こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

解雇権の乱用?。

入社時(3年前)の就業規則では、副業禁止とはなっていなかったので、
現在(副業を始めて1年位で)もしているのですが、会社が一方的に
就業規則を変更し(昨年10月)、副業禁止となりました。

今年2月に私の副業が会社に発覚し、会社は「就業規則違反」を盾に
退職を迫ってきました。

私は、「改版前の就業規則では禁止でなかった」と対抗したのですが、
「改版した以上、就業規則違反である」と退職をせまってくるのですが、
どう対処すればよいのでしょうか?。

副業先の方は「解雇権の乱用だから無視すればよい」と言うのですが。
(当然、会社の業務及び出勤状況に影響は与えていません)

投稿日時 - 2011-03-27 00:03:23

QNo.6623344

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

新しい規程が置いてあっても改定したことを伝えんと周知したことにならへん、て解釈されとるよ。

退職を迫ること自体は違法でないわ。それが強迫とかそれに近くなると違法やし、事実上のクビで解雇の要件満たしとるかが問題になるけど。

投稿日時 - 2011-03-28 22:42:05

補足

回答ありがとうございます。

 ということは、改定の周知が私及び私以外の職員も周知されていないので、
 改定後の就業規則は無効なのでしょうか。
 また、改定後の就業規則には、代表社員の意見が添付されていないのですが。
  
 「クビとされる場合の解雇の要件」とは、なんなんでしょうか?。
 会社側は、副業していたことが就業規則に違反していることのみを
 退職を迫る理由としているのですが。

投稿日時 - 2011-03-29 22:11:57

ANo.4

就業規則は、社員の代表の意見をつけて労働基準監督署に提出します。意見というのは「改定には反対します。」でOK。

>「改版前の就業規則では禁止でなかった」
意味ないです。変わった後の今でも副業しているのですから。


>当然、会社の業務及び出勤状況に影響は与えていません
これは個人の主観です。客観的に見て合理的に証明できますか?

どこかで折り合うしかないように思います。副業で本業を犠牲にしてしまうのか?です。

投稿日時 - 2011-03-27 20:06:48

補足

回答ありがとうございます。

 少し聞きたいのですが、就業規則の改版内容について、「改定には反対します」の
 意見をつけた場合、改定後の就業規則には従わなくてもよいのでしょうか?。

投稿日時 - 2011-03-28 11:06:06

ANo.3

改定した内容が周知される状態になかったいうことね?たとえば、改定したて案内があって、改訂後の就業規則が社員全員の見られる社内ネットワークにうpされたとかなら、周知したいえるけど、そんなんもなく噂話で聞いただけいうことね?

改定した内容を書いたのに周知されとらん文書は、改訂就業規則にならんと、経営陣側の内部文書でしかないて考えられとる。新就業規則としての効力はないで。

クビ言い渡すのでなしに退職迫るいうことは、理由関係なしに辞めてもらいたいいうことかもしれへんな。

投稿日時 - 2011-03-27 17:31:01

補足

  
  回答ありがとうございます。

  就業規則は出勤簿の横においてあり、見られる状況ではありしたが、
  改定の周知がなかったので、改定されていたことに気がつかなかったのです。
  (他の多くの職員も改定されていた事を知らなかったと言っています)

  という事は、こちらの落ち度?、あるいは、経営者の意図的な行為?。
  かわかりませんが、改定後就業規則は有効なのでしょうか?。
  
  また、退職を迫っている行為自体は、問題はないのでしょうか?。

投稿日時 - 2011-03-28 11:13:12

ANo.2

副業禁止の改訂は社員に周知されて、あなたは認識していましたか?
施行される際、行っている副業について会社に申し立てをし、認めてもらえるよう交渉しましたか?
改訂を認識していた上で、だまって続けていたのなら、解雇権の乱用とは言い切れないですね。
無視してないで、法律の専門家に相談し、副業をやめることで雇用を継続してもらえるよう交渉されてはいかがですか。

投稿日時 - 2011-03-27 16:24:31

補足

  
  回答ありがとうございます。  


  私(私だけではなく、複数の社員も)の知らないうちに、
  改定されていたようなのです。
 
  法律の専門家とは、具体的には、地域のユニオンとか労働基準監督署
  なのでしょうか?。

  会社側は、「いまさら副業を申し出ても、あるいは副業を辞めても、
  就業規則違反は変わらないから、退職してもらう」との一点張りです。

投稿日時 - 2011-03-27 17:04:56

ANo.1

基本的なこと言うてみるんで、当てはめてみ?

改定については、改定した内容が周知されとるなら改定後の規程が有効や。

副業禁止規程が有効で、勤務態度に影響出とるとか、社会的によろしくない商売やっとるとか、同業の商売に加わっとるとかなら、会社は懲戒権を行使できるで。

投稿日時 - 2011-03-27 14:15:24

お礼

 回答ありがとうございます。

 私(私だけではなく、複数の社員も)の知らないうちに、
 改定されていたようなのです。
 
 「副業禁止になるみたい」との噂はあったのですが、
 具体的にいつ、就業規則の改定になるのかは不明でした。

 勤務態度への影響及び同業他社でもなく、社会的にも問題のない
 副業先です。
 
 

投稿日時 - 2011-03-27 16:58:53

あなたにオススメの質問