こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ガングリオン手術希望なのですが

・手術をしてもらうためにはどう言えばいいのか教えて欲しいです
・手術をした結果、握力が落ちる事はありますか?
・都内もしくは神奈川県内で良い病院を教えて下さい

私は男26歳です約4年前から、左手首の甲に直径3cmくらいのガングリオンができていまして、運動する時に痛みがひどくなってきたので先月初めて抜いてもらい、ガングリオンと診断されました。
抜いてもらって、7日で元の大きさに戻りました。
それで痛みも伴っていたので、元の大きさに戻ってから、7日目に病院に行き、また抜いてもらいました。
先生は「抜いていると無くなる人もいるし、手術の方法もあるけど、100%再発しないとは言えないし、けっこう根が深いからね。君の場合は出来たら抜いていくという方法で良いと思います」と言われました。でもスポーツ(剣道)をしている関係上痛みが伴うと力が100%入らないような気がして嫌なので、手術を希望したのですが「抜いていきましょう」
って言われました。
2回抜かれたその後は大きくなるペースは遅いですが、袋があるのが分かりますし。その袋がコリコリしています。
また運動すると、その袋の所が違和感というか痛みます。
そこで、手術の選択をしたいのですが、この選択は間違っていますか?
手術はいきなり行って、すぐにしてもらう事は不可能な手術なのでしょうか?調べると、半日とか、外来ですぐにできるとか、いろいろ情報がありますが、経験者もしくは、医療関係の方、よろしくお願いします

投稿日時 - 2003-10-06 11:44:16

QNo.672610

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

自分は整形外科勤務の者です。(医師ではないですが)
ガングリオンの方がたまにいらっしゃいます。
みなさん、穿刺をして一時的にふくらみがなくなるので安心してかえられますが、ガングリオンをお持ちの方はいわゆる再発をして来院される方もままいらっしゃいます。
当院の院長はその度に痛みを伴う、または日常生活上支障がある場合は穿刺をしますが、痛みがない場合は放置(経過観察)を指示します。
そしてあまり手術を勧めません。
なぜかというと、手術をしても再発の可能性を否定できないからです。
再発が否定的であれば医師でも積極的な手術加療を勧めるところですがそうもいかないのがガングリオンです。
 手術をされる場合のリスク(入院日数やコストなど)と手術でのメリットをはかりにかけて、なおかつ主治医とよく相談し手術をすべきかどうか判断されてはいかがでしょうか?
 あくまでもこれは個人的意見ですので最終的に判断されるのはあなた自身ですが。
あまりやくにたたない解答で申し訳ありません。
 

投稿日時 - 2003-10-10 21:00:48

お礼

回答ありがとうございました。
うーん、やはり穿刺という方法がよさそうですね。
リスク考えないといけないのですね。
大変勉強になりました。
穿刺も自分でできればな^^できないのでしょうかね?

投稿日時 - 2003-10-11 00:20:15

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

50人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

右手首2回、左手首1回、ガングリオンの手術をしています。
右手首は手術後、同じ場所に再発をしました。
他の回答者さんは、局所麻酔、部分麻酔とおっしゃっていますが、私は3回とも全身麻酔です。
と言いますのは、手首の骨の上にポコンと乗っている状態であれば、局所麻酔でOKなのですが、私の場合、手首の骨と骨のあいだに、ガングリオンが入り込んで(隙間に垂れ込んだ)しまっていたために、簡単に除去できなかったのです。
骨と骨のあいだに入り込んだガングリオンを、手術器具で掻き出すことをしなければなりませんでした。
骨は麻酔が効かないから、ぶつかったときに痛みで動いたりする危険を考慮して全身麻酔になったわけです。
根が深い・・・と言われたのであれば、私と同じような状態ではないかと思います。
そうすると、全身麻酔が必要になり、3日間ですが入院も必要・・・ということで、抜いていくことを勧めているのではないでしょうか。
手術後は石膏で固め、1ヶ月近くそのままでした。
ガングリオンは、肉の部分と見分けが難しいそうで、再発防止のために、ガングリオンと思われる部分よりも少し大きめに切り取ります。
整形外科で手術しますが、傷口は形成外科の先生が縫ってくださるので、きれいな傷跡になります。
半日とか、外来ですぐにできるとか、そういった情報があるのは、ガングリオンは、どこにでもできるので、ふくらはぎとか、唇とか、そういったところにできた場合は、外来で可能だと思います。
ただ、関節部分に関しては、根が深いものもあるので、外来で・・・というわけにはいかない場合もあるわけです。
ちなみに私の場合、入院・手術含めて7万くらいの費用でした。

投稿日時 - 2003-10-06 23:39:35

お礼

うーん簡単に考えていたので、けっこう複雑なんですね
ちょっと恐くなってきました。。。
だけど、答えてくれてありがとうございました

投稿日時 - 2003-10-07 11:25:17

ANo.3

私も左手関節の甲にφ1cm位のガングリオンが有りました。毎日右手で揉んでいたら消えました。
勿論、袋が残って居るでしょうから、又出るかも知れませんが・・・・。手術の選択は間違いでは有りませんが、
手術を受けるのなら、整形外科でも「手の外科」の専門医にやって貰いましょう。
根が深く、下手すると重大な後遺症を残す事が有ります。
いきなり行って、直ぐやっくれは無理です。
診察を受けて、日時を決めて、やるものです。
局所麻酔で、外来手術で出来ますが。

投稿日時 - 2003-10-06 16:48:02

お礼

ほほう、やっぱり予約をしないといけにのですね。
ありがとうございました

投稿日時 - 2003-10-07 11:23:55

ANo.2

手術の経験者ですが、なにぶん医療に関する回答ですので、参考程度にご覧ください。

30代前半に手術をしました。右側手首今、傷跡はほとんど解りません。普段は痛くないのですが、手首を直角に曲げると痛かったもので、仕事上差しさわりとなり手術しました。以前にも何回かふくらだのですがその度、左親指で無理やり潰していました。しばらくすると又出てくるその繰り返しでした。

手術ですが、部分麻酔をかけられ30分ぐらいで終わったと思います。袋ごとの摘出をします。指の神経が切れていないか確認をさせられ(指を動かすだけ)すぐに帰宅出来ました。

形成外科 自宅近くの医院でしたが。病院名は控えさせていただきます。初診日に手術は出来ないと思います。その日に手術日を予約するかと思います。

手術後再発はありませんでした。お大事に!

投稿日時 - 2003-10-06 16:11:52

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-10-07 11:22:51

ANo.1

10年ぐらい前に,私の母も右手の甲にガングリオンがありました。手術は怖いというので,結局大きくなってきたら抜いてもらうのを繰り返していました。正確に覚えてないのですが,1年ほどでガングリオンはなくなりました。その後母の手には,何も後遺症などは残りませんでした。あまり参考にはならないことですいません。

投稿日時 - 2003-10-06 12:52:53

お礼

いえいえ
回答して頂いてどうもありがとうございました。
きえるのですね。。
参考になりましたよ。自分は手術を選択しようと思っています

投稿日時 - 2003-10-06 13:02:50

あなたにオススメの質問