こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アルバイト解雇について

私は今日焼けサロンでアルバイトをしている21歳男です。
構成は3店舗の日サロを経営している社長。真っ黒な31歳フリーター。18歳の女フリーター。19歳の女学生。23歳の女フリーター。で私です。
約二ヶ月前入った当初社長から男のお客さんが多いから女の子が店員でいると評判いいんだけど防犯の事もあるから男もいた方がいいという事で雇った。と言っていました。
しかし今日、やっぱり男の店員は客ウケ悪いから来月の20日に辞めてもらう形でいい?と言われ他の店舗(今の店舗から電車で30分)は男で問題ないから週2なら入れるから考えといてと言われました。
今まで週4~5日入っていたのにいきなり減らされたら困るというのも言えず去ってしまいました。
こんな社長のもとで働きたくないのですが納得いかず労働基準法第18条の2を調べてみたんですが、30日以上前に解雇通告すれば問題ないなど正当手段をとってきているらしく私の知恵ではどうしようもなくなってしまいました。
辞めるつもりなんですが、一泡吹かすというか何かしらのダメージを与えて去りたいと思うので力を貸してくれないでしょうか?
まずどうしたらいいのでしょうか?

投稿日時 - 2011-03-17 20:47:45

QNo.6600174

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ribu0221さん、今は、労基法第18条の2は、労働契約法の第16条(解雇)に移ってます。

それはともかく契約違反、不当解雇を主張できます。解雇の撤回を望まないのならば、損害賠償金とか慰謝料の支払いを請求できます。請求は文書が良いでしよう。

文書請求しても支払いがなければ、労働局のあっせんか簡易裁判所の少額訴訟等で争うことができます。

一泡蒸すかわかりませんが、文書請求をおすすめします。

投稿日時 - 2011-03-18 06:20:33

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

これが「即不当」になるかは微妙な状態です。
1)期日前に告知されている
2)会社の「経営上」の問題とリンクしている
3)会社より代替の勤務が提案されている
4)選択の権限が与えられている。

上記を踏まえて「労働基準監督署」へ相談してください。
労働審判でも、顧客からの「苦情」というのがあれば、あまり期待はできません。
だから「解雇」はせずに「配置換え」を提案したといわれれば、正当な行為となるケースも多々あります。

投稿日時 - 2011-03-18 06:30:03

転勤と勤務日(週2日)は自分から辞めてもらう為の嫌がらせとしか思えません。不当解雇で労働基準局に訴えますよと一度言ってみるのはどうでしょう?訴えられたり会社都合で辞められるのは企業イメージが悪くなるので会社側としては余り好まないと思います。なかなか相手に一泡吹かせるのは難しいかもしれませんが・・辞める時は必ず会社都合にしてもらった方が良いと思います。

投稿日時 - 2011-03-17 22:50:29

あなたにオススメの質問