こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

皮膚感覚の異常

背中の皮膚に感覚の鈍いところがあります。

55才、女性です。

感覚の分かる首から指で辿っていくと、感覚が鈍くなるところがあります。

両肩甲骨の間の背骨の辺りと、もう少し下の背骨の辺りと、両肩の少し下辺り。

ハッキリしてるところから段々鈍くなっていくような感じです。

7ヶ月前に皮膚ではなく、肩の一部に押しても感覚のないところがあり

整形外科と神経内科で診察を受けましたが、何も異常はなく自律神経の乱れではないかと言われました。

今回の背中の皮膚感覚も自律神経が関係してるのでしょうか?

それとも何か他の病気が考えられるでしょうか?

その場合何科を受診すればいいでしょうか?

投稿日時 - 2011-04-28 22:17:52

QNo.6700675

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは、栄養士です。

病院では特に異常なしと言われたのですよね?

あのー、年齢的なものを含めて、更年期障害の一つの症状ではないでしょうか?

例えば血行不良、体温低下、ホルモンバランスの崩れ、などの、
いわゆる「未病」ではないでしようか?

試しに、長めの入浴(30分ほどの半身浴)後に、背中の皮膚感覚を試してください。
もし、入浴後に背中の皮膚感覚が戻っていれば、
おそらく血行不良が起こっていると判断できます。

また、最近、手足の冷えが有る場合は体温の低下を起こしていると言えます。
(のぼせ体質は低体温症とは違います。のぼせ症で低体温の人もいます。)

また、食事の偏食で栄養バランスが悪くなり、
ホルモンバランスの崩れがひどくなっている可能性もあります。

対策
お近くの漢方医に相談してください。
http://www.gokinjo.co.jp/kampo/

可能なら無理のない範囲で全身運動してください。
軽いジョギングや、やや大股の速足歩き、ダンスで、
額に汗をかく程度の運動を1日に1時間行ってください。
自律神経の狂いが改善されると思います。

早寝、早起きと7時間の睡眠、栄養バランスの良い食事をしてください。
特に赤身肉、青魚、貝、卵、牛乳・乳製品、大豆食品、ココア、ミロ、生野菜サラダ、ネギ類、
バナナ1本以上、リンゴ半分以上を(できれば毎日)食べるようにしてください。
また、大粒ニンニクを1個、アボガド1個、エゴマ油またはシソ油を大さじスプーン1杯も、
(できれば毎日)取れれば取ってください。
血行改善、体温上昇効果があります。
http://milo.jp/

緑茶、紅茶、コーヒー、お酒は飲みすぎないようにしてください。
成分が血管を細くし血行を悪くし、低体温の原因になります。
(少々ならかまいません。)

あと、黄な粉+粉末生姜の生姜湯もお勧めします。
蜂蜜や黒糖を足して飲んでください。
更年期症状を低減する効果が有ります。
生生姜は体温を下げるので、乾燥生姜、粉末生姜がよいです。

粉末生姜は家で自作できます。
生の生姜をスライサーで薄くスライスし、日陰で1週間程度乾燥させます。
パリパリに乾燥したらミキサーや、すり鉢で粉末にします。

黄な粉は乾燥大豆を粉末にして作ります。
乾燥大豆は手作り豆腐屋や、穀物問屋で安く分けてもらえます。

投稿日時 - 2011-04-29 00:11:47

お礼

詳しく丁寧な回答、有り難うございました。
やはり血行不良が原因なのですね。
チョッとした事が気になって不安になってしまいます。
これも更年期障害の症状かもしれませんね。
kentaulus様の回答で安心しました。
運動は犬の散歩で歩くようにしていましたが、食事は気にしていませんでしたし、黄な粉も生姜も三日坊主で長続きませんでした。
これから改善していこうと思います。
有り難うございました

投稿日時 - 2011-04-29 10:12:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問