こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

副作用の治療費と補償について

主人が糖尿病で入院しています。
5/9~入院をし、合併症がないかほぼ毎日のように検査をしていました。
入院時に検査予定表をもらったものに、日付が入ってるのを受けていたのですが、
17日に予定のない検査が入ったと聞き、何か見つかったのかな?程度にしか思っていませんでした。
何の検査かもきちんと聞いておらず、、、
主人は「冠動脈の検査」としか聞いてなかったそうです。
それが、どういう検査のやり方なのか、どういう手順でするものなのかを知りませんでしたので、
今になって後悔しているのですが、
主人は検査室(CT)に入ってから、検査が始まる直前にはじめて『造影剤』を使用する検査だと聞かされたそうです。
そこで2つほど質問をされたそうです。内容は
「過去に造影剤を使用した検査をしたことがあるか。」→「はい」
「アレルギーなどあるか。」→「いいえ」

上記の内容だけで造影剤を使用され、針を抜いた数秒後に意識を失ってしまったそうです。
気がついたらベッドの上で名前を呼ばれながら肩を叩かれて意識が戻ったみたいなのですが・・・。

その日 面会に行って主人の口から聞かされただけで、医師から・病院からは何の話もありませんでした。
けっきょく何も聞かされないまま、その日は点滴を1本流しただけで終わり。
不信感だけが残った感じだったのですが、翌日には元気になっていたので安心していました。
その後、23日に大腸検査をするとのことだったので、検査をしてもらったのですが
翌日あたりから食欲低下、吐き気、下痢等の症状が出始め、3日ほど続いたところで看護婦が見かねて医師に打診をしてくれたらしく、そこで初めて27日に血液検査を実施。

結果、「クレアチニンの数値が入院時は1.0ほどだったものが4以上になっているため
透析をしなければならない」との説明がありました。
これの原因が、造影剤を使用して起きてしまった副作用である、と10日以上 経過してからされた報告でした。

首から管を通し、28日は朝から10時間の透析。
30日に血液検査を再度実施したところ、正常値を微妙に超えているとのこと。
透析医の話だと、二度目の透析は必要なしだったのに、内科の担当医はどうしてもやる必要がある、と押し切って再度10時間の透析が実施されたそうです(透析医談)。

以上が入院してから今日までの流れなのですが、
私が気にしているのは

・造影剤を使用した検査であることが、検査の直前まで知らされなかったこと
(初めて受ける検査の内容がどんなものか、分からないし、医者に「やります」と言われたら一般的にしたがってしまうものではないでしょうか)

・造影剤の検査をするにあたって、きちんと内容を説明しなければいけないことが義務付けられているにも関わらず、ほぼ説明なして行われてしまったこと

・同意書を主人も私も書いていないこと
(2つ目、3つ目に関しては、27日の説明で原因が判明した時点で私がネットで調べて初めて必要があると知りました)

・ちょうど造影剤検査をした頃に、「印鑑を押してもらわないといけない書類があるから」と印鑑を渡したことがある(何の書類に印鑑を使用されたのか、今も不明。もしかして同意書は病院側で用意したのか!?)

・意識を消失してしまう重度なことが起きたにも関わらず、点滴1本で済ましていたこと
(原因の追究はしなかったのか。腎障害の発見が遅れたのでは??)

・副作用によってしなければいけなくなった治療(透析)の費用の負担は誰が??

・補償の対象になるのでしょうか

・7対1看護って看護婦がたくさん居るという理由だけで適用??
(すいません、便乗の質問ですが・・・ほぼ看護なしだったのに1週目の入院料(検査等治療費を除く)が一般病棟利用の3割負担で一日当たり6千円だったので。
食事の配膳と検温、検査の予約表の届け程度しかしてもらってませんでした。)


副作用については予期しにくい事由であると、私も主人も納得はしています。
ですが、上記の質問の内容について、疑問が残っています。
もしかしたら、意識を失ったまま戻って来なかったかもしれないのですから。。。

一度にいくつもの質問をして申し訳ありません。
医療に関わる質問なので、回答も難しいかと思います。
相談窓口など教えていただけると助かります。

投稿日時 - 2011-05-30 23:27:27

QNo.6775566

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私もCTの投影剤で同意書を書いた事はありますが、何のために必要かの説明と副作用の説明はキチンとありました。

今回の事は、医療ミスなのか防げなかった事故なのかは分かりかねますが、質問者さんも何の書類に署名捺印したか分からないと言う無責任な所もありますので、担当医に今回の原因はなんだったのか、今後の後遺症の可能性などアポを取って時間を空けてもらい話すべきです。

書類という物は素人だから分からないでは無く、素人だからキチンと内容を理解して分からなければ質問しなければいけません。
これは医療関係以外にも言える事です。

あと何に署名捺印したか分からないのでしたら、書類のコピーを貰えるように事務員さんに頼んだらもらえると思います。

医療の事は大変難しく素人の説明だけでは医療関係者も回答出来ないと思います。
医師の言動など不審な点があるなら、医療に強い弁護士を探すしか手は無いのかと思います。

投稿日時 - 2011-05-31 02:36:41

お礼

深夜の回答ありがとうございます。

わたしも簡単に印鑑を渡してしまったこと、何に使ったのかを確認しなかったことを後悔しています。
おっしゃる通り、病院側にアポを取って話を聞こうと思います。

投稿日時 - 2011-05-31 07:09:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>点滴も普通だとは思いますが、原因が「わからない」で済ますのも普通なんでしょうか><

良くわからないんですが…

原因は、アレルギーです
はっきりしていると思います
なんでわからないのでしょうか?

点滴は、アレルギーの症状に対する処置です
ある意味お約束の正しい処置だと思いますが…

アレルギーについては、聞けば教えてくれるし
今後の日常生活での注意事項も教えてくれます

女性特有のヒステリックな感情で、主治医と向かい合ったら…
必ずご主人同席で質問はご主人がなされる方が良いと思います

造影剤でショック症状が出たのは私も薬を打ってしばらくしてからです
半分打ったところでおかしくなって・・・
点滴して、原因と今後の注意事項を聞かされました
謝罪なんてなかったです
私も責めませんでしたよ

投稿日時 - 2011-05-31 17:47:19

お礼

私たちも、原因がアレルギーだと認識していますよ?^^;
わからないと言ったのは病院側で・・・。

それと、謝罪も求めてはいません。
副作用が起きたことを責めるつもりもありません。
文面からそのように取れてしまい、申し訳ありません。
確かに「補償」について聞いていたので仕方ありませんが・・・。
おっしゃっていることは「賠償」のことでしょうか。

未だに注意事項は聞かされておりません。
前回ご回答いただいた内容を参考にさせていただいて、
今後の経過観察と、気をつけなければいけない点などを
退院までにきちんと確認しようね、と主人とも話をしました。

何度もご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-01 08:43:02

ANo.4

0.何%に当たっちゃいましたね。

造影検査における同意書、問診票は必ずしも必須ではないです。
同意書:もしもの事態が起きたときのスムーズな対処のため、
問診:事前に把握可能な副作用の発現しやすさを知るためです。

最近は同様なトラブルを避けるために、インフォームドコンセントをしっかりやったほうがいい、という流れになっています。

ただし、問診票はとても簡潔なものが多く、同意書は内容が理解されないままサインしてしまう方が殆どではないでしょうか。(だから同意書に法的効果は全くありません。)

ちなみに、副作用はどんな薬でも起こるもので、それに対する処置、費用は病院では持ちません。(医療ミスではないので)

医師の対応がとても下手だと思いますが、たまにしか起こらない造影剤での重篤な副作用…
その医師にとって、おそらく初めての出来事だったのではないでしょうか。

直接、よく話し合うことをおすすめします。(話しあっても変わらないと思いますが)

投稿日時 - 2011-05-31 08:35:25

お礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅れてしまい、申し訳ございません。

おっしゃる通り、副作用ですので
起こるべくして起こったことであると、主人も私も今は思っています。

この病院で初めての事例だったそうです。
ですが、医師として知識があるはずのことだろうと思うんです。

ただ、今後気をつけなければいけないことについての説明がなく(私もこちらでいただいた回答で気づいた愚か者ですが・・)、医師としてどうなんだろうと。

退院までに、教えていただけるよう話してみます。

投稿日時 - 2011-06-01 08:34:30

ANo.2

>・造影剤を使用した検査であることが、検査の直前まで知らされなかったこと

知らないなぁ・・・
聞かされなかったよ

>・造影剤の検査をするにあたって、きちんと内容を説明しなければいけないことが義務付けられ

だから、アレルギーについて尋ねられたんでしょう

>「過去に造影剤を使用した検査をしたことがあるか。」→「はい」
>「アレルギーなどあるか。」→「いいえ」

その回答が、この内容です
問診表と同じです
自己申告ですから・・・
入院前にも、きちんと申告を求められているはずです

>・同意書を主人も私も書いていないこと

私の時は、検査ですから同意書なんて求められませんでした
必要だとは知りませんでした
入院する前に、様々な書類の中に治療・検査についての同意書が必ずあるはずです
それには判を押していないでしょうか?

>・意識を消失してしまう重度なことが起きたにも関わらず、点滴1本で済ましていたこと

点滴は、普通です
それで、容態が回復したら、普通そのまま帰宅とかになります
点滴が終わると主治医から、ご主人に原因と今後の注意が告げられますよ
ヨウド系の血管造影剤の副作用でしょう

>・副作用によってしなければいけなくなった治療(透析)の費用の負担は誰が??

アレルギーは、医師の瑕疵ではないと思います
避けられた理由は無いと思います
もしかしたらご主人の血管造影剤についての記憶が思い違いだったのかもしれません

薬もミスではないので、患者に対する治療であると
理解してもおかしくないと思います

>・補償の対象になるのでしょうか

治療中にアレルギーが見つかった
不測の事態に、対応すべく行われた治療です
それに対しての補償ってナンでしょうか?

>副作用については予期しにくい事由であると、私も主人も納得はしています。
 ですが、上記の質問の内容について、疑問が残っています。
 もしかしたら、意識を失ったまま戻って来なかったかもしれないのですから。。。

私もご主人と同じアレルギーを持っています
つぎヨウド系の造影剤を使ったらたぶん命は無いと思います
今でも、気をつけていますよ
イソジン使えませんから・・・
のどスプレーで、目眩がして倒れます

アレルギーの件は、残念ですが事故だと思います
そう考えると、その後の対応にそこまで疑念を持つことは
今は、治療に専念してその後の経過をしっかり見守ってはどうでしょうか?

投稿日時 - 2011-05-31 01:07:53

お礼

深夜の回答、ありがとうございます。

問診に関しては一応聞かれたので、それで良いのかも・・とは考えておりますが、
H17年に造影剤の検査については事前説明と問診表の記入、同意書への署名が義務付けられているそうです。
主人が過去に行ったことのある造影剤検査は胃のCTだったそうで、20年も前の話なので当時は同意書等、
必要な書類ではなかったみたいです。

>点滴が終わると主治医から、ご主人に原因と今後の注意が告げられますよ
何も言われませんでした。
言われたのは「この病院で、過去にこのような症例はないので驚いた」ということだけだったそうです。
点滴も普通だとは思いますが、原因が「わからない」で済ますのも普通なんでしょうか><

もちろん、事前説明がきちんとあって、同意書の記入を求められていたら書いていただろうと思います。
そのように手順を踏んでくれていれば・・・と思うのです。

補償に関してはおっしゃる通り、ほぼ期待はしていませんが、意識を失った時に病院から緊急連絡が
入らなかったので、あのまま会えなかったのかも、、と思うとただ悔しかったので聞いてみました。

せっかくいただいたコメントに反論な部分もあるお礼になってしまい、申し訳ございません。

投稿日時 - 2011-05-31 07:20:24

ANo.1

こんばんわ。
ご主人ご心配ですね、
私は専門家では、ありませんので、副作用症例を分析できませんが・・
うちは父親が、糖尿病の薬の副作用で重篤な症状が出て
結果、取り返しのつかないことになりましたので、参考になりましたら。。。
まず、病院側は、こちらが動かない限り、何もしてくれません。
次に、わからないことがあっても、こちらが悪いのではありません、わからないのは、当然です、
遠慮なさらずに、どんどん聞かれ、説明を納得するまで受けてください
聞くのは、看護師ではなく、担当の先生にアポをとり面談し詳しい情報などを聞かれて
ノートにまとめるなり、データーをとるなり積極的に動かれたほうがいいと思います
お薬などの副作用関係は、下記の機構で受け付けてくれますし、補償制度もあります
簡単な補償請求の流れとしては、機構に電話をして書類を送ってもらい、
病院で書類に記入してもらい、機構に書類を送るって流れです。
一度下記HPを熟読され、HPに相談窓口(電話)がありますので、
お電話されて確認してみてください
(HPには、親切そうに書いてますが、電話すると、いかにもお役所仕事って感じで、
無愛想な対応なので
(私の時だけかもしれませんが(^_^; )聞くことなどメモして電話したほうがいいです)
ただ、副作用は、時間が経っても出る場合がありますので、
家族の方が、御用心なさってください。

http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai/help.html

http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/

http://www.info.pmda.go.jp/juutoku_ippan/juutoku_ippan.html

参考URL:http://www.info.pmda.go.jp/index.html

投稿日時 - 2011-05-31 00:30:08

お礼

深夜の回答ありがとうございます。

糖尿病の担当医に対して不信は募るばかりです。
部屋に来て話すことといったらこちらを不安にさせるような内容が多くて。
(大腸の検査の前は腫瘍やがんが見つかった場合は必ず悪性だ、とか、10年後には血管が詰まって死んでしまうなど)

今回の造影剤による副作用で急性の腎不全が出ていることは看護婦が主人の体調不振を心配して
医師に打診をしてくれたため行った血液検査の結果でした。
体調が何日も優れないのを医師は放置していたのです。

透析が必要である、との説明は担当医ではなくお会いしたことのない内科の医師からの説明でした。
参考資料を提示して、どういう理由で透析が必要なのかきちんと説明してくれました。
この医師は昨日の透析中、担当でもないのに様子を見に来てくれました。
透析医も主人にとって一番良い方法を、を透析の管を足の付け根ではなく首を選んだそうです。(主治医は足の付け根で、と言い張ったそう)
二度目の透析も主治医の独断だけで実施。(透析医は必要なしとの見解でしばらく問答したらしいです)

現段階では後遺障害の心配はなさそうなのですが、おっしゃる通り遅延のものもあるそうなので
今のうちにきちんと対応をしておくべきだと思います。

参考HPの掲載もありがとうございます。
今のままだと猜疑心の塊になってしまうので、精神的な部分で主人に悪影響が出ないとも限りません。
病院側へ面談の申し入れをし、説明を受けようと思います。

投稿日時 - 2011-05-31 07:50:30

あなたにオススメの質問