こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自己PR(面接対策)

20代後半、女です。今まで一般事務職を経験してきました。現在、アルバイト(事務職)をしています。
希望職種も一般事務職で探しています。
志望業界が特にないため、志望動機等に行き詰まり、不採用が続きます。
何卒お力添えをよろしくお願い致します。

【自己PR】
これまで人に気配りすることとまじめにコツコツと粘り強く仕事を続けて参りました。
私は、自分の仕事を確実にこなし、相手の立場に立って仕事を進めることができます。
現職では(お客様から提出される)請求書のエラーの対処する業務を行っております。
事前に渡されたマニュアルを熟読した上で仕事を進めていましたが、マニュアルだけでは説明不十分と感じ、誰が見てもわかりやすいように簡素化を図り、社内マニュアルを作成しました。
また、お客様にエラーの対処方法を説明し、ご理解が得られなかった時は、対処方法の詳細を図を用いて作成し、提案したところ、「わかりやすい」とのご報告をいただき、エラーを減らすことが出来ました。
私は、お客様、社員両者の立場で考えて仕事を進めることができますので貴社の業務にお役に立てると考えております。

・・・いかがでしょうか?自分で覚えられない始末です(涙)
あと自己紹介をお願いされたら今までの仕事内容だけでよろしいでしょうか?
いろいろ質問していまい申し訳ありません。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-03-28 02:44:09

QNo.6626030

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

私は採用側で面接をしたことがあるものです。
その立場で言うと「まじめにコツコツと粘り強く」というのは殆ど意味がありません。
なぜかというと多くの応募者がこういう意味のことを言うからです。間違っても私はあきやすく不真面目ですなどという人がいるはずもないですね。

就職の面接では、それよりも具体的にあなたがこれまでしてきた仕事でほめられた事や自信のあることを具体的に言ったほうが良いでしょう。

その意味では
「誰が見てもわかりやすいように簡素化を図り、社内マニュアルを作成しました」とか
「対処方法の詳細を図を用いて作成し、エラーを減らすことが出来ました。」
という経験をもう少し詳細に思い出して、具体的事例でお話されたらば効果的だと思います。
実際の経験談を判りやすく説明できれば、あなたの性格や人格は自然に評価されると思います。
言葉でいくら良い性格であると自分で言っても、余り信用はされないですよね。

投稿日時 - 2011-03-28 10:25:24

あなたにオススメの質問