こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学留学するかどうか悩んでいます。高2です

こんにちは!私は高校2年のまおです。アドバイスを頂きたいです。内容がすごく長くなってしまってすみません。

私の将来の夢は、社会教育学と比較教育を勉強して、教育の研究者になることです。中学生の頃からフィンランドの教育にとても興味があってよく本を読んでいました。だからフィンランドで教育の勉強をしながら研究をし、多くの子ども達を助けることが夢です。だから大学は、フィンランドへ交換留学に行ける学校にしようと思っていました。でも高校1年生の春に行ったアメリカでのホームステイで気持ちが変わりました。

いきなりですが、私の両親は私が中1の頃から仲が悪く、母は私をほったらかすようになりました。ご飯の代わりにお金が置いてあり、私が話をしても聞いてくれませんでした。今は両親同士は普通に話していますが、その代わりに弟からの暴言と暴力が始まりました。私は中学生の頃、家庭環境の影響をもろに受け勉強をしなくなり、毎日学校に行くのが嫌でした。人が怖くて誰も信じなくなりました。でもその時アメリカのドラマや音楽が大好きになりました。英語でアメリカのドラマを見ることがとても楽しくて、嫌なことも忘れられました。価値観が変わりポジティブになりました。そして英語が大好きになって勉強し、下のクラスの中でですが学年で1番が取れました。

留学に対し、母は私の話を聞いてくれませんでしたが、あまりにもしつこいので、また料金が比較的安かったということもあり、ホームステイをさせてくれました。私は初海外で1人で乗り換えをして行きました。結論から言うと、私はアメリカで素晴らしい経験をしました。温かいホストファミリーに恵まれて、初めて”家庭” というものを実感しました。そして帰国後、絶対にまた行きたいと思いました。そしてアメリカの大学留学を考え始めました。

私は大学で、自分や世界のために多くのことを学びたいと思っています。だから、受験が終わったら大学ではバイトしてサークルして恋して遊ぶ!みたいな周りの雰囲気が嫌でした。もちろん全員がそうではないと分かっています。反対に、アメリカの、皆必死に勉強してディベートして…という授業にとても興味を持ちました。そして、自分もその中でやっていけるようになりたいと思うようになりました。
それから英語の成績もあげました。今はやっと偏差値60くらいです…英検は2級を持ってます。そしてそれ以上にやる気を引き立てたのが、アメリカの家族のことでした。私の帰国後も連絡をくれて、留学を最初に提案してくれたのはホストマザーでした。私は、温かい家族の中で1度でいいらか暮らしたい、また皆に会いたいと毎日思っていました。家族に酷いことを言われて部屋で泣いてた時もママ達のことを思い出しました。

両親は最初留学に対し聞く耳を持ちませんでしたが、先生の力を借りて説得しました。うるさいなあ、じゃあ行けば?みたいな。州立の大学なのでお金が日本の私立と変わらないということもありました。そのことに対して両親や先生に感謝しています。

でも今年になって改めて将来のことを考えた時に、私は何のためにアメリカに行くんだ…と思ったんです。私はずっと、フィンランドに行って勉強することが夢だった、それだったら日本でしっかり日本の教育を勉強してから、海外に出て日本との比較をした方がいいんじゃないかと。それから泣くほど悩んでいます。私は1年間何をやってきたんだろう、結局ママに会いたいだけだったのかもしれないと、本当に情けなかったです。アメリカに行ったらまたあの家族と、愛のある中で生活ができます。勉強は本当に大変だけど、自分の限界で挑戦したい、精一杯努力をするつもりです。でもアメリカでは学部課程に入るのは3年生からで、教育学の奥深くまでを学ぶことはできないと思います。また、その後フィンランドの大学院に行くことができるか分かりません。そして何より、私の学びたい日本の社会教育は、当たり前ながら学べません…比較教育として学ぶことはできますが。

日本の大学で、できたら交換留学をして、フィンランドの大学院に進学するか(学費は無料です)、それかアメリカの大学に留学して、大学院に行けるかは分からない…か、どちらにするか悩んでいます。将来のことを考えると前者の方がいいことは痛いほど分かるんですが家族のことがあるので諦めきれないんです。
母には、6年後は金銭的に行けるか知らないと言われました。バイトで貯金は多少できると思います。フィンランドは学費が無料ですが行くなら絶対に奨学金をとって行きたいです。

私は先生方や周りの友達に本当に感謝しています。私自身は理解してくれないけど留学させてくれる両親にもです。そのことは分かって頂けると嬉しいです。そしてこんな長文を読んで下さってありがとうございます。回答お待ちしています

投稿日時 - 2011-03-21 01:08:05

QNo.6608090

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。いろいろよく考えていらっしゃると思います。

フィンランドの大学院に行きたいというのであれば、アメリカの大学を卒業してからでも問題ないように思いますし、初志貫徹で日本の大学に行ってからでもいいと思いますよ。交換留学では英語で授業が受けられるようですね。フィンランドの大学院は詳しくないですが、検索して一つ大学院を見てみると、TOEFLでペーパーベースで575点が最低求められている、ということで、アメリカの大学院(550~600点)とさほど変わらないと思います。

