こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

医学部学士編入を考えています

現在大学2年生です。

高校生のときに医学部に行くかどうかかなり迷いました。

しかし、結局決断できず、もし本気で医師になりたいのであれば違う学部に行ったとしても、学士編入や再受験で医学部に行こうとするはず。

そこまでの決意がなければ、人の命を預かることはできないと考え、結局医学部には進学しませんでした。

医学部でなくても農学部や理学部で医学系研究者を目指せる、という話を理研の研究員の方から伺い、農学部への進学を決めました。

研究者になる可能性を考え、研究に強い大学にしました。

大学に入り、ずっと医師になることについて考えていましたが、大学入学後の自らの闘病、素晴らしい医師との出会いを通し、研究だけではなく、臨床も行える医師になりたいと強く思うようになりました。

医学部学士編入試験を受験しようという決意が固まりました。

私の農学部の先輩、部活の先輩で国立大医学部に編入された方が何人かいます。

努力次第では可能ではないか、チャレンジする価値はあると思っています。

そこでお伺いしたいのですが、

今編入試験のためにできることはなんでしょう?

医療に関する本を読むこと、

朝日新聞の社説を書きうつし、文章力をあげること(小論対策)

大学でよい成績をとること

大学で、医療系の授業をとること

英語力をあげること

などを考えております。

英語力については、3年次9~4年時6月までカリフォルニア大ロサンゼルス校への留学を検討しております。
この留学が意味があるのか、また帰国後すぐに編入試験となり、間に合うのかと悩んでいます。

経験者の方、是非ご意見いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-04-29 03:32:27

QNo.6701218

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

英語力を上げる事は大切だと思います。
編入試験は大多数が英語と生命科学のみの試験科目なので。
志望している大学はすでにありますか?
無いならとりあえず自分の住んでいる近くの大学の過去問を手に入れてみてみてはどうでしょうか?

大学の成績は別に良くなくてもかまわないと思いますよ。
留年するほど悪いとまずいかもしれませんが。

投稿日時 - 2011-05-27 07:42:50

お礼

どうもありがとうございます。

英語は大切ですよね。しっかり勉強しようと思います。

志望大学は、東日本の大学です。

秋田、群馬大に入れれば御の字だと思っております。

千葉大、北大にも憧れますが、ちょっと現実的ではないように思っています。

過去問を大学に請求してみます。

参考になりました!

投稿日時 - 2011-06-02 23:45:14

ANo.5

No.3です。

単純な誤記だと思いますが、
mRNAではなくてmiRNA(マイクロRNAですね)

遺伝情報をコードしないわゆる機能性RNAで20塩基程度の短いRNAです。

遺伝子の多様性に関与していることが最近わかってきました。

機能性RNAに関してもRNAワールドがノーベル賞をとったようなテーマですので

ノンコーディングなRNAがあるという事は常識として聞かれると思いますよ。

投稿日時 - 2011-05-02 03:55:03

お礼

どうもありがとうございます!
勉強になります。
しっかり生命科学、勉強しようと思います。

とてもためになるご回答、ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-05-03 00:31:29

ANo.4

私は今LAに在住です。
英語の面で言わせていただきますと
LAは世界で最も日本人が多くまるで日本にいるような気分になるほど
日本人だらけです。
もちろん、自分は日本人とはつるまないで勉強しするという意志もおありかもしれませんが
私の知ってる中でLAで語学留学が成功し話せるようになってる人はあまりいません。
大体話せる人は他の国にも行っています。
私もそうでした。LAに来てさほどレベルはあがっていません。
1年という短い限られた時間でお考えなら
他の国をおすすめいたします。
医療の道に進むこと、心から応援しております。
頑張ってください!

投稿日時 - 2011-04-29 22:56:03

お礼

LAにご在住なのですね!
大変参考になります。どうもありがとうございます!!

LA校への留学を検討しておりましたのは、農学部の先輩がLA校に留学していたそうで、最先端の生命科学に触れることができ、農学や医学を志す者にはとてもよい、という話を聞いたためでした。
またLA校のキャンパスが魅力的だと伺っていました。

私は現在まで留学の経験は全くなく、海外の実情はほとんど存じませんでしたので、LAに日本人が沢山いるということは非常に驚きでした。

英語力向上には他の国のほうがいいのですね。
単位互換制度のある英語圏の大学を探してみたいと思います。

応援、本当に嬉しいです。どうもありがとうございました!!

投稿日時 - 2011-04-30 00:36:21

ANo.3

国立歯学部→国立医学部に編入しました。今はまだ在学中です。

周りに編入者が多数いるとの事ですので、実際かなり良い大学にいらっしゃる
のだと思います。
ただ、やはり
全般的に編入は狭き門です。
例えば、私立の話ですが、医学部人気が加熱して5年ぐらい立ちますが、それでも
今年受験者が昨年比で20%増加しています。
国立は偏差値上昇が一段落した感も出てきましたが、それでもかなりの高止まりです。
ですので2,3年前の情報がぜんぜん使い物にならない世界だという事は頭に入れておいた
方が良いと思います。
医学部は一般入試では、今は田舎の秋田なんかでも偏差値68で東大の理1と
同じぐらいだったりと難関ですが、一般で受かるか、受からないかという
レベルの人はまず受かりません。
一般でも余裕で受かる学力が現状であるか。
同じ学士の人と話していても、特別勉強を頑張って通ったというより
大学時代にすでに医学部には受かる程度の学力を維持していた、もともと落ちない
そんな人ばかりです。
これからかなりのレベルアップが必要という事であれば、編入を視野に置きながら
一般入試を再受験する選択肢も持つことが現実的です。
やはり一般は入りやすいですからね。

まずは圧倒的に英語力でしょうね。群馬など英語重視のところは英語の達人のような
人が来ます。そこで負けてしまうと合格は難しです。
一方で数学を課している大学は、だいぶ受験生が減りますので、結構楽ですよ。

大学で数学が得意であれば、お勧めです。医学部は一般もそうですが微積が主です。

あとどこでも生命科学がでますよね。DNAなどの転写などでtataboxがどうとか、
プロモーターがどうとか、医療ニュースのチラ見では解けない問題がでます。
今学会ではmiRNAがブームですが、それも出るかもという深さなのでちょっと
そこはきちんと勉強した方が良いですよ。
ですので河合塾のkalsなどを使ってちょっと対策を入れてもと思います。
普通にやっていると高校レベルのtRNA mRNA、rRNAだけで終わってしまいがちですしね。

kalsは河合塾の編入専門校で通信教育などもあります。
http://www.kals.jp/

投稿日時 - 2011-04-29 21:25:36

お礼

経験者の方からのご回答、大変参考になります。
どうもありがとうございます!!

医学部学士編入試験が狭き門だということは、耳にしておりました。
2、3年前の情報があてにならないというのは初めて知りました。どうもありがとうございます。

編入試験は情報戦だとも伺っております。
私も、河合塾kalsなど編入試験専門予備校にお世話になったほうがいいかなと思っていました。
説明会に参加したり、資料はいただきました。
新宿も横浜も大学からかようには遠すぎるので、通信教育がいいかなと思います。

私は非常に数学・物理がネックなのです。
一方生命科学や英語は得意なので、科目の面でも編入試験は魅力的でした。
ただ、確かに一般入試も検討しなければなと感じております。
どちらにしても、英語をとにかく磨いていかなければならないのですね。
群馬大、魅力を感じていましたので、達人の方々と戦えるよう、頑張りたいです。

mRNAがブームなんですね!
tataboxは一年のときに習い、記憶に新しいです笑
参考にさせていただきますね!

KALSはかなりお金がかかるので、受験の直前に申し込みをしたいと思います。

本当にありがとうございました!
回答者様、医師としての道を歩まれているとのこと、本当に素晴らしいと思います。
回答者様に続けるよう、私も努力いたします!
陰ながら応援させていただきます^^

投稿日時 - 2011-04-30 00:30:44

ANo.2

学士編入ですから、一度は大学を卒業する必要があります。
ということは、すくなくともあと2年は在学することになりますが、編入は試験がわかりにくくリスクは高いと思います。

また、昔であれば3年次編入でしたが、現在では低学年から専門科目が始まるため2年次編入が多いと思います。(全部調べたわけではありませんが)
とすると、正直あまり学士編入を目指すメリットは無く、むしろ一般入試を経た方がやりやすいのかなと思います。

ただ、まだまだお若いので、今の大学で出来る経験を大切にして欲しいと思います。
医学部では覚える量がかなり多く、勉強とは覚える事、という感じです。(それが過ぎれば楽しいですよ)
だから、今の大学に在籍し続けて留学するのもよし、本を読みまくるのも良いと思います。
人生経験豊かなのは、良い医師になる上でも良いと思います。

医師に定年は(事実上)ありませんので、数年遅くなっても大丈夫。
医学部にはそんな人わんさか居ますよ~

がんばってください!

投稿日時 - 2011-04-29 13:20:33

お礼

どうもありがとうございます。

医師になる上で人生経験の豊富さというのは、私も非常に大切だと考えております。

高校時代、回答者様と似たように「医師の世界しか知らず、医師になるのはどうなんだろう。さまざまな患者さんがいらっしゃるのだから、多少の回り道はむしろしたほうがよいのではないか」と思ったことが、医学部を選ばなかったひとつの要因です。

今の大学での生活は非常に充実しています。大学生だからこそ、できることを今後ももっともっとやっていきたいです。決して農学部での学生生活が、踏み台とならないよう、いまを精一杯頑張っていこうと思います。

再受験は、学士編入試験で合格のめどが立たなかった場合に検討いたします。
かなり、不器用なタイプなので、一般向けのセンター7科目・二次試験科目・大学での勉強をすべてこなしていくことは難しいのではないかなと思っています;

本当にありがとうございました!
人間性を豊かにするためにも、今の学生生活を大切にしていきたいと思います。

投稿日時 - 2011-04-30 00:16:57

留学は考えない方が親の為とおもいます。なんせ時間と金がかかりますし、先は長いですよ。医師はいいですね。安定してますし。リストラはないし。頑張ってください。親に相談をわすれずに。

投稿日時 - 2011-04-29 04:08:12

お礼

ありがとうございます。

確かに留学は何百万とかかるそうなんですよね…

医学部に進学できた場合は、学費はなんとか自分で奨学金等を駆使して親に負担にならないようにしたいと思っていますが…

自分のことだけ考えていてはいけませんね!

医師を目指して頑張ります。

投稿日時 - 2011-04-29 12:22:28

あなたにオススメの質問