こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

有給休暇

現在(勤続10年)週5~6で働いているので年20日の有休がありますが、もしかすると今後週4日に労働日数を減らさなければならないかも知れません(1日の労働時間は変わらず、フルタイム)。
全労働日数の8割以上の出勤が有給休暇発生の条件とか聞きますが、こういう場合、有給休暇はどうなるのでしょうか?宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-03-19 11:05:32

QNo.6603696

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

労働基準法によれば、

「一週間の所定労働日数が4日以下かつ30時間未満の労働者は、その所定日数に比例した日数の年次有給休暇を与えることになっている。これを年次有給休暇の比例付与という。」

貴方の場合、フルタイムが何時間なのかがわかりませんが、仮に週4日の勤務になっても休憩時間を除いた労働時間が7.5時間以上あれば、今までと同じ年次有給休暇が付与されます。

仮に、週30時間を下回った場合は、下記の計算式で求めた日数が年次有給休暇の比例付与日数になります。

 A×B/5.2   Aは週5~6働いていれば付与される年次有給休暇日数
          Bは今後働く一週間の労働日数

(例)貴方は勤続10年なので、本来付与される年次有給日数は20日
   今後のシフトが、週4日・1日7時間(週28時間)とすると

   20日×4/5.2=15.38日 
         一日未満切り捨ての為、15日が貴方の年次有給休暇比例付与日数になります。

貴方も書かれている通り、前年の出勤した日数が全労働日の8割以上であることが条件です。
簡単に言えば、契約更新前一年間、届出欠勤を2割以上していなければ問題ありません。

   

投稿日時 - 2011-03-19 14:23:09

お礼

どうもありがとうございます!参考になりました。

投稿日時 - 2011-03-22 10:35:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

基準は「所定労働日」ですから、契約が変わって所定労働日が週4日以下にでも変わらなければ気にしなくて大丈夫です。言い換えれば所定休日(会社が都合により仕事を休む日すなわち休業日とは違います。労働契約上の休日です)が3日以上にでも変更されなければ関係ありません。所定休日(労働契約(条件)で決められた休日)を(不利益に)変更するにはhanaksoulさん達の同意を得るとか合理的な理由があるとか(就業規則の変更等)大変な手続きが必要で簡単にはできません。

投稿日時 - 2011-03-19 11:45:07

お礼

分かりやすい説明、どうもありがとうございます!

投稿日時 - 2011-03-22 10:36:38

あなたにオススメの質問