こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文について質問です

以下は参考書に記載されていた英文とその訳です。それを見た上で、以下の質問に答えてください。

The measure inserts language into the constitution limiting marriage to one man and one woman

(この提案は、1人の男性と1人の女性間に結婚を限定するという文言を憲法に盛り込もうというものである)

質問: limiting marriage to one man and one womanがlanguageを修飾してると思うのですが、何故languageの直後に来ないのですか?
これではわかりにくいと思うんです。
まるで、constitutionをlimiting marriage to one man and one womanがlanguageが修飾してるようでわかりにくい、、

何かルールや訳でもあってこういう形になっているのでしょうか?

投稿日時 - 2011-03-20 18:08:45

QNo.6607073

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も、このくらいの長さの修飾句なら、定位置におけよ、と思ってしまいますが^^、まぁ、定位置においたら、おいたで、into the constitution がどっちにかかるか、わかりにくいという話にもなるので…

挿入すべき修飾句や節の長さが、大枠の文の終わりやカッチリした区切りまでに比べて長いときは、先に終わりまでを書いて、後から修飾部分を書く、みたいな原則はあります。節の場合は中に主語・動詞の組み立てを含んで、わかりにくくなるので、あまり長さの差がなくても後ろにもってくる場合が多く、句だとそのへんはややマシなので、少々なら長めでも定位置にきやすいとかはあるようです。この文くらいが、どっちもありの境界線あたりかな、という気はします。

投稿日時 - 2011-03-20 18:33:10

お礼

いつもわかりやすいご回答まことにありがとうございます!


>挿入すべき修飾句や節の長さが、大枠の文の終わりやカッチリした区切りまでに比べて長いときは、先に終わりまでを書いて、後から修飾部分を書く、みたいな原則はあります。節の場合は中に主語・動詞の組み立てを含んで、わかりにくくなるので、あまり長さの差がなくても後ろにもってくる場合が多く、句だとそのへんはややマシなので、少々なら長めでも定位置にきやすいとかはあるようです。

投稿日時 - 2011-03-23 17:50:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

日本語にはない「関係代名詞」についても同様な疑問が出てくると思います。要するに英語や多分ヨーロッパやその他の国の言語にも共通すると思うのですが、まず、S+V+Oなどの骨格をまとめて出します。それに後からいろいろ付加していくのが特徴です。

日本語では主語が省略されることが多いですよね。以下は私の個人的な推測ですが、ヨーロッパは地続きですから民族の異なる人たちが常に入り混じってきました。そのためわかりやすい表現、骨格をまず述べる方法が定着したのだと思います。
他方、日本は狭い国土に同一民族が農業を中心に長い間定住生活してきました。そのため、お互いが基本的情報を共有しているので、主語を省いてもわかるんですよね。更に、基本的なことは後回しにして、むしろ区別を示す言葉が先に来るようになったのではないでしょうか。
日本の言語の方が世界的にみて特殊と思います。

投稿日時 - 2011-03-20 19:20:38

お礼

ありがとうございます!

素晴らしい推測ですね。しっくりきました!

>ヨーロッパは地続きですから民族の異なる人たちが常に入り混じってきました。そのためわかりやすい表現、骨格をまず述べる方法が定着したのだと思います。
他方、日本は狭い国土に同一民族が農業を中心に長い間定住生活してきました。そのため、お互いが基本的情報を共有しているので、主語を省いてもわかるんですよね。更に、基本的なことは後回しにして、むしろ区別を示す言葉が先に来るようになったのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-03-23 17:51:31