こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

歯医者の処置について。

以前通っていた歯医者の治療で納得できないことがあります。

いきさつがあり長文ですが、宜しくお願いします。
同じような体験をされた方、歯医者事情に詳しい方にお答え頂けると本当に助かります!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

虫歯で被せ物が取れた為、近所のA歯科へ。
レントゲンで、ピンポン玉大の膿胞が左頬に映り込み、レントゲンでは歯からが原因か鼻からが原因で出来た膿胞かわからない為、歯科用CTを撮りましょうと言われる。
               ↓
しかし、A歯科でのCT撮影と画像診断の費用が私には高額(40000円)だったため、
他のCT専門の病院で撮影。
その結果、上顎洞粘液貯留膿疱ではないかと思うが、診断した人が専門医ではなかった為、念のため耳鼻科に行くことを勧められる。
※上顎洞粘液貯留膿疱の場合、特に治療の必要が無いため自然放置になる。
               ↓
総合病院の耳鼻咽喉科に行き、持参したCT画像を見せると「これは歯が原因の膿胞で、大きさも大きいため、急いで歯医者に行った方が良い」と言われる。
               ↓
焦ってしまい、その帰りに、症状を知っているA歯科へ。
耳鼻科の医師にも見せたCT画像をA歯科の院長に見せ、耳鼻科での診断結果を話した。

そして、膿胞の膿を出すための根管治療が必要と言われ、治療スタート。
膿胞の下に2本歯があるため、2本とも根管治療を行った。(左上、奥から2番目と3番目)
しかし結果的に、膿は出ず、クラウンを被せて、そこの治療は終了。
               
2本も治療して膿が出なかったのはどういうことか?と尋ねると、はっきりした原因がわからないようで、口腔外科に行くように言われる。
次は、他の虫歯に取り掛かることになったが、不信感が募り、インターネットで探した別の歯医者(T歯科)へ行くことにした。
               ↓
T歯科でも今までの先生に見せたCT画像を見せると、判断できないと言われ専門医に診てもらうべく、知り合いの口腔外科の紹介状を出してくれた。(T歯科には現在も虫歯治療の為、通院中)
               ↓
口腔外科の先生にも同じCTを見せたところ、突然、今までの治療のいきさつを聞かれた。
そして、「顎洞粘液貯留膿疱の為、根管治療の必要はなかった。CT画像は訓練ができていないと、きちんと画像診断できない歯医者もいる。初めから口腔外科に来れば良かったのに。」と言われ、20代半ばという年齢にも関わらず、思わず泣いてしまいました。。。

必要もない治療の為に、生きていた神経を抜髄し、出せもしない膿を出すために歯の根の治療をし、痛い思いをしてきたのかと思うと、腹が立ち、翌日、A歯科の担当医(診断を下したのは院長だが、治療をしたのは別人)に電話し、説明を求めた。

すると、「膿胞とは関係なかったとしても、虫歯がひどかったので、もともと2本とも根管治療の必要があった、過剰診断ではない。」と言われる。
しかも、右上にもひどい虫歯がある為、左と同じ治療をしなければならない歯があるとのこと。

その後、その歯の治療はT歯科で行い、根管治療などせず、虫歯を削って被せものをして終了し、問題は起きていない。

A歯科への通院をやめて4か月が経ちました。
第一希望として、治療した歯は元に戻らないので、せめて、クラウンを保険外治療で白い被せ物にする費用(1本につき10万円)を請求したいです。(笑った時に見えますし、一応嫁入り前なので、自意識過剰かもしれませんがそれなりに気にします。)

膿を出すために根管治療が必要と言われたから、A歯科で治療をしたのであって、もしも初めから、虫歯治療の為にその治療をすると言われたら、他の歯科を探したと思います。

実際私は虫歯の本数が多いため、削るのは最小限にとどめる内科的治療を望んでいますが、私の印象として、A歯科は外科的な治療です。(T歯科に行って、その違いに驚かされました。)
しかし、根管治療の場合は、腕の違いは別として、基本的なやり方は一緒で、歯のほとんどを削られるのは仕方ないと思い、A歯科で行いました。

区の管轄の保健所から私にきちんと説明するようにという文書をA歯科にだしてもらい、診断書を持って自分で出向いて説明を受けること(私が望めば、文書は出すそうです)を考えています。
しかし、T歯科の紹介でもあり、理由が理由なだけに口腔外科の先生に診断書を出してもらえるか…とても言いづらいです。