日本の大学に行った場合には、夏休みなど長期の休暇を利用して、アメリカにいるホストマザーに会いに行ったり、滞在させてもらうということもできると思います。

質問者さんでなくても、高校の時分にホストファミリーで過ごす、というのはかけがえのない思い出や経験ができると思います。特に質問者さんの場合はホストファミリーで温かく感じたと思います。1年間何だったんだろう、と情けなく思うことはないですよ。ホストマザーに会いたい気持ちがあるというのは自然のことだと思います。それで発展的に考えて、やはり自分は初志貫徹で日本の大学に行こう、と思ったらそれでいいと思います。

一つ、大学に入ってから、というのはどんどん自立していく時期なので、ホームステイをしても果たして同じように感じるか、というのはわからないところです。今は高校生ということであまりわからないかもしれません。大学生というともう大人ですから、ホストファミリーの家で過ごす、というのは他人の家にお世話になる、居候するということですから。実際に行ってみて、以前とは違ってた、と落胆しないためにも、ずっとというのではなく、短期間の訪問というのがいいのでは、と個人的に思います。

それと、アメリカの大学によっては、1年間寮生活が求められているところもあります。留学生やNon-Traditional Student(社会人になってから学業に戻った人など)は免除されることもありますが、留学生用の寮がキャンパス内にあって、そこに住むようになっている、ということもあるので、ホストファミリーの近くの大学に行っても、最初にホストファミリーの家に住めるかどうかわからないので、その辺も調べてみる必要があると思います。

それから、一般教養を1,2年次にするというのは日本でも変わらず、専門的なことはやはり3年次になってからでしょうか。大学や学部によってゼミが必須なのか選択なのか、というところも異なりますが、日本とアメリカの大学の違いの一つはゼミがあるかないかで、アメリカでは日本の大学のようなゼミがないです。日本の大学のゼミがディベートの場にもなったり、ゼミによっては他大学や他学部とのゼミ討論会があったり、という感じです。アメリカでは私は大学院からだったので、学部はあまりわかりませんが、大学院は講義形式というのはほとんどなく、あらかじめ指定された文献を読んでレポートを書いて、その文献をもとに、授業の各トピックについて教授が質問をなげかけて、学生が意見を言い合う、という感じです。

それと、アメリカの学生がよく勉強すると言われますが、これには理由があって、毎学期、ある一定の成績を保たないと在学できないからです。成績が一定までいかないと猶予期間もあることはあるのですが、猶予期間を過ぎると退学を余儀なくされます。成績も細かくつけられるので、学生もかなり成績を気にしています。

学費については州立大学の場合は、最初の方もおっしゃったように、留学生はOut-of-stateの学費になるので、州内出身の学生より学費が高くなります。授業料は1単位あたりなので、各学期15単位なら×15です。学費を抑えるために、最初の2年間をコミュニティカレッジに行って、4大に編入というのもよくある方法です。

少し現実的なことを書きましたが、参考になればうれしいです。

投稿日時 - 2011-03-23 01:00:43

お礼

お礼が遅くなってしまってすみません。

詳しく書いて頂きありがとうございました。
確かに、大学生になってからファミリーの元へ行き、子供達と触れ合うと、以前行った時より違った感じがするということはあると思いました。
留学するかどうかはまだ悩み中ですが、ファミリーに会うことと切り離して考えようと思います。日本の大学に進学しても、まだ会いに行こうと思いました。

アメリカの大学は随分システムが違うのですね。
フィンランドの大学院の入学時に必要なスコアも教えていただき、ありがとうございます。

これからは夏前までは受験勉強をしながら考えて行くつもりです。
なるべく早く決断したいと思います。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2011-04-07 00:31:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

フィンランドの大学は入試があり、しかもフィンランド語かスエーデン語でしか実施されないようですから、非現実的選択肢です。
It is important to note that admission to undergraduate programmes (leading to a Bachelor's degree) is only via an entrance examination fully or partly in Finnish or Swedish. No entrance examinations are arranged in English.

アメリカなら可能性はあります。
アメリカの州立大学は学費が安い、と思い込む人がいますが、留学生となると、必ずしもそうではないはずです。むしろ私立でFinancial Aidを受給できれば、そちらのほうが安上がりという場合もあります。

投稿日時 - 2011-03-21 07:05:25

お礼

回答ありがとうございます。

しかし私が考えているのは、日本の大学から行くフィンランドへの交換留学、または大学院の留学です。。すみません。
アメリカの大学の学費のは、調べて見たところ日本より少し高くなる、といった感じでした。

投稿日時 - 2011-03-21 10:21:49

あなたにオススメの質問