こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

チェルノブイリでは年間5ミリシーベルトで避難?

今日の朝日新聞で福島の大気中の放射線量数値は1.37でした。
たとえば福島で路上生活されている方は
1.37×24×365=12,001

大まかな計算として年間12ミリシーベルトの放射線を浴びると思われます。

福島だけでなく郡山も同様の数値で推移しています。

今朝の番組で辛坊治郎さんがチェルノブイリでは年間5ミリシーベルトで避難したと発言されていました。

これが本当なら、現在の福島や郡山の数値はとんでもない状況といえるでしょう。

このような地域にこのまま暮らしていても大丈夫なのでしょうか?

投稿日時 - 2011-06-04 10:13:21

QNo.6785181

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

#5です。
>もしかすると線量の高い地域にお住まいなのですか? そこそこの地区です。

>心配な人が避難しやすい施策を考える人はいないのでしょうか?
いまのところいない。(アウトになった場合を想定して動いている地域もあります)
不謹慎ですが今度の菅の騒ぎで政変が起きるとひょっとして少しは状況がかわるかもと・・・
もともと勝手に国が予算を決めてやっていることなのでしょう。TVタックルの代議士の話には失望しました。その代議士や官僚らの子供、孫がこっちに住むのなら少しは評価してやってもいいが 民主党に投票した意味がない。自民党も悪いが民主党も目くそはなくそだ。

放射能となれば話は別で屋敷、田畑の代替でも買い上げでも見合っていればどこかへ移りたいですね。
年間被曝量は成人でもせめて5mSv以下にはしてもらいたいですね。

投稿日時 - 2011-06-04 23:27:24

お礼

>不謹慎ですが今度の菅の騒ぎで政変が起きるとひょっとして少しは状況がかわるかもと・・・

次期内閣の重要人物の可能性のある人が現状より広い地域での避難が必要だと発言していました。
しかし、辛坊さんに5ミリシーベルトを当てはめるのかと突っ込まれても明確な返答はありませんでした。

チェルノブイリは5ミリシーベルト
アメリカは80キロ圏内

この事実が思ったほど取り上げられない現状に危機感を抱いています。

投稿日時 - 2011-06-05 08:32:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

>このような地域にこのまま暮らしていても大丈夫なのでしょうか?
かならずしも、大丈夫とは言えないと思います。

以下のIPPNWのレポートによると、
低線量の被曝による癌は、発生までの潜在期が長いそうです。
多くのタイプの癌の潜在期が25 ~30年だと。

チェルノブイリ事故までは関係が明瞭ではなかった、放射能の遺伝子に与える影響が分かってきたようで、非癌の疾病の発生率も増加したそうです。

「主として心血管と胃疾病および神経学上の精神病の症例は、低レベルの放射能の体細胞影響であると分かりました。」
とあります。

Health Effects of Chernobyl
25 years after
the reactor catastrophe

http://www.ratical.org/radiation/Chernobyl/HEofC25yrsAC.html

Advance Copy
(embargoed till April 8)
April 2011
IPPNW

投稿日時 - 2011-06-04 22:57:55

お礼

ありがとうございます。

お示しいただいた資料の日本語版があれば見てみたいです。

しかしこのような資料があまり大きく取り上げられないこの日本には、放射線の影響を矮小化しないといけない勢力が存在するのでしょうかね。

投稿日時 - 2011-06-05 08:12:16

ANo.7

>線量の高い地域で大きな騒動などが発生していない現状では信じている人が大多
数なのでしょうか?


実際、どうして良いか解らないのが現状では無いでしょうかね。中には信じてる人もいるでしょうし、目に見えない以上は中々その危険性を認識するのは難しいのかも知れません、年配であれば尚更かと思います。
きっと、目の前で人が倒れたり、皮膚がただれれば、理解出来るでしょうが、症状が出るのも数年後~数十年後ですからね。

故郷・住み慣れた町を捨てるのは本当に勇気のいる事だと思います、避難所では知人や新しい知人が要る事でしょう、移住すれば再び知らない人達の中に飛び込みますし、子供に対する学校等での風評被害も実際にあるようですしね、被災者=汚染された人と認識してる馬鹿な人種もいます。
そう言う社会も又、移住を拒む理由かも知れませんね。


原発周辺はもう人が住める様な所では無いでしょうと普通は考えますよね、何か原発が収束すれば住める様な会見するから、期待しちゃうんじゃ無いのかな、本当に戻れるなら良いですよ、戻れる可能性が数十年~っとなると早い内に諦める決心を与えるのも残酷な事ではないと思いますし、その方が被災した人たちにとっては早く前を向いて生活再建も早く成ると思うんですよね。

口では言うのが簡単ですけど、私もその立場になれば、相当悩むでしょうね、悩んで悩んで、移住すると思います、命があり健康であるから生活も家族も再建出来ると思いますからね。

すぐに原発収束出来ないのなら、避難した人たちの生活再建を優先すれば良いのにとは思いますね、どうも被災者は後回しみたいな、蚊帳の外って感じがしますね。


どうすれば被災者の人たちは救われんでしょうね、国会もこの調子じゃね。。。。

投稿日時 - 2011-06-04 18:48:15

お礼

本来、行政が人の命を優先した取り組みをすべきでしょうが、被害が大きすぎて思考停止に陥っているようですね。

先日、学校での放射線基準を下げるように抗議を行った方々がいましたが、基準を下げるのではなく子供達を放射線源から遠ざけることを主張すべきだったのではと思っています。

投稿日時 - 2011-06-05 08:01:06

ANo.6

>1.37×24×365=12,001

実際24時間外出してる訳ではありませんから、1実際には1/3程度には成りますよね。

特に妊婦や可能性のある人・赤ちゃん・幼児は特に、屋内退避が望ましいとは思います。

怖いのは内部被曝ですので、天気の良い日は、マスクした方が良いでしょう。

>このような地域にこのまま暮らしていても大丈夫なのでしょうか?

原発も何時収束するかわからない以上、他の地域で生計が出来るのあれば、移る事が望ましいとは思います、でも、言うのは簡単、実行すって勇気のいる事だと私は思います。

外部被曝だけで考えれば、屋内退避を出来るだけ心がければ問題無いとは思います。

http://shimonagaya.com/radiation.htm


東電の嘘?捏造?住民は相当騙されているのでは?まだまだ隠し事ありそうですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000778-yom-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00001065-yom-sci


問題なのは原子炉が収束したからと言って、福島の大気中の放射線量数値が直ぐに下がる訳ではありませんからね、やはり、移住出来るのであれば、移住すべきとは思います。

因みに私なら、原子炉の問題が出た時点で全てを捨ててでも移住してますね。
政府、特に東電の情報を信じる者は救われないと思います。

投稿日時 - 2011-06-04 12:38:52

お礼

ありがとうございます。

>因みに私なら、原子炉の問題が出た時点で全てを捨ててでも移住してますね。


賢明なご判断だと思いますが、ご自身もおっしゃるように多くの人にとっては気持ちだけでは困難な事なのですよね。

>政府、特に東電の情報を信じる者は救われないと思います。

線量の高い地域で大きな騒動などが発生していない現状では信じている人が大多数なのでしょうか?

投稿日時 - 2011-06-04 18:05:45

ANo.5

話がずれていますがすみません。

枝野が言う ただちに健康に影響の出るレベルではない こんなのは誰でもいえることであって 将来にわたって健康に影響の出るレベルではない とするのが本当ではないでしょうか。
国はオームを言えないね さながら生体実験です。
許容の食物内の放射線基準も外国の何十倍もありますよ。

最近線量計を買いました。県はγ線だけで計っているのでしょうか。計測が大体合います。
素人ですがβ線も無視できないように思います。足元にけっこう何倍もきてますね。
通常のγ線だけではかっても 林の中の家、庭木とか切り崩し、土手のある場所も線量はけっこうあるわけだし 環境条件によっては線量のすごい場所はけっこうありそうです。

理想ですが できるなら引越ししたいですね。
 

投稿日時 - 2011-06-04 12:37:06

お礼

>足元にけっこう何倍もきてますね。
>通常のγ線だけではかっても 林の中の家、庭木とか切り崩し、土手のある場所も線量はけっこうあるわけだし
>環境条件によっては線量のすごい場所はけっこうありそうです。
>理想ですが できるなら引越ししたいですね。

回答ありがとうございます。
もしかすると線量の高い地域にお住まいなのですか?

もしそうなら大変なこととお察しします。
引っ越ししたい気持ちがあっても自らはすぐに動けないものですからね。

心配な人が避難しやすい施策を考える人はいないのでしょうか?

投稿日時 - 2011-06-04 17:59:26

あーごめんなさい
#2ですが間違ってはいませんね。

まあ、必ずしも安全とは言えない数値だと思います。
政府お得意の「ただちに健康に影響の出るレベルではない」のでしょうけど、1年間にわたって浴びていいレベルなのかはわかりません。

投稿日時 - 2011-06-04 11:23:11

お礼

ありがとうございます。

>1年間にわたって浴びていいレベルなのかはわかりません。

3/11以前には人類史上最大最悪であるチェルノブイリの原子力事故で5ミリシーベルトで避難していたのに、
その倍以上の数値でも、事故後2ヶ月以上経過しても実質的に何の対策もとられていないこの現状はどういうことなのでしょうね。

投稿日時 - 2011-06-04 17:41:49

>チェルノブイリでは年間5ミリシーベルトで避難?

そのようです。
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110525ddm003040061000c.html


>今日の朝日新聞で福島の大気中の放射線量数値は1.37でした。

こちらでも確認できますが、場所によってはそれどころではなさそうです。
http://atmc.jp/school/



>このような地域にこのまま暮らしていても大丈夫なのでしょうか?

上のサイトにもあるように年間自然に10mmというところもあるので、
一概にすぐさま危険だとはいえないかもしれませんが、
基本的には逃げられる人は逃げたほうがよいと思います。

投稿日時 - 2011-06-04 11:13:20

お礼

ありがとうございます。

>こちらでも確認できますが、場所によってはそれどころではなさそうです。
>http://atmc.jp/school/

確認させていただきましたがすごい数値が出ていますね。
地表の数値ということで多少高いのかもしれないですが、これだけ高いと地表に塵を吸い込むような内部被曝はかなり恐ろしい数値になるのではないでしょうか?


>基本的には逃げられる人は逃げたほうがよいと思います。

逃げたくても逃げ難い人はどうしたらいいのでしょうか?
本人の責任でこのような災難が降りかかったわけでもないのに、理不尽ですね。

投稿日時 - 2011-06-04 17:36:12

単位が間違ってませんか?
日経で見ると福島市の放射線量は1.3マイクロシーベルトだそうですよ。

投稿日時 - 2011-06-04 10:50:50

ANo.1

 
日本の法律では
年間、1ミリシーベルト以下です。
http://www.scn-net.ne.jp/~scout/tokubetu/HOUREI/kokuji_94.html
 

投稿日時 - 2011-06-04 10:37:52

お礼

ありがとうございます。
放射線を利用お仕事に携わる人というのは一般人より被曝の可能性が高いのに
年間、1ミリシーベルト以下ということですね。

だとすると、現状を放置するのはとんでもないことだと思うのですが、当事者は以外に冷静なようですね。
やはり我慢強い人が多いのでしょうかね。

投稿日時 - 2011-06-04 17:24:53

あなたにオススメの質問