こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

就職氷河期の意味が分かりません

就職氷河期とか言ってなかなか就職できない人が増えてると言ってますが、みんないい会社選びすぎなだけじゃないですか?
都会のオフィスの仕事ばっか狙いやがって男なら汗水垂らして工場で働けよと思います。
地方の工場なんか誰でも入れますよ、何が氷河期なんですか?
「就職氷河期」という言葉は工場・倉庫作業員を見下した言葉じゃないですか?
やっぱり大卒の奴が工場の現場仕事ではプライドが許さないのですか?
いまいち氷河期の理由が分かりません。
地方行けば3K職場で働くとこなんか腐るほどあるのに何故氷河期と言われてるのか教えてください。
どう考えても3Kで働いてる方達を見下してますよね。
氷河期の意味を教えて下さい


今は震災の影響が出てますが震災前からずっと氷河期って言われてますよね。

投稿日時 - 2011-05-24 11:23:51

QNo.6759939

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

都会のオフィスでも、入れる会社ありますよ。
無名の企業なら、入れると思います。
日本は、大半が中小企業なのですから、みんなが大企業なんか入れません。

学生の希望が高すぎると思います。
もっとも、企業も、学生に高いレベルを要求してるところもあります。

わたしがちょっと気になったのは、
もし就職が決まらなかった場合、アルバイトでも派遣でも何でもいいから仕事はして欲しいです。
無職期間は確実にマイナスです。
無職の国民がいて、外国人が働いてるのは、日本経済にも良くありません。
円が外国に流れ出るだけです。

(あくまで、わたしが感じたことです。正確な情報ではありません)

投稿日時 - 2011-05-26 01:23:35

ANo.7

ここ20年ほど、大卒の人数はそれほど大きく変化していません。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3165.html

面白いのは大卒の人数と求人倍率がなぜか連動していることですね。求人数が一定なら人数が減れば増加しそうなものですが、現実は逆です。

いわゆる3K職場なら求人はあるように見えるでしょう。介護関係などは人手不足なんだという声もありますが、問題はそれらの大半は非正規雇用・・つまり扱いとしては学生アルバイトと大差ないということですね。非正規雇用者がどういう扱いを受けているかはニュース報道を見るまでもないでしょう。それは「日銭稼ぎ」にはなっても、いわゆる「就職」というものからは程遠いでしょうね。

また、問題なのは大学を卒業していきなり非正規雇用ということになると、将来職歴として書けるようなスキルを身に付ける機会を逸してしまうということでしょう。非正規雇用の場合、だいたいは代替の利く仕事しか与えません。
時給仕事では身分保障も何もありません。仕事が減ってきたらすぐ解雇や時間短縮で収入激減です。しかも忙しくても時給が画期的に上がるわけでもありませんね。これでは将来の人生設計すらできないでしょう。「あいた時間を有効に使って」という、主婦パートのような立場なら良いでしょうけど「一生の仕事」としていくのはまず無理でしょうね。実際、男性の非正規は結婚も難しいと思いますから、少子化の面から見ても問題でしょうね。

一方、こうした人の使い方が日本の弱体化にもつながるように思えます。日本は現場は驚異的によくやっているけど、上がダメダメというのを今回の震災のゴタゴタで海外メディアも報じていますが、いろいろな産業においてもやはり、日本の強みは現場の強みなんですよね。
そうした日本の強い現場というのは終身雇用制度に代表されるような人材育成システムにあったということは言うまでもないでしょう。

非正規雇用だらけにして目先の利益を確保するというのでは、株主対策のための数字作りには良いでしょうけど、10年先、20年先を考えれば売国行為にしか思えません。
就職氷河期の大きな問題は、新卒者側の視点での職がないということではなく、こうした人材育成を放棄して目先の利益確保しか考えない企業の側が増えているということでしょう。

そうした目で見ていけば「3K職場でも、非正規でも日銭が稼げる仕事ならあるんだから良いだろう」とはならないと思いますよ。

投稿日時 - 2011-05-25 17:23:00

誰からも採用されない学生が、”教師でも”とか”教師しか”と言って、いやいや教師になったのが間氷期。

その教師達に教育されてきた子供たちが、教師にさえ成れなくなったので、就職氷河期。

投稿日時 - 2011-05-25 14:23:50

ANo.5

3Kが今まで改善しなければならなかったことをおろそかにし過ぎ
たことも原因にはあるかと思います。貨幣価値が、まったく異な
る海外留学生を安価な労働力として輸入する安易な発想は、効率
の為の革新の意欲を低下させてしまい、そこだけタイムスリップ
してみえる変な根性論的情緒的欺瞞を捻じ曲げてふりかざす
価値観からはなれられなくなってしまったのです。

そこを克服すれば、3Kなんて言葉も死語になって、背広=文系、
作業服=理系といういい意味での古き良き価値観を取り戻せると
思うのですが。

投稿日時 - 2011-05-24 13:02:49

ANo.4

体力仕事はせいぜい30代まで、未経験の転職は30歳まで。
しかし飯は一生食っていかなきゃなりません。
それを考えたら選ぶのは当然です。

3Kの仕事をされる方には頭が下がります。見下したりはしていません。

ちなみに自分自身の職はこれらの話に入りませんので、一般論としての回答になります。

投稿日時 - 2011-05-24 12:47:13

選んでいるというのもあるんですけど、どうやら大卒者の数が10年20年前に比べて3倍以上になってるらしいんですよ。
実は氷河期とはいえ採用人数はそれほど変わっていないらしく、減るどころかむしろ若干増えているようです。
ただ、それに対して大卒者は3倍以上ですから倍率も高くなって就職しにくいという状況らしいです。
どうしても就職したくて、学歴を偽って高卒採用で申し込んだというニュースもありましたよね。

これに加えて、就職難の状況を悪用してフリーターより安い待遇で募集をかけたりする会社も増え、それも拍車をかけているようですね。
正社員なのにボーナスなしで手取りが10万円切るとか。

地方の高卒採用なんて皆無なんだとか。
まあ冒頭に書いたように大卒が「腐るほど」いるんだから、高卒なんてわざわざ雇う必要はないということなんでしょうね(^_^;

投稿日時 - 2011-05-24 11:58:17

ANo.2

たとえ短期のアルバイトだとしても、1ページめの求人広告に必ず応募してます、なんてひとは滅多にいないと思うんですよねえ。
誰しも業種・職種・賃金・勤務地・時間帯・社会保障なんかにそれなりの希望は持つわけで。

人手が足りないところがあるんだからおまえら文句言わずそこで働け、みたいなのは感情論ですよ。

>どう考えても3Kで働いてる方達を見下してますよね
それ、「どう考えても」いませんよ。
いわゆる3k仕事を望んでいても何故か雇ってくれない、なんて人間だっているんですよ。

投稿日時 - 2011-05-24 11:47:38

ANo.1

>就職氷河期の意味が分かりません


就職評ガキ のこと

 
 意味:就職先をあーでもないこーでもないと評論ばかりして、就職できない子供

投稿日時 - 2011-05-24 11:38:21

補足

やっぱそうですよね。
あれこれ選びすぎですね

投稿日時 - 2011-05-24 12:15:12

あなたにオススメの質問