こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

下記英文の構造と解釈について質問があります。

質問があります。

The sample materials that were yielded from the audiocassettes seemed to open the door to both: we found lots and lots of self-help and self-hypnosis, meditation and yoga recordings that we could bend and edit into the extended narratives we were looking for and we ended up with quite a collection of 1970's fast musical riffs and synth-samples that we otherwise would have been reluctant to use were it not for their large number and the vast choices they presented.

この場合、Sは
The Sample materialsでthatは関係代名詞。で、seemed を助動詞的というか副詞的にseeminglyとして捉え、

The sample materials seemingly opened the door to both.
これが基本的な構造ですよね。

サンプル素材が両方のドアを開いたように思えたんだ。

両方のドアとはコロン以下で補足説明されていますね。相当長いですが。

we found lots and lots of self-help and self-hypnosis, meditation and yoga recordings
that以下は関係代名詞で、先行詞はたくさんみつけたサンプル素材を指している。

we were looking forも関係代名詞で先行詞はnarrativesですね。


we ended up with quite a collection of 1970's fast musical riffs
私たちは結局1970年のアップテンポなミュージカルのリフのコレクションもかなりある状態だった。

synth-samples that we otherwise would have been reluctant to use were it not for their large number and the vast choices they presented.

that以降が関係代名詞でto useまでですね。つまりSVOで考えると
synth-samples were it not for their large number and the vast choices they pesented.

構造的にはこう解釈しているのですが、どうも訳がうまくはまらないです……。

The sample materials that were yielded from the audiocassettes seemed to open the door to both: we found lots and lots of self-help and self-hypnosis, meditation and yoga recordings that we could bend and edit into the extended narratives we were looking for and we ended up with quite a collection of 1970's fast musical riffs and synth-samples that we otherwise would have been reluctant to use were it not for their large number and the vast choices they presented.

無理矢理日本語にしてみると、
そのカセットテープにあった叫び声のサンプル素材が両方の扉を開いた。そう思えたんだよね。自己啓発、自己催眠、瞑想、そしてヨガ、そういった録音されたサウンドをたくさん見つけたんだ。
私たちが探していた長い物語にbendしたり編集したりして入れるためのサウンドをね。

ここまででも若干あやふやですが、ここから先は正直お手上げです。訳を教えて下さい。

----------------------------------------------------------------------------------

「The Way Out」の為に、私はサンプルライブラリーをさらに増やしてね。最終的には約35000種類のサンプルが出来上がった。another activity that took up a lot of the 'interbellum' between 'Lost and Safe' and 'The Way Out'.
サンプルライブラリーを構築し始めた初期の頃って、主にLPから選んでたんだけど、最近はカセットテープにかなり入れ込んでる。which give an interesting reflection of the history of fringe recording over roughly the period of 1970-1995,その後はCDやデジタル音源に完全に追いやられてしまったけど。
今回のアルバムを作り始めたとき、今までよりも長い物語風の語りを入れたり、俗に言う“アップテンポ”な曲を作ったりしたいって思ったよ。カセットテープに収録されていた叫んでいるサンプルが扉を開けたって感じに思えた。

英文の部分がどうも訳がわからない部分です。教えて下さい。 took up a lot of the "interbellum"がわからないです。ちなみにinterbellumをWikipediaで調べると、第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の状態と出ます……。

次の英文もどうもfringe recording over roughlyがピンときません・・・。

以上になります。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-05-21 14:50:42

QNo.6752943

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> The sample materials that were yielded from the audiocassettes seemed to open the door to both: we found lots and lots of self-help and self-hypnosis, meditation and yoga recordings that we could bend and edit into the extended narratives we were looking for and we ended up with quite a collection of 1970's fast musical riffs and synth-samples that we otherwise would have been reluctant to use were it not for their large number and the vast choices they presented.

私流に訳すと、たとえば

 「そのオーディオ・カセットに入ってた音源に影響されて、2つのドアを開けたような気がする。そのテープには自己啓発やら自己催眠やらのための夥しい音源が入ってた。瞑想とかヨガのための音楽だな。そいつに手を加えたり編集したりして、それまでのものでは物足りなかった表現の幅を広げた結果は、70年代風の、コードをすばやく転換しては繰り返すといった一連の曲や、あれほど大量に幅広い趣味の音源がなかったとしたら採用するのを躊躇したかもしれないが、シンセサイザーを使った曲になった」

> another activity that took up a lot of the 'interbellum' between 'Lost and Safe' and 'The Way Out'.

interbellum は2つの大戦の間の期間。アメリカでは Lost generation の世代が出現。新しいアメリカの文化を生んだ。Lost and Safe' というタイトルが Lost generation という言葉と響きあっていることからそう言ってるのかもしれない。その2つの作品が彼らにとってはエポック・メーキングだったという意識があるのかも。あるいはまた、Lost という語は楽園からの追放を暗示するものだし、The Way Out というアルバムのカバーには、イラスト版の聖書の表紙の模様が組み込まれていて、それを知ってる人には分るようになっているようだ。

 「Lost and Safe と The Way Out という2つのアルバムの間の時期は、多くの時間をそういった活動に費やした」

> which give an interesting reflection of the history of fringe recording over roughly the period of 1970-1995,

fringe recording は、音楽として聞くことを目的とする演奏を録音したものが正統派で主流だとすれば、それとは目的がずれるが一応音楽には違いない、本来的なものでない録音。

 「大雑把に言って1970年から1995年にかけての、その頃の周辺音楽のことをいろいろと考えさせてくれた」

ベトナム戦争は1970年まで続いたし、その後は新しい価値観を求めるアメリカ人の、迷える時代だったのかもしれません。

投稿日時 - 2011-05-21 19:17:04

お礼

アドバイスありがとうございます。非常に深い洞察で為になりました。
ここまで背景を考えないと本人の主張というのは見えてこないですね・・・。
さらに自分なりに考えてみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-05-22 18:13:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)