こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

特許法 拒絶査定不服審判請求期間と審決確定について

拒絶査定謄本送達から30日が経過したら拒絶審決が確定しますが、送達から3月以内は拒絶査定不服審判を請求することができます。
これは、実質的には送達から3月経過後に審決が確定するということではないかと思うのですが、どのように考えればよいのでしょうか?

投稿日時 - 2011-05-11 12:08:30

QNo.6729615

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

弁理士です。

拒絶査定と拒絶審決がごっちゃになっていませんか?
流れは以下のとおりです。
審査→拒絶査定→拒絶査定不服審判請求(3ヶ月以内)→審判での審理→拒絶審決→裁判所へ訴え(30日以内)

拒絶査定→3ヶ月で確定
拒絶審決→30日で確定

投稿日時 - 2011-05-11 12:50:38

お礼

早速の返答ありがとうございます。
ご指摘の通り、拒絶査定と拒絶審決が曖昧な理解のまま今日に至っていたみたいです。単純な間違いですが、是正できて助かりました。

投稿日時 - 2011-05-11 20:57:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

平成20年特許法改正により、30日の期間が3ヶ月に延長されています。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/huhukushinpan_kakudai.htm

古い情報とごっちゃになっていませんか?

投稿日時 - 2011-05-11 13:06:41

お礼

早速の返答ありがとうございます。
平成20年改正は理解していたつもりでしたが、拒絶査定と拒絶審決をあまり意識せずに考えていたことが原因でした。

投稿日時 - 2011-05-11 20:52:57

あなたにオススメの質問