こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウーハーの働きが違うんです。

今晩は、まず当方の機材を申しますと、7箇月ほど前から「プリメインアンプDENON PMA-1500SE、CDプレイヤーDENON DCD-755SE、スピーカーONKYO D-77MRX」を使い、エージングも済み、そこそこ低音も出てきていると思いながら聴いていました。
そこで、眠っていたレコードも聴きたくなり、「アナログプレーヤーDENON DP-500、カートリッジMSHURE M44G」を1箇月程前に購入しました。
サランネットを外してレコードを聴いていて、ふとウーハーを見ると、いつになく動いているような気がして、改めて近づいてよく見てみましたら、それほど音量も高くなく重低音でもないのにウーハーが「ぼっこんぼっこん」とよく働いているように見えました。
試しに同じタイトルのCDをかけてみると、低音は出ていると感じるのですが、見るとウーハーはかすかに振動はしていて耳を近づけると音を発しているものの、ベースの音の多くがスコーカーから出ているみたいです。
別のCD、アナログを試しても同じ傾向です。
CDプレーヤーに問題があるのでしょうか、どうすればCDでもウーハーが働くようになるのでしょう。
ご教示ください。

投稿日時 - 2011-05-30 20:29:23

QNo.6775054

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

ウーファーの振動板が視て動いている方が出来たら避けたい状況ですよぉ。


アナログレードの場合、レコード板が完全な平面では無い為に、可聴帯域以下の低周波振動、またレコード盤がターンテーブルのセンターピンに入れ易くするため、ほんの少し大きめの穴に成り、それによって回転ごとにカートリッジが左右に振られる低周波の影響です。

PMA-1500SEの仕様までは確認してませんが、従来のアナログレコード再生を目的とした場合、人が聞こえない有害な低周波をカットする「サブソニック」とか言うフィルタースイッチが有る事が多いので、それを活用してください。


音量を上げた時、ウーファの振動移動可能限界を超えますと、バリとかカチって言う異音が出て損傷してしまいます。 運が悪ければ、異音と同時にスピーカーのコイルがショートしアンプまで破壊に至る場合が有ります。(中学生の頃に、MPA-550と言うアンプがFE-83の焼損とともに逝ってしまった事があります。泣)
本来は、アンプの保護回路が素早く対処してくれるハズです。

通常音量では、ウーファーに触れると力強い振動が感じられても、見た目で動いているようには見えませんよぉ~♪

投稿日時 - 2011-05-30 21:20:48

お礼

不明を恥じます。昔、オーディオ全盛の頃、テレビでウーハーが震える映像で、音圧を表現していたイメージがあったことと、デジタルよりアナログがやっぱり上だという固定観念が、私も年が年なもので、おふた方、どうもすいませんでした。

投稿日時 - 2011-05-30 22:28:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

CDプレイヤーには問題はないと思います。

問題があるのは、レコードとアンプの方だと思います。
レコードを再生すると、ときどき音にならない極低い周波数の信号が発生することがあります。
レコードがメインの音源の時代のアンプには、サブゾニック・フィルターという、こうした低い周波数をカットする機能がつけられている例が多かったのですが、現在のアンプでは省略されがちです。

http://okwave.jp/qa/q1431273.html

お使いのアンプには、ついていないようなので、気にせずそのままお使いください。

投稿日時 - 2011-05-30 21:13:16

お礼

どうもありがとうございました。お恥ずかしい限りです。

投稿日時 - 2011-05-30 22:30:41

あなたにオススメの質問