納得のいく説明を受けるためにも、どのようにアプローチをしていけばよいか、私の主張は間違っていないか、お答えをお願いします。

長文、失礼しました。。。

投稿日時 - 2011-04-15 23:42:12

QNo.6671084

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ちょっと過激な回答をしてしまい申し訳ありませんm(__)m
僕も以前、歯科医院に勤務していた頃、患者さんが泣き寝入りするケースがあまりに多かったものですから…裁判には全然ならないと確信があって言いましたが、なかなか難しいですよね。せめて治療費+αくらい(これでも十分とは思えませんが)、今度はちゃんとした歯医者さんで、きちんと治して頂けるだけの費用は返して頂けないかと思いましたので。穏便に済ませるなら歯科医会に相談でもよいかと思います。トラブルを揉み消すために、非は非として治療した歯科医に示談を勧めると思います。「馬鹿かお前、さっさと治療費返せ!」ってゆうセリフ、何度か聞いたことがあります。歯科業界全体のイメージダウンに繋がることは、同業にも不利益になるということです。真面目な先生が報われない、残念なことですが、日本の医療の現実かもしれません(>_<)

投稿日時 - 2011-04-19 16:42:46

お礼

遅くなりましたが、ご丁寧にありがとうございました。

kuya00さんは歯科医院に勤務されていたのですね。
おっしゃる通り、現実は厳しいようですね。

歯科医師会に属していないため、保健所に相談し、電話を一本入れてもらい(治療に納得できない患者がいるから、説明するように。とだけですが)、診断書を持って、直接話を聞きに行ってきました。

結果として、「この治療をして治るかもしれないが、治らない可能性もあると説明したうえで、この治療をした。
説明もしたし、間違った治療をした訳ではないので、治療費は払えない。」と言われました。

それでも納得できないと食い下がったら、院内で相談してから後日連絡すると言われました。

現実はこういうもんなんだなぁーと思いました。
お金は厳しいとは思いますが(期待すると、もらえない時に怒りが倍増しそうなので)、とりあえずは言いたいことを言っただけすっきりしました。
出来ることなら、私も、治療費返せ!バカヤロー!!と叫びたかったですが出来ませんでした。。。笑

裁判を起こしても、精神的に疲れ、裁判にかかる費用の方が大きくなると思うので、泣き寝入りは悔しいですが、やることはやったので仕方ないと思うことにして、前向きにいきたいと思います。

kuya00さんのように、ご親切にご回答下さる方がいて少し気持ちが軽くなりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-05-06 23:19:57

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

補足ですみませんm(__)m
A歯科は上顎洞炎を上顎の6.7あたりの膿胞と誤診した可能性もあります。弁護士に相談するなら、歯科医師会の弁護士はお抱え弁護士なので、避けるべきです。医療事故に強い弁護士に相談だけでもされるとよいかもしれません。頑張ってくださいm(__)m

投稿日時 - 2011-04-16 14:22:02

お礼

ご回答、本当にありがとうございました。

向こうの出かたにもよりますが、なるべく裁判沙汰は避けたいと思っています。
この歯とは一生付き合っていかなければいけないので、自分が納得できるまで動いてみます。

投稿日時 - 2011-04-19 15:42:00

ANo.2

待合室で他の患者さんの前で、成り行きを説明して裁判にしますからよろしく!示談でお金払う場合が多いです。
CTなど入れて荒稼ぎしてる歯医者は訴えられたら、噂になる前に税金だと思ってさっさと終わせろ、なんて方針のとこも沢山ありますよ。

投稿日時 - 2011-04-16 13:39:01

ANo.1

保健所のご相談されたようですし、そうされたらどうでしょう?
歯医者さんがいちばん嫌がるのは、保健所の技官です、保健所内の歯科医・執行官です。公務員の歯医者さんです、治療はしません。窓口じゃなくて、技官とお話しする、技官の名刺をもらうなどしたらどうでしょう。

投稿日時 - 2011-04-16 09:34:01

お礼

ご回答、本当にありがとうございました。

技官の存在をはじめて知り、勉強になりました。
保健所に電話して、技官の方と直接話したいと伝えてみます。

投稿日時 - 2011-04-19 15:38:31

あなたにオススメの質問