こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

お医者さん不足なのでしょうか?

かかりつけのお医者さんなどは、滅多に必要ない健康体だったので、都内に居住していた時期も長く、突発的な事故の時や、ごくたまの体調不良の通院等、近所のお医者さんではなく、大きな大学病院など総合病院で受診することが殆どでした。

最近、地元に戻って、無理がたたり、足腰を痛め、近所に整形外科の病院を探した所、いくつか小さな病院は見つかりましたが、近所には、レントゲン撮影等必要な場合、設備の整った大きな総合病院に紹介状を出しますので行って頂くことがあります、、、という注意書きがあったり、専門科以外で整形外科もやっている、という、必要があれば専門医を呼ぶようになっているらしく、定期的に何曜日何時に受診可能か? 等、わからない病院が多かったので、どちらにしろ不自由なら、最初から設備の整った総合病院に行こうと思いました。

しかし、地元の総合病院はどこも、初診料の他に特定療養費(入院患者さんをたくさん抱える大病院で、かかりつけ医の紹介状がなく外来初診の際、発生する料金)がかかり、つまり、治療費や処方箋の他にかかる費用が、通常初診料2、3000円位のところ、5000円近くにもなってしまうのです。
しかも、お医者さんが、まだ若い研修医? の方の様で、
・病名、症状や治療方法について、お医者さん自身の知識・判断による指示が明快でないため、少し頼りなく、心配になります。
(こちらが医師に受診以前段階で、一般の薬局の薬剤師さんに相談しアドバイス受けたこと、を告げたら、そのまま同じ事以外に何も言ってくれません。)
・大学病院ですが、手術の患者さん、入院患者さんが優先のため、近所の小さな病院に行ってください、と言われ、近所のお医者さん事情を話し、心当たりある総合病院について聞いてみましたが、この大学病院と同じ体質の病院ですから、近くの町医者を調べた方が良いと言われてしまいました。

まだ、都内の大学病院や総合病院なら、外来の初診受け入れも紹介状なくとも受け入れ体制の間口が広いと感じるのですが、どうしたら良いでしょうか?

・お薬治療で、あと1度だけ、受診に来てください、と言われています。
・できるだけ早く頼れるお医者さんを見つけたいです。
あちこちの病院にたらい回し状態になると、現在、薬で痛みを抑えている状況なので辛く、また、普段から薬をたくさん飲んだりしたことがないため、副作用が心配です。
初診料等がたくさんかかってしまうと、治療費がたくさん支払える経済力ではないため、お医者さんにかかるのに、薬局での解決方法と同じになるのは、絶対に避けたいところです。
・また、近所の薬局の薬剤師さんのアドバイスと同じで、具体的な今後の見通しが明確な知識と判断から仰げない、知識・経験とも浅いお医者さんにかかるのは、心配になります。
・この先のことを考え、かかりつけ医を決めたい所なのですが、このような状況だと、お医者さん不足?の様で、地方より、都内の病院へいっそ出向いた方が、早く安全なのでしょうか?

みなさんは、かかりつけ医さがし、お医者さんさがし、はどのようにされていますか?
良いアドバイス等がありましたら、よろしくお願いします。











 

投稿日時 - 2011-05-26 14:13:20

QNo.6764742

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

絶対的に医師数や看護士数が足りていない現状下では、総合病院を増やしたり全ての病気を総合病院で見てほしいと言うのは現実的ではありません。


地域医療には,一次医療機関、二次医療機関、三次医療機関という概念があります。
基本的に救急でない限りまず町医者やかかりつけ医など(一次医療機関)に行き、そこで必要と判断された場合はもっと高度な医療を行う総合病院病院など(二次医療機関)あるいはさらに高度で専門の医療を行う大学病院など(三次医療機関)で医療を受けます。


風邪が流行ったからといってみんなが大学病院に行ったらどうなるのでしょう?
大きな病院だけに負担が集中してしまい、本当にそこでしか治療ができない重症患者が医療を受けられなくなるかもしれません。
なぜなら医師の数も医療機器も限られているからです。


この地域医療の概念は、たらい回しをするということではなく、地域の現実に合わせつつも必要な医療を必要な人に必要なだけ行えるようにし、患者を守るための工夫なのです。

みんなが『とりあえず大きな病院行けば安心』と考えてしまったら、この国の医療は破綻します。


また大きな病院とくに大学病院は教育機関でもありますので当然研修医も多いです。
患者数も多く医師の負担も多いです。
町医者に行った方が納得するまで説明を受けられるし、熟練の医師の判断と治療を受けられるかもしれませんよ。
もし実は重い病気だった…という場合は高次医療機関に紹介され治療を受けられるのでご安心を。
いざという時は身近な場所にかかりつけ医がいた方が安心ですよ。

投稿日時 - 2011-05-26 22:04:09

補足

せっかくたくさんのコメント書いて頂きましたが、残念ながら求める質問回答がご理解頂けていないご様子です。

もう一度同じ事を書いてしまいますが、勿論、近所の個人病院を先に調べた上で、最低限、受診に必要な設備、専門医が整っていない小さな病院ばかりなので、結局のところ、大きな病院に紹介状を書くという断りをしている、という状況なのです。
近所に町医者の方が探しにくい状況をご理解ください。。
痛みと容態が進行している最中、それがわかって、近所に町医者は求められず、結局段階おって、紹介状書いてもらい、今回直接行った大病院に誘導されるなら、わざわざ時間をかけて自宅から遠い個人病院を探すくらいなら、誰もが知っている大きな総合病院、大学病院に、直接外来初診するとは常識的に思いませんか?
国の医療破綻のご心配の前に、ひとりひとりの国民の緊急の痛みや症状を思いやれない医療で弱者から初診料を何度も回収しようとすれば、そんな方式は当然、経営戦略であり、人間的ではない、から、結局破綻することになってしまう、とってもシンプルなことですよ。

>>>いざという時は身近な場所にかかりつけ医がいた方が安心ですよ。
ですから、お訪ねしているのはこうした状況下での、かかりつけのお医者さんの探し方 がメインの質問となります。

投稿日時 - 2011-05-28 13:05:13

お礼

常識的に考えて、小さな子供、高齢の方や富裕層の方以外、健康な人は、突発的な事故、病気で病院にかかる程度が普通です。
かかりつけ医を持っている方がまれな事だと思います。
かかりつけ医がいたとしても、6ヶ月~1年診療がない場合には、かつて初診料を支払っていたとしても、再度初診扱いとなる病院が多いと思います。
そんな状況で身近に頼れるお医者さんなど、ただですら医師不足で忙しくて大変なのに、かかりつけ医などそうそう見つけられるものではないと、医療に携わっている関係者でなく、受診する患者さん側にいる人ならば、病院というところは、病気の時にだけ必要になるもので、頻繁に通うものではない、と誰もが感じていることだと思います。

従って、頻繁に通えるような病院、医師不足のはずなのに、意思疎通が容易くできる、昔ならばどんな町にも1人くらいはいたであろう、人情深く純粋に医療の優れた知識を利害なく、困っている人たちのために活用してくれるお医者さんには、そうそう出会えなくなっているのは事実だと思います。
小さな町の個人病院の経営を助けたいのはわかりますが、
小さな町だからこそ広まってしまいやすいヤブ医者扱いの評判、口コミから避ける患者さんがいるのは確かですね。
でも、悪い評判がたつのにも、病院のたらい回しと感じられてしまうのにも、そこには必ず、患者さんの誰かが受けた対応に、心ない某かの理由が存在するのは確かな事で、経営より人の痛み、人を病や痛みから解き放つための医療という基本的な優先順位を見つめ直せば、解決の糸口がみえてくるものだと信じたいです。

整形外科に通院歴のある患者さんは、最低限レントゲン設備がない病院、専門医のいない病院にはかかれないことを知っていますし、その痛みを知る人ならば、病院を探している時間などとてもないのです。

投稿日時 - 2011-05-28 13:57:47

あなたにオススメの質問