こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エレキギター、一生懸命練習したつもりですが

ハードロック、ヘビーメタルが好きで、自分でもギターが弾けたら楽しかろうと思い
高校生の頃、エレキギターを買いました。

独学で毎日2~3時間、一年以上練習しましたが、ほとんど上達しませんでした。
比較的簡単だと言われたディープパープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」も
全然弾けませんでした。

そういう人は結構いるものなのでしょうか?

「上手にとはいかなくても、どんな人でもある程度は弾く事が出来るようになる」
と書いてあるのをよく見かけますが、単純に私の練習時間と努力が
不足していたのでしょうか?

手先はかなり不器用です。マンガ絵を描く事や模型工作も苦手だったのですが
それらは練習したら、上記の言葉のように、「上手くは無いが、そこそこ出来る」
ようにはなりました。

どんな事でも良いので書いていただけると幸いです。

投稿日時 - 2011-05-11 14:11:46

QNo.6729845

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

  私も同類です!!私の場合、ギターソロが全く弾けませんでした。ただ、スモークオンザウォーターのソロですが、今でもそんなに簡単ではないと思いますが・・・・・・・・・
  
 私の経験ですが、参考程度で聞いてください!

・最初に買った質流れ中古のギターがダメダメで、それに気がつかず練習したため、バレー等の技術がう まくいかなかった。こういうのはうまい人に見せないとわからないですね!!結構、弦高が高い状態だ ったのを調整してもらって、弦を押さえるのが楽になりました。もしかしたら、使用されているギター を調整すると改善するかもしれません。

・タブ譜で音を追いかけましたが、結局、どのように弾いているか解らなかった。
 現在、フレーズトレーナーというのが売ってまして、キーを変えずに曲のテンポを半分まで落とせて
 わからない部分だけを録音して繰り返し再生できます。これで結構、改善されました。

・自分の弾いている音を録音してみる。
 CDとかに合わせて自分で弾いてる音を録音して聞いてみると、駄目な部分と上達が確認できると思います。

 こんな感じですが、私の場合、弾けない原因は独学の我流だったため、たまにうまいやつに教えてもらうまで間違いに気がつかない事が多かったですね。それと意外に多かったのバンドスコアの間違い?(上達しないのをスコアのせいにするのもどうかと思いますが・・・・)やたらと音数を多く記載しているスコア、物理的にここのポジションは指が届かないだろ?みたいな場合もあります。その記載が間違いかどうかはわかりませんが・・・

投稿日時 - 2011-05-14 05:33:49

お礼

回答ありがとうございます。

私も独学でやっていたのが良くなかったのかもしれません。
タブ譜で音を追いかけたけど、弾き方が分からないというのも
良くわかります。カッティングとかがどうやっているのか
全く分からない事もよくありました。

スコアの話に関しても、弾き語りの時に同じ曲なのに
本によってコードが全然違ったりするのを見て
なんだかな~と思った事は多いです。初心者には
辛いですよね。

ギターを触っていたのは今から20年ぐらい前の事なのですが
回答者さまからいただいたお話なども参考に
もう一度始めて見ようかな…とも思います。

投稿日時 - 2011-05-17 17:40:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

自分も高校のころ「スモーク・オン・ザ・ウォーター」をカセット聞きながら何回も練習しました。
でも結局一人で練習しているとお腹一杯でイントロとソロ適当に弾ければいいやって妥協しそこから進歩はありませんでした…
他の曲もイントロ弾いて自己満足、終いには楽譜買っただけで弾けた気分で楽譜だけ買ってそれで終わり。。

話は「スモーク・オン・ザ・ウォーター」に戻りますが、ライブインジャパンのソロがカッコよくそちらも練習していましたが最後のオルガンソロがギターよりもカッコイイことに気がつくもオルガンなんか恐れ多くも所持する事から絶対無理!とあきらめていました。

しかしそれから30年以上経ってから何思ったかクローンのオルガンを購入、カッコ良かったあのオルガンソロを音源聴きながら何回も練習してたら適当ですが弾くことが出来ました。
先日も次回ライブの練習曲でDPの「Burn」のソロをかなり適当ですがバンドで音出せてすごくうれしかったです^^

カッコいいって感じ、一人でやらずにバンド等で発表の場に参加しちゃえばおのずとやらざるをえないので自分を追いこんじゃうのもアリだと思いますよ、器用不器用関係ないと思いますよ。

投稿日時 - 2011-05-12 10:21:33

お礼

回答ありがとうございます。

私も20年以上前の話なのですが、
イントロぐらいしか弾く事が出来ませんでした。

上手くなる、ならない以前に、絵で言うならずっと幼稚園レベル
だったような感じです。がんばっていたつもりでも練習量が足りなかった
のかなあ…とも思います。

私は左利きで、当時はそういったモデルも少なく、あまり選択出来なかったのですが
今は選べる種類も多そうですし、今一度チャレンジしてみようかなあ…
などとも考えております。

投稿日時 - 2011-05-17 17:34:51

ANo.3

私は、同曲をレコードに合わせて弾くのに、1年くらいかかりました。

ただその後、先輩や友達に恵まれ、教わったり、負けたくないと思ったり、バンドに誘われてノルマ与えられたりして、最終的には、アルバイト出来るようになりました。
環境があるかも知れません。家でただ弾いていると、基準が解らないし、座って弾くことだけなので、ステージで演奏するより、テンションが上がらないのは確かです。

ただ、今私は、30年くらい弾いておりますが、まだまだ、未熟で、青くなることが多々あります。
しかし、ギターを弾く続けて良かったと思っております。

投稿日時 - 2011-05-11 19:45:00

お礼

回答ありがとうございます。

私は結局、イントロと、少しぐらいしか出来ませんでした。

今からもう20年以上前の話ですが
今思うと練習量がまだまだだったのかな~と思いますね…

投稿日時 - 2011-05-17 17:28:44

俺は今年で34年ギター弾いてるけど一度も自分で上達したなんて思ってない。何せ自己満足の世界だけですから。何を基準にして上手い下手を指しているのか不明ですが君は大変努力していると思います。自己満足でしたら何処かで妥協するしかないだろうと考えます。俺も30年以上弾いてますが日々勉強で常に新しい発見の毎日です。ギターが弾ける様になった事自体大変努力してマスター出来た事評価します。俺が見て来て
殆どギター弾きたいと言い乍挫折して行く人間の多い事は常に実感してます。それに比べれば君の努力に比例してギターが弾ける様になった事は凄く今の若者からすると立派だと思います。しかもこの時代ギター教室
なんか街中に有るのでそういう所に通える若者が羨ましいです。俺の今から34年前はそんなものはなかったしギター弾く人も稀有でした。君はこれからも努力を惜しまず頑張って下さい。そうそうギター弾いていて
何か調子が出ないとか上手く出来ないとかはスランプ(壁にブチ当たっている)なのでそれを乗越える時の快感
は凄く自分の肥やしになるし絶対に忘れないし自分の物となる。ですので挫けず挫折せず日々頑張って
見て下さい。それからギター弾く事挫折して諦めたら金輪際ギターは弾けないと思ってもいい。かなりしょっぱいアドバイスになり諄くなりましたが頑張って下さい。

投稿日時 - 2011-05-11 18:09:52

お礼

回答ありがとうございます。

もう、ギターを触っていたのは20年以上前の事なのですが、
どのぐらい弾けたか…というと何一つ曲が弾けなかったのです。

もう一度始める機会がありましたら、頂いたお言葉を思い出して
がんばろうと思います。

投稿日時 - 2011-05-17 17:25:54

ANo.1

こんにちは。
高校時代に「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を弾いたというのなら、ほぼ同世代といえるかもしれませんね^^

何を思ったか、私もまたギターを弾きたいと思いまして、数十年ぶりにエレキ・ギター(YAMAHA SA-2200)を購入し、練習を再開し始めたところです。

私も決して器用な方ではありませんが、そこはそれなりに練習時間をかける必要があると思い、しかしながら毎日の雑多な生活に追われていると中々ギターに集中することが出来ません。

上手にこしたことはありませんが、「弾きたい」という気持ちがあれば、程度は人それぞれで構わないのではないでしょうか?
この歳になって良かったなァと思えることの一つに、ギターを単に弾くだけの楽器から、ギターそのものの姿を眺めて鑑賞する楽しみがあることに気づきました。

回答にも何にもなってないので、アーチトップ・ギターの名器を生み出しているD'Angelicoのちょっと素敵なコピーをご紹介して終えたいと思います;;

「この歳になって、ギターを始めようと想う。」

投稿日時 - 2011-05-11 16:16:07

お礼

回答ありがとうございます。

リアルタイムでディープパープルを経験したわけでは
ないんですよね~、「スモークオンザウオーター」が出来た頃に
生まれました。

お恥ずかしい話ですが、びっくりするほど弾けなかったので
今はギターも手放してしまいました、ピアノでいうなら
「猫ふんじゃた」が弾けないレベルだったと思います。

SA-2200、どのようなモデルか知らなかったので見てみました。
大人っぽくて素敵なモデルですね。
作りの良いギターのシェイプやディティールを眺める…
よく出来た美しいカタチを愛でるのは心が豊かになりますよね…

私も機会があればもう一度チャレンジしてみようかと思います。
SA-2200、末永く大事にしてくださいね。

投稿日時 - 2011-05-17 17:21:34

あなたにオススメの質問