こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

SONYで揃えたい!でもスピーカーを変えたい;

今、sonyのNAS-700HDの購入を考えているんですが、スピーカーを変えたいです。
サイズは小さくない方がいいです。
私はよくHIPHOPを聞くので低音も高音もキレイにだせるスピーカーを探しています。
ウォークマンもsonyのNW-A850シリーズを購入予定なので、スピーカーもsonyで揃えたいです。
詳しく教えてくださると嬉しいです。
おすすめを教えてください。

投稿日時 - 2011-05-23 17:50:37

QNo.6758282

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

はじめまして♪

スピーカーの接続に専用端子を採用していますから、スピーカー込みでアンプも音造りしている可能性が高いと思われます。

このため他のスピーカーとの組み合わせは、積極的にオススメは出来かねます。

でも。基本的に、倍以上の大きさで効率が良いスピーカーでしたら、良さそうに思います。

昔はSONYブラドで大型スピーカーが存在し、かなり評判は良かったのですが、βマックス敗退でスピーカー工場を手放しちゃってます。

今では超小型の物に評判が良い製品が有りますが、フラッグシップの超高級機以外は外注のOEM製品でしょうから、SONYにコダワルのは、あまりメリットを感じませんが、いかがでしょう??

一応、スピーカーを換えると言う前提で、選択の目安(あくまで、私個人の意見です)

1)ワット数は気にしません。5Wでも500Wでも無視してください。
2)公称インピーダンスは出来たら8Ω、6Ωでも大きな問題は無いでしょう、出来るだけ4Ω仕様の製品は避けてください。
3)スピーカーが電力から音に換える効率、音圧レベルは出来るだけ高い数値の物がオススメです。 dB表示ですが、3dBの差が音量で2倍、同じ音量ならアンプのボリューム半分、10dB違えば、10倍の差です(5Wのアンプとスピーカーで100dBなら、500W
のアンプと80dBのスピーカーで、最大音量は同じと言う計算です。)
4)昔からスピーカーは大きくて重い物が良いと言われます。まぁ、個別の問題では有りませんが、おおむねそのような傾向は有ります(特に低音のゆとり感など、、)

一つだけ注意戴きたいのですが、スピーカーの効率、能率、音圧レベルなど各社様々な表現が有ります。 そして測定条件も違ったりしますので、単位や注釈に注目して比較してください。
JIS規格では1Wで1mの距離で測定します。 最近は1Wの代わりに電圧表示の製品も有り、スピーカーのインピーダンスが半分なら実質2倍のワット数で測定しています。
また、1mで測定せず、50cmと言う場合も有り、距離差から音量数値が+3dB(つまり2倍の音量)数値を表示してる場合もあります。
(両方組み合わせたら、本来より4倍の音量が出ているような数値、例えば89dBなら、本来のJIS測定法なら、83dB相当と読み替えましょう。 1mの場所で89dBの音量を得るには1W×4倍で4Wが必要です。)

なお、スピーカーはオーディオ機器の中でも特に音の違いが大きい部分です。

周波数特性やインピーダンス、音圧レベルや耐入力では どんな音色か判断出来ません。

有る意味、楽器みたいなものです。

同じバイオリンでも、練習用の安い物から、歴史的価値が高い名器まであります。しかし、どちらも出せる音域とか、音量、重さや大きさ、基本的構造も基本的材料もさほど違わない物です。

スピーカーの場合は箱の大きさや構造はかなりバリエーションが有りますので、本来は聴いてみて気に入ったものが利用可能ならベターと考える程度で良いでしょう。

いろいろ製品購入で悩む事もオーディオでは楽しい時間でもあります。
そして、入手してから、スピーカーの置き方等でも聞こえ方が変わってきますので、そこから使いこなしを経験してください。

がんばれ~~♪

投稿日時 - 2011-05-23 20:30:25

ANo.2

SONY製のスピーカですと下のURLをクリックして参考にして下さい。
費用を検討する必要がありますが、これらのスピーカが接続可能です。
なお、いずれはアンプも追加購入したくなるでしょう?

[NAS-M700HD]ですと接続しているスピーカのインピーダンスが8Ω
です。
他のスピーカでもスピーカのインピーダンスが8Ωであれば接続可能
で使用できます。

より良いスピーカを購入した場合は太いケーブルを使用したいところ
ですが、[NAS-M700HD]の接続部が特殊のコネクターになっています
ので[NAS-M700HD]の附属しているケーブルを利用することになります。

[SS-B1000]
http://www.sony.jp/audio/products/SS-B1000/index.html
http://www.sony.jp/audio/products/SS-B1000/spec.html

[SS-F6000]
http://www.sony.jp/audio/products/SS-F6000/index.html
http://www.sony.jp/audio/products/SS-F6000/spec.html

[SS-K10ED]
http://www.sony.jp/audio/products/SS-K10ED/index.html
http://www.sony.jp/audio/products/SS-K10ED/spec.html

[SS-K30ED]
http://www.sony.jp/audio/products/SS-K30ED/index.html
http://www.sony.jp/audio/products/SS-K30ED/spec.html

投稿日時 - 2011-05-23 19:12:49

ANo.1

下記のページから探して下さい。

参考URL:http://www1.jp.sonystyle.com/Qnavi/Main/h_audio_001009/

投稿日時 - 2011-05-23 18:19:44

あなたにオススメの質問