはありますか?
将来はどのような関係の職業に就いてみたいか、これは漠然としててもよくて
でも、おおよそこんなようなことという仕事はありませんか?

確かに厳しい世の中です。ひとり親家庭、収入の少ない家庭、病気の家族がいる家庭、
様々な家庭があるのも当り前のことですよね。
現実は甘くなくて、特に経済的なことは大きな壁になりますよね。

もし貴女が本当に自分の将来のために最高学府である大学に進学したい!
それが自分の将来にプラスになるはずという強い思いがあるのなら
私はぜひ挑戦してほしいと思います。

貴女の家庭はひとり親家庭(母子家庭)ということですので、奨学金と同じと見なしてもいい
‘母子福祉資金貸付制度’という制度があることをご存知でしょうか?
この制度は各都道府県によって内容が若干異なりますが、母子・寡婦家庭のために用意されている
様々な貸付制度です。

大学に進学するための入学金や卒業までの学費は‘修学資金’になるかと思われます。
20才以下は‘児童’となるので、貴女は対象者です。
ちなみに東京都の場合は、貸付金は卒業して6ヵ月の猶予後、ご自身で無理のない範囲で
返済期間と返済額を決めることもできたはずです。

大学だけでなく、もし貴女がご自分に取って専門学校や専修学校で専門知識を勉強したいなどでも
対象になりますので、一度お住まいの自治体のをお調べになってみても損はないかもしれません。

東京都の場合ですが参考までに。。。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hitorioya_shien/hitorioya/kashituke/

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hitorioya_shien/hitorioya/kashituke/files/22boshi-uti.pdf

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/hitorioya_shien/hitorioya/kashituke/files/22boshi-ura.pdf


高等学校を卒業して正規雇用として就職したいのであれば、ここではなく通っている高校で相談できるのでは?
お体の弱いお母様のために貴女が頑張る、という意思は尊いことです。
でもとても近い数年後より、長い目でみた貴女自身の将来の方が大切で、でも貴女が専門的な知識を得て有利な就職をする。
貴女が望むような専門職に就いて安定した職業と収入を得るようになる。

勉強しながらバイトで家計を手伝うことはとても大変だという覚悟も必要でしょうが、どうかお母様と貴女の
10年後・15年後、それからもっと先を見据えてみるとどうなのでしょう。
のんべんだらりと大学に行くのは意味はないけど、専門的な勉強をして知識を身につける。
今は男性と同じように女性も活躍できることを忘れずに。

うちもひとり親家庭でした。幸い私は働けてましたが、やはり娘は母親の私をずっと見てて
自らの選択で看護師という専門職に就きました。女性が一人でも結婚しても働ける職業です。
就職難もなくそれなりの収入も得られる、今の時勢では恵まれた職業です。

貴女には選択肢があります。高校を卒業して就職することもいい、勉強したければ‘学費を気にせずに’
進学して勉学に集中することも可能です。次世代を担う貴女の権利です。
向学心向上心があれば、国はきちんと支援する制度を用意しています。

お母様が心配で家を離れることが出来なければ、自宅通学できる範囲で探せばよいこと。
偏差値60の優秀さは勿体ない! 国際科というのを活かせる何かがあるかもしれない。

お母様のことを守ってあげられるのも、貴女が実力をつけて社会に出ることが重要かも。
私はお母さんの立場ですが娘が自立して自活できるようになったことが一番の喜びです。

奨学金を受けるのと同じような制度の‘母子寡婦福祉資金’を一考されてみていただきたいです。
貴女の将来はいかようにも開けています。自分がやってみたいことは何か?じっくり考えて下さいね。
それがお母様の幸せにも繋がるとだと、私には思えます。

・・・私自身も鬱病歴20年でした。

投稿日時 - 2011-03-18 03:04:52

男性です。

今の世の中、あなたのように、仕事をしてお金をためて、大学に行けるような世の中では、ありませんよ。あなたは、仕事も大学もなめては、いませんか。

今あなたがしなければいけないのは、将来の自分の仕事のため、そして、お母さんのため、一生懸命勉強することです。

そして、自分の希望に近い大学か専門学校かに行き、しっかり勉強し、バイトすることです、奨学金は、出ると思いますよ、ただ、将来仕事をしながら、返さなければいけません。

とにかく、自分のために勉強することです。決して、無駄には、ならないと思います。
国立大学に受かればいいですね。どうなろうと、生きる道は、いくらでもあることだけは、忘れないように、あなたの未来は、明るいと信じ、頑張るしかありません。
そして、あなたと同じように、誰もが頑張っていることも忘れないように。

投稿日時 - 2011-03-17 02:44:29

ANo.3

女性なら就職、男性なら進学、かな?

1年見送りは辞めた方が無難、と私は思います。

投稿日時 - 2011-03-16 18:50:58

ANo.2

>国公立もうちの学科からでは難しいです。

こんな甘っちょろいことを言うのならば進学なんて辞めるべきです。とっとと就職してください。しかし、この程度のことで進学をあきらめるような程度の低い弱虫が高卒で生きていけるほど今の世の中は甘くはないですけどね。進学できないから就職する、だなんて、逃げ道として選んだ就職は必ず失敗します。就職するのであれば、なぜその職業を選ぶのかについて、ご自身で良く精査して納得し、自分の進むべき道だと確信したうえで進んでください。

貴方のように優柔不断で逃げることしか考えていない弱虫は今の世の中生きていけません。恥を知りなさい。

進学を希望するのならば、絶対に国立に合格するという信念のもとで学校の授業に頼らずに独自に勉強して道を切り開くべきです。

>わたしの考えをどう思いますか?

超甘い。甘っちょろすぎて反吐が出ます。他人をあてにして生きていくような、依存人生は必ず失敗します。自分の生きる道は自分で切り開くのが当たり前なのですよ。いつまでもガキンチョみたいに甘えた考えを持っていたら大けがしますよ。今の貴方の考えは、人に話したら思いっきりバカにされる極めて低レベルな甘っちょろすぎる考えです。一刻も早く甘えを捨てて常識的な考えを身に着けてください。

投稿日時 - 2011-03-16 18:08:30

金がないなら就職
ただし、就職の場合、したい仕事は絶対にできないと思ってください

そもそもちゃんとした仕事かそうでない仕事かどうかというのは、
結果論です。どんな仕事でも我慢して長く続ければちゃんとした仕事ですが、
どんなに大会社に入っても(まずむりでしょうけど)続かなければちゃんとしてないと言えます。

よく勘違いしている人がいるのですが、
ちゃんとした仕事というのは、仕事に対して向かうあなた自身の姿勢です。
会社側ではありません。選り好みして辞めるのは労働者に問題があるからです。

投稿日時 - 2011-03-16 18:03:37

お礼

なるほど、ありがとうございます。
今のこの質問の中でのちゃんとした仕事というのは、派遣社員やパートではなく正社員という意味でした

投稿日時 - 2011-03-16 18:08:14

あなたにオススメの質問