こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

福島第一原発はいつ解決するのですか?

震災の影響で福島第1原子力発電所が停電し、さらには爆発を起してから早くも二週間以上が過ぎようとしています。
その間、様々な努力がなされたのでしょうが、決定打には至らず、放射能は出続け、解決の見込みがあるのかどうかすら見えません。

当初からなぜこうも手をこまねいているのかと疑問だったのですが、状況が明らかになるにつれ、それはどうやら付近が高濃度の放射能で汚染されているためで、近づく事すら困難であるためであることがわかりました。

だとすると、
汚染で修理が出来ず → 放射能が漏れ続け → ますます汚染 → でますます解決困難に
と、なりそうに思うのですが、間違いでしょうか?

また、このような放射能が漏れ続ける状況は、あとどのくらい続く可能性があるのでしょうか?
楽観論と悲観論の両方が知りたいです。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-03-28 23:36:06

QNo.6628103

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

放射性物質の拡散を完全に制御して環境(一般生活域)に影響がなくなるように出来る時点を収束とすれば。

もっとも事態がうまく行った場合。

冷却系が復旧し、原子炉内の燃料棒を安定させ、原子炉内の放射性物質の外部への漏洩をとめ、かつ各原始炉建屋の使用済み核燃料プールの外部との遮断もしくは使用済み核燃料を敷地内の使用済み核燃料貯蔵施設への移動が行われる。これには半年から1年でしょうか(その後、完全に原子炉4つを処理するには何年もかかりますが)。

もっとも事態が悪化した場合。

再臨界が起こり(可能性は相当低いようですが、ゼロではない)、放射能の漏洩が止められず、作業が著しく困難になった場合はチェルノブイリほどではなくとも、似たり寄ったりになるでしょう。解決には10年単位の期間が必要で、双葉町と大熊町そして浪江町、広野町もなくなるでしょう。


で、もっとも「うまく行く」可能性は、放射能管理区域外の縦坑で高濃度の放射線量を含む水がみつかり、なくなったものと認識されます。

私自身、福島県民であり、まったくあおるつもりはありません。事態の早期収束を毎日祈っています。しかし、敷地内からプルトニウムが検出されたとか、オーストリア気象当局が事故後3~4日間のセシウム137の放出量はチェルノブイリ事故後10日間の放出量の2割から5割などという記事(MSN国際ニュース、3/24)を見るにつけ政府と東電に対する憤りはピークです。

投稿日時 - 2011-03-29 09:57:32

お礼

お返事ありがとうございます。

うまくいって最短半年で、悪い場合は10年単位と予想されているとは驚きました。憤りは当然のことと思います。また、一刻も早く事態が収束することを祈っております。

投稿日時 - 2011-03-30 02:24:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

1.ディーゼルエンジンからは煤煙が出続けています。
2.ガソリンエンジンからは窒素酸化物が出続けています。
3.ゴミ焼却炉からはダイオキシンが出続けていますし。
4.家の内装の新建材からはVOCが出続けています。
今回、上記に加えて
5.原子力発電所から放射線が出続けています。
が加わった訳ですね。

これらと共存して生きてゆきながら、排出量を少しずつ減らす努力をするしかありません。

投稿日時 - 2011-03-29 08:38:42

お礼

お返事ありがとうございます。

確かに、1~4も馬鹿にならない問題かもしれません。
今後、5がこれ以上大きな問題にならないことを願います。。。

投稿日時 - 2011-03-30 02:26:42

ANo.2

 チェルノブイリとは状況が違うのですが、薄く放射能が出続けているのは確かです。

 石棺にする方法もあったのでしょうが、冷やさないと臨界状態(チェルノブイリ)になってしまうので、どうにか冷やして終息させる狙いがあるのだと思います。

 現在の問題は大量の汚染された水で、それをどうにかしないとコントルール系の復旧が難しいようです。

 とりあえず、近日中にポンプによる給水が行われる見込みで、そうなると消防車もいらなくなるので、水問題が終息していくかと。

 問題は3号炉に穴が開いてる可能性が高く、それをどう塞ぐかではないでしょうか。
 (危険なプルトニウムが入っているので)

 ---------------
 個人的には2週間くらいで上記の作業が終わり、その後はチビチビ修復させて休炉にするんだと思います。

 基本的に電力は足りないので、何年かして、ほとぼり覚めたら使うつもりでは…と思っています。
 5、6号機は無傷に近いですし、場合によっては1、2号機あたりも修理して…なんて思っています。

投稿日時 - 2011-03-29 07:02:07

お礼

ありがとうございます。
比較的楽観的に考えられている様ですね。修繕に関しては是非その様な推移を辿っていただければありがたい限りです。

原発の再開ですが、やはり人は不完全でミスを犯し、時に今回のような計り知れないほどの事故を起こすことを再認識させられた訳です。仮に一般企業であれば恐らく潰れても払いきれないほどの保証が必要になります。だとすると仮に費用対効果だけを考えたとしても本当に見合うのか、非常に疑問です。

何か安全な代替エネルギーが出来るといいのですが。

投稿日時 - 2011-03-30 02:41:35

ANo.1

本当に治まるのはチェリノブイリと同じ二〇年とか五〇年とかじゃないですか。
そのつもりで福島県浜通の開発を考えましょう

投稿日時 - 2011-03-28 23:48:43

お礼

マジですか。。。。
それでは関東にまで汚染が広がり、日本経済自体が大ピンチだと思うんですが。誰かどうにかしてください!!
あっ、お返事ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-03-29 00:14:20

あなたにオススメの質問