こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

開業費について教えてください!

開業費ってなんでしょうか?

(1)設立前に使った会社がらみの費用は全部開業費となるのでしょうか?

(2)例えば思いつくものとして、会社を設立するためにかかった司法書士さんに払ったお金とか、例えば同業をやっている友達にアドバイス受けるためにかかった飲食代とかあると思うんですが、これらは全て開業費となるんでしょうか?
それとも開業費的性格のものと、開業費とはならないものとがあるのでしょうか?

(3)また、設立後にかかったものでも開業費となるものもあるのでしょうか?

(4)最後に開業費の場合はどのように処理すればいいのでしょうか?
 5年で均等に償却すると聞いたことがあるのですが、それでいいのでしょうか?

よろしくおねがいします?

投稿日時 - 2003-10-13 21:56:37

QNo.678823

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1.会社の設立準備にかかった費用は、創業費と開業費に分かれます。
「創業費」は、会社設立のために購入した書籍・ 法人の印鑑代・謄本取得費用・司法書士の報酬など、設立に直接かかった費用です。
「開業費」は、事業の準備にかかった費用で、書籍代・パソコンソフト代・食事代・出張費・講習の受講料などです。

2.割愛。

3.開業後にかかった費用は、通常の経費となります。

4.創業費と開業費は、いずれも商法の規定で固定資産の中の繰延資産に計上して、5年間で償却して経費に振替えることになっていますが、税務上は開業した事業年度に一括して経費に計上するか、5年間で償却するかを任意に選択できます。

投稿日時 - 2003-10-13 22:40:21

お礼

本当にありがとうごさいました。よくわかりました。助かりました。

投稿日時 - 2003-10-14 06:18:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問