こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サイクロン掃除機の魅力って何?

最近、10年ほど使っていたメインの掃除機が壊れたので買い替えを検討中です。

で、目に付くのがというか、主流になりつつあるのがサイクロン方式!

ところが、いろんなサイトを見てみても、「サイクロンの方が紙パック方式より優れている」もしくは「圧倒的にサイクロンの方が魅力的!」という要素が見つかりません。
(ここでは日本製のサイクロン掃除機に限定して書かせて頂きますね。)

ダイソンが構造上の特許を取っているため、日本のほとんどの機種はフィルターを付けているそうで、そこが汚れてくると吸引力が落ちるそうなので、マメに掃除が必要だそうです。
(一部フィルターがない機種(確か風神でしたか?)もあったと思います。)

元々、サイクロンは「紙パックのようにゴミが貯まると吸