こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

共同担保について教えて下さい

実家の土地や建物とその他の土地が共同担保に設定されて根抵当権がついてました。

私の父親が以前事業をしていたのですが倒産してしまいました。
その時に会社の運転資金を捻出するために、担保として提供して借金をしたようです。

現在、当人の父親とその妻(私の母親)も生存していますが、詳細は父親のみが
把握しており、その内容を頑なに教えようとはしません。

そこで法務局に行き登記簿などを確認して色々と発覚しました。
そして、母親から通帳の履歴などを見せてもらいある程度情報を把握できました。

以下の3つの項目が共同担保(根抵当権)が設置されています。

1、実家の土地と建物 (父親名義)
2、実家の以外の父親名義の土地A (現在さら地で駐車場)
3、実家以外の母親名義の土地B(現在さら地で駐車場)

債務者 :父親
根抵当権者 :●●信用金庫
極度額 : 4000万円
およそ10年前にこれらを担保に4000万円を借り入れしたようです。
毎月の返済額は およそ19万円弱 で、合計240回払いで予定されており
今までに、およそ 120回の支払いして、金額的には 2200万円程度返済を
終えており、残回数も およそ 120回で 2200万円程度をのこり10年で完済
する計画になっているようです。
それに加えて連帯保証人として、母親と息子(自分の弟)がなっているようです。
現在、父親は79歳母親は74才で年金暮らしで、毎月の返済はその年金と
実家の一部のテナント貸ししている物件からの家賃収入で返済していますが
生活はぎりぎりという状態のようです。
父親も高齢で体調が悪いので、このまま亡くなればおよそ2200万円の借金を
残したまま根抵当権の担保を残したままになりそうです。
父親の2ヶ月単位の年金が42万円程度あるので何とか毎月の返済もできていますが
亡くなれば当然父親の年金もなくなり、毎月の返済ができなくなりそうです

そこでなんとか事態を打開出来ないかと素人ながらに考えています。
まず、もともとあった●●信用金庫からの借り入れの4000万円(金利込で4400万)
に対して、この10年で、およそ半分の2200万円程度返済が済んでいる状態なので
このタイミングで、●●信用金庫に担保の見直しをしてもらうという様な事は可能なの
でしょうか?
つまり現在の極度額を 4000万円から 2000万円に減額してもらうと同時に
共同担保のうちの、その他の土地A と その他の土地B を共同担保から
外してもらえないかという様なことです。
もし、それが可能であれば、共同担保から外れた土地を売却して、●●信用金庫に
借り入れの残金の 2200万円を 一括返済し、実家の土地と建物については
根抵当権もなく、借金も無い状態に出来ないだろうかと思っています。

また、●●信用金庫が、こういった、共同担保の見直し要請に対して
受け入れてくれないという場合もありえるのでしょうか?
10年前に当初4000万円借り入れした時に設定した240回(240ヶ月)の
規定の返済どおりに返済してくれという事なんてあるのでしょうか?

もしそうであるならば、別の銀行などに、借り替えして、●●信用金庫に一括
返済して、新しく借り替えする銀行に、現在の根抵当権を、共同担保の土地の
いくつの項目を外して借り換えをする事などは可能なのでしょうか?

母親は、母親名義の土地に関しては、借金の返済をするためになら
売却してもやむなしという考えを持っています。

父親もあまり寿命は長くなさそうですし、母親もこの先、あと10年も
毎月19万近い借金の返済をしていかなければならないのでは
あまりに精神的に楽にならずかわいそうで仕方ありません。

どなたかこういった問題に詳しい方がいらっしゃれば、良きアドバイスや
ご提言を賜りたく思います。

ちなみに、共同担保の土地の広さはそれぞれ以下の通りです

実家の土地   約 260m2
その他の土地A   約 119m2
その他の土地B   約 97m2

投稿日時 - 2011-04-04 16:01:35

QNo.6643932

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず、一般的に極度額は多めに設定されているものですが、本当に4000万借りているのでしょうか?

共同担保の見直し、という事はあまりしないと思いますが、共同担保になっている不動産の一部を売却するにあたり根抵当権の抹消が必要なので、売却金額からいくらかを返済する、というのは普通の話です。つまり、担保を外してから売るのではなく、売った金額で返済して担保を抹消するのです。
担保がついたままでは売れないのではないか?とお考えでしょうか?担保がついたままの不動産を売るのは普通の話です。売却金額で債務を返済して根抵当権を抹消し、同時に買主に所有権移転申請をします。これを業界用語で「同時抹消」と言います。
もちろん売った金額で全て返済できるなら、根抵当権を全て抹消できます。

土地の広さはお書きですが、いくらで売れるのでしょうか?
まずはそれぞれの土地を今売ればいくらになるのか?を近隣の不動産屋で相談してみてください。それから銀行と、売却して一部返済する、あるいは全部返済するという相談をされるべきだと思います。

投稿日時 - 2011-04-04 18:02:34

補足

ありがとうございます。
・●●信用金庫から借りたお金は4000万円で間違いありません。今までに約半分の返済が10年かけて終わった状態です。
・当初設定した共同担保の見直しはあまりしないのですね。今回は、10年かけて半分の2000万を返済したので、担保も 土地A と 土地B を外して貰えないかなと思っていました。(売却する為に)
・根抵当権がついている担保がついているままでも売却は出来るのですね。知りませんでした。
・今、これらの土地を売却した場合の市場価格については近隣の不動産に確認してみたいと思います。

投稿日時 - 2011-04-04 19:33:37

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

見直しは普通しません。

ABを売却して、全額返済すれば、売却の登記と同時に、抹消します。

投稿日時 - 2011-04-04 17:32:40

あなたにオススメの質問