こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

センター試験の目的と必要性

センター試験って不要では?こんな試験が無くとも、入学者選抜の方法は幾らでも有るのでは?

単純な話、センター試験を省き2次試験だけで国公立大学入学者を選抜すると、経済面からも時間面からも受験者の負担が軽減されます。推測ですが、まるで受験料から官僚が潤う仕組みを作る事を目的にしているようです。

多くの高校(特に公立校)では、センター試験で高得点を得る事を目的とした授業が無いです。高校教育の目的に、センター試験は登場しません。

保健体育の授業ではサッカーの試合が行われます。しかし、センター試験の科目に保健体育なんて無いし、サッカー実技も調理実習も油絵デッサンも無いです。

英語の授業では、英文の音読やビートルズ鑑賞があります。しかし、センター試験にスピーキングテストは無いしリスニングテストにメロディーは含まれません。英語の教科書にマーク式の演習問題は無いです。

国語の授業では、羅生門の朗読があります。しかし、センター試験に朗読は無いです。国語の教科書にマーク式の演習問題は無いです。

数学と理科と社会の授業はそれなりに対策になってそうですが、それでも定期試験は記述式です。教科書にある演習問題もマーク式は少ないですし、標準的回答時間が書かれてません。

要するに、高校教育とセンター試験設問がズレているのです。センター試験は高校教育で身に付けた学力を検査する試験ではありません。マーク式で設問数を多くして奇問を織り混ぜ、得点分布が散らばるように設計された試験です。こんな試験が公正な大学入試といえるでしょうか?公立校で塾に通わないとなると、カンニングでもしない限りセンター試験では負け組になります。センター試験が真の学力のモノサシといえるのなら、せめて検定済教科書にマーク式の演習問題を付け加えるべきでは?

センター試験は日本最大の試験です。大学進学を目指すとなると、この試験で高得点を取れば選択肢が大きく拡がりますし、センター試験のみで栄冠を掴む事も出来ます。勿論、世界は広く、センター試験が全てではないしょう。しかし、センター試験と向き合ってセンター試験と闘う事は1つの教育のあり方ですし、高校生の周りの大人は技術面からも精神面からも支援すべきです。今の高校教育は、センター試験から逃げていると思う。「センター試験は死んだ、生きている試験でも受験者は少数、受験者が多くても教科書に沿った記述式の試験だ」といったスタンスを感じる。特に校長先生は、センター試験から目をそらし、現実逃避しているようである。

投稿日時 - 2011-05-04 16:46:56

QNo.6713640

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

センター試験のどこが問題数が多いのかと問いつめておきたいところです。
センターでの奇問などきわめて少ないと言ってよいかと。
難易を混ぜ込むことで得点を分散させないとふるいの意味としても役に立たないし。
正規分布に近づくように、点差はつくように。

むしろ、センターを必要としない、看護学校の試験には目も当てられない珍問が……

で、公立高校がすべて進学対策しないなんていうことはありません。
私立高校に行ってしまうと大学進学の道は閉ざされる、という地域もあるんですよ。
むしろそれが当たり前だというところで暮らしていると、質問は前提から疑わしくなります。

そういったところはセンターで必要ほどではなくともある程度までの基礎学力と
就職できるような人間力の育成に力入れてますし。

ところで、質問者さんが勘違いしている最大のポイントは
センター試験はセンター試験、授業は授業と分けてしまってることですね。
ビートルズを使おうが、ニューヨークタイムズを使おうが、センター過去問を使おうが、
それが英語の学力向上につながればそれでよいと感じるのですが。

投稿日時 - 2011-05-05 08:57:42

ANo.5

効用もいくつかはあるんですよ。
浪人生が減ります。
受験生の負担が減ります。
受験機会が増えます。
たとえば、人気大は、いきなり個別試験を課すと、ものすごい倍率になるので、どのみち記述式試験の前にふるい落としの一次試験が課されます。そこで点数が悪いからといって、他の大学に出願し直しはできませんから、合格者の何倍もがそのまま浪人になります。誰もが私大でも良いってわけではないですからね。
一発勝負で勝ち負けが決まることになり、また、敗者復活もないわけです。今、受験生の半数くらいはセンター試験の結果で、第一志望大に出願していないわけですから、単純に、国立志望の半数は浪人することになるのかも。

過去に、共通試験のなかった時期がわずかにありますが、かなり殺伐とした状況だったようですよ。
ただ、今が最善でないことも確かで、一橋大は、来年からセンター試験を資格試験化します。一定得点以上取れば、得点を引き継がずに個別試験のみで合否を決するやり方ですね。

投稿日時 - 2011-05-04 23:05:35

お礼

さんきゅー

投稿日時 - 2011-05-09 19:46:04

ANo.4

>センター試験って不要では?こんな試験が無くとも、入学者選抜の方法は幾らでも
>有るのでは?
絶対必要とは言えませんし、選抜方法自体はほかにもあるでしょう。しかし、現状センター試験以上に効率的な方法はないかと思います。

>単純な話、センター試験を省き2次試験だけで国公立大学入学者を選抜すると、経
>済面からも時間面からも受験者の負担が軽減されます。推測ですが、まるで受験料
>から官僚が潤う仕組みを作る事を目的にしているようです。
どっこい必ずしも受験者の負担が軽減されるとは思いません。
入学試験ということを考えると、基礎学力と(大学に合うかどうかの)特性を調べる必要が出てきます(就活におけるSPIと面接の関係みたいな)。現状、その「基礎学力」を調べるのがセンター試験です。
仮にセンター試験を無くす(=統一試験を無くす)と、大学は今までの二次試験のほかに基礎学力を試験を追加するか、二次試験自体の拡張を行ってくる可能性があります。
非統一的に試験が増えるのは学生に負担となりますし、センター試験で志望校の取捨選択が難しくなるのはつらいところかと思います。

>多くの高校(特に公立校)では、センター試験で高得点を得る事を目的とした授業
>が無いです。高校教育の目的に、センター試験は登場しません。
他の方もおっしゃっていますが、高校はセンター試験を学ぶ場所ではありません。センター試験の目的が高校でちゃんと知識(基礎学力)を得ていたかを確かめているというだけです。
これを高校の先生方が教育から逃げていると取ることはできるかもしれませんが、その先生方にもいろいろな哲学があるかと思います。センター対策が全てと思う先生もいれば、実技を織り交ぜて基礎知識以上のものを伝えたいのかもしれません。もちろんガチ逃げの人もいるかもしれません。
ただ、自身のスタンスと合わない=逃げている、とはならないでいてほしいですね。

>保健体育の授業では~
知識(基礎学力)を見ているので、実技は関係ありません。基礎学力をセンター試験で確かめたうえで、それら実技等も確かめたいというために二次試験が存在します。当然大学によって変わります。
つまり、基礎学力さえありゃいーんじゃね?という大学はセンター試験だけで十分という事です。


>要するに、高校教育とセンター試験設問がズレているのです。センター試験は高校
>教育で身に付けた学力を検査する試験ではありません~
ずれてませんし、高校教育で身に付けた学力を検査する試験です。
センター試験は高校教育での学習要綱に合致する問題が出るので、ずれているということはありません。
上述した通り、実技を見るのは個々の大学です。全く関係ないのに統一試験でサッカーさせられても困りますからね。センター試験は高校教育で習う知識を吸収できているかを見ています。センター対策とは言っていますが、高校教育の総復習とあまり変わりません(確かに時間配分や傾向判断はあるかもしれませんが、ほとんどは総復習です)。
それと、得点分布に気を使うのも仕方ないです。順位を付けられなければいけないので。なにをもって奇問としているかは分かりませんが(私もセンターはいろいろ学びましたが、難しいのはあっても奇抜と感じたことはありません)、みんな分かるような問題ばかり出すのが公正というわけではないです。


まとめ
・というわけで基礎学力を調べるセンター試験は死んでません。
・実技等は大学によっては二次試験で見てくれます。
・高校教育はセンター試験対策本部ではないのでセンター対策が義務ではありません。

投稿日時 - 2011-05-04 20:40:59

お礼

さんきゅー

投稿日時 - 2011-05-09 19:47:26

ANo.3

まず、高校教育が大学入試のためにあるわけではありません。
ある意味では高校のサービスとして大学入試対策に取り組んでいたりするだけです。

センター試験は二次試験などよりもフェアです。
出題する範囲が明確だからです。

私学の入試問題などの場合、まったく予想もつかない内容のものがでることがあります。
(偏差値の低い滑り止めに落ちたのに、志望校に受かることがあったりします)


それは、大学側で集めたいと思っているタイプの学生を集めるためです。
大学は確かに入試の難度でランク付けされたりもしますが、
それぞれにそれぞれの方針があって、来てほしい学生の傾向も違います。
その個性を出すためにあるのが2次試験と言えるでしょう。

そうであれば、センター試験は『大学に行くならこれぐらいはできていてほしい』と言う、
国として、大学生に求める学力を測る物差しになります。

私学などでセンター試験を採用する理由としては、
偏り過ぎない人材を学生として迎え入れるためではないかと思います。



さて、高校教育がセンター試験から逃げていると言う点、学校によって異なりますし、
レベルの高い進学校であれば、

『センター試験ぐらい自力で高得点を得られないと難関大学の二次試験なんて勝負にならない』

ぐらいの考え方もあることでしょう。


そこそこのレベルの進学校や郡部の高校(生徒の学力がばらつく)では、
集中的にセンター試験対策をやっているところもあるようです。

就職高では、そんなこと基本的に考えないですね。



高校が学生に大学入試対策をするのは義務ではありません。
言うなればサービスです。

大学入試は競争です。
センター試験対策の教科書を出したりしたら、
平均点が上がってしまって、バラつきがなくなり、試験としての意味がなくなります。

一定得点を挙げた人全員が合格するとかではないわけですから。
誰かが合格すれば、その分落ちる人がいる、それが入試です。


みんな一緒にがんばりましょうではなく、
ライバルを出し抜いて一歩先に行く、それが必要になります。
塾や予備校に通えないなら、自力で勉強することです。

厳しいですが、それが大学受験です。

投稿日時 - 2011-05-04 17:40:08

補足

「先生を信じて国語の授業をしっかり受ければ、センター試験に必要な国語力が身に付くんだ!これが志望校合格最短の近道だ!家では授業の予習復習をしっかりしよう!羅生門の朗読も頑張るぞ!」ってタイプの高校生って多くないですか?真面目で素直で純粋な努力家なんでしょうね。こういった生徒は笑顔で高校を卒業して欲しいです。

このような生徒には「羅生門の朗読はセンター対策を目的としていない、別の国語教育だ」ってハッキリ言うべきじゃないですかね。「授業を真剣に受けてくれて嬉しいが、これだけではセンター試験に負ける。努力の目的と方向が違う。センターで勝つには、高校の授業と無関係の勉強が別途必要だ!」こんなセリフ、高校の先生が言うかな。。。

生徒の事を教師は騙してる訳じゃないんでしょうけど、学校と塾では教育方針や目的が違う。この事に生徒は気付いているだろうか。学校の先生を完全に信頼して先生の指導に従う事が志望校合格の努力だと、生徒は勘違いしていないだろうか。教師と生徒で、授業の目的を共有できているだろうか。。。

投稿日時 - 2011-05-04 19:19:45

ANo.2

保健体育の授業ではサッカーの試合が行われます。しかし、センター試験の科目に保健体育なんて無いし、サッカー実技も調理実習も油絵デッサンも無いです。

とありますが基礎学力にサッカーなどに身体能力は含まれますか?

英語の授業では、英文の音読やビートルズ鑑賞があります。しかし、センター試験にスピーキングテストは無いしリスニングテストにメロディーは含まれません。英語の教科書にマーク式の演習問題は無いです。

センター試験は公平を期す試験ですので音楽などを使用すれば受験生のうちに不公平が出ませんか?またスピーキング試験を実施する場合どのようにして採点しますか?公平にできますか?
記述試験も同じです。ず基礎学力の定着を目的とするので記述・マーク試験どちらでもいいと思います。ただ記述試験では数万人分の答案を処理するっことにも費用・時間がかかり、不正や採点者による点数の違いも出てきます。

国語の授業では、羅生門の朗読があります。しかし、センター試験に朗読は無いです。国語の教科書にマーク式の演習問題は無いです。

朗読を円滑にできなければ数千語の問題を読むこともできません。これも基礎をするという意味では理に適っていると思います。
高校によりますが私がいいっていた高校ではマーク式の演習問題などを実施してもらえてました。

数学と理科と社会の授業はそれなりに対策になってそうですが、それでも定期試験は記述式です。教科書にある演習問題もマーク式は少ないですし、標準的回答時間が書かれてません。

記述式が悪いわけでもありません。それは学力の定着が分かりやすいために記述式を用いられているだけです。定期試験をマーク試験で実施するかは担当教員が決めます。


要するに、高校教育とセンター試験設問がズレているのです。センター試験は高校教育で身に付けた学力を検査する試験ではありません。マーク式で設問数を多くして奇問を織り混ぜ、得点分布が散らばるように設計された試験です。こんな試験が公正な大学入試といえるでしょうか?公立校で塾に通わないとなると、カンニングでもしない限りセンター試験では負け組になります。センター試験が真の学力のモノサシといえるのなら、せめて検定済教科書にマーク式の演習問題を付け加えるべきでは?

センター試験は高校教育に与える影響はとても大きいです。しかしセンター試験は、国立大学の教授数十人と官僚の方が一教科のテストを2年かけて途中メンバーを半分交代などをし、大学教育に必要なものと高校で身に着けえほしい基礎内容を盛り込んで作られています。センター試験は奇問はほとんどありません(追試は除く)。奇問があるというならばそれはあなたの学習の仕方に問題があると思います。またマーク式の問題を加えるべきとありますが、教科書は授業をするうえでのたたき台であり、問題集ではありません。また高校は大学入試のための機関ではなく人格形成などを主に行う機関です。あなたは予備校と高校を勘違いしてませんか?別に塾に行かなくても勉強は自分でできますし、するのにお金がかかるということですが義務教育ではないので当たり前のことではないでしょうか?確かに生まれた場所により不公平が生じることは遺憾ですが。。。実際に貧しい中バイトをしながら国立大学に進学した友達もいますし別にできないことではないと思います。

センター試験は日本最大の試験です。大学進学を目指すとなると、この試験で高得点を取れば選択肢が大きく拡がりますし、センター試験のみで栄冠を掴む事も出来ます。勿論、世界は広く、センター試験が全てではないしょう。しかし、センター試験と向き合ってセンター試験と闘う事は1つの教育のあり方ですし、高校生の周りの大人は技術面からも精神面からも支援すべきです。今の高校教育は、センター試験から逃げていると思う。「センター試験は死んだ、生きている試験でも受験者は少数、受験者が多くても教科書に沿った記述式の試験だ」といったスタンスを感じる。特に校長先生は、センター試験から目をそらし、現実逃避しているようである。

後半半分意味わかりませんね。、高校生の周りの大人は技術面からも精神面からも支援すべきですとありますが、それを乗りえること自体が試験の意味の一つだと思います。この言い方自体甘えているとしか思えません。世界には何の支援もない中ハーバードやMITに入学する人は大勢います。これは逃げる口実を作っているだけの人の言葉です。日本はすべてが与えられる世の中になりつつありますが自分でつかもうとしない人には何もつかめないのが世界の常識であると思います

投稿日時 - 2011-05-04 17:30:24

あなたは高校生ではなく,高校の先生ですか? まあ,どっちにしろ,

・センター試験は,どの入試問題よりも人数と手間をかけて作問されており,基礎的な良問が多いでしょう。もともと難問奇問珍問を排除するために始められた制度です。これで点がとれなければ,高校の学習がザル状態で基礎学力に問題ありというのは,日本の常識じゃないかと思います。

・大学の入学定員よりも志願者数が多いかぎり,競争が生じます。このとき,どんな方法で選抜しようが,定員まで絞ることは可能です。国語の朗読でも,一芸の実演でも,逆立ちをして最後まで残った者でも。このような方法のうち,高校卒業水準の学力をできるだけ正確に計測でき,大学入学後の伸びが予測できそうだと考えられるのが,いまのところセンター試験(+個別試験の記述式試験)なのでしょう。

・センター試験と個別試験で絞った入学者のなかには,朗読がうまい人も,棒読みの人もいるでしょう。リーダーシップをとれる人も,付和雷同型の人も,唯我独尊の人もいるでしょう。こういうバラツキがあるということは,その集団が<正常>である根拠だとぼくは考えます。もっともバラツキが保証できるのが,センター試験のような学力試験でしょう。最初から朗読が上手い人をとるなら,アナウンサー採用試験になってしまいます。

投稿日時 - 2011-05-04 17:29:25

あなたにオススメの質問