こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

薬物と法律

毎年たくさんの方が、
「覚醒剤」
や、
「大麻」
をはじめとする薬物使用や所持によって逮捕されたり、起訴されて刑務所にぶち込まれたりしています。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、
「覚醒剤」
や、
「大麻」
は、
何故所持や使用が禁止なんですか。
「法律で決まってるから」
ではなく、何故禁止されているのかというのが質問です。
たばこや酒だって体に悪い影響があることはすでに研究の結果で明らかにされています。
でも、禁止されていません。
同じ薬物なのに禁止されてるものと禁止されていないものがあり、
禁止されてるものを使った人は犯罪者として世間のつまはじきになり、
禁止されていないものだと、平然と人前でも使用する。
なぜこのように、体に害のある薬物が二通りの扱いを受けているのか不思議でなりません。
なぜ禁止されてるものと禁止されていないものが法律上存在するのですか。
その区分けとなる根拠は何ですか。

投稿日時 - 2011-05-25 10:42:10

QNo.6762145

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

覚せい剤はNO1さんが言っているように他人にまで危害がいく可能性がある危険な薬です。
酔っ払って迷惑をかけるというのではなく、依存があまりにも強すぎるので犯罪を犯してまでも手に入れようとさせる薬は規制すべきです。

大麻はこれは法律が間違っているとしかいい様がありません。大麻を禁止する理由は何もないでしょう。
大麻について詳しくはこのサイトを見てください。
http://asayake.jp/modules/report/index.php?page=article&storyid=977

投稿日時 - 2011-05-26 09:04:52

覚せい剤。麻薬いつて少し調べれば分かりそうなものですが・・・

覚せい剤。麻薬の危険性・中毒の危険性は
酒・煙草の毒性・危険性とは違い、他人へ害が及ぶ事が多いからです。
幻覚妄想で暴れて殺人事件も起こっています。
放置すれば中毒者が増え、犯罪組織が利益を集め社会が混乱します。

投稿日時 - 2011-05-25 20:09:31

あなたにオススメの質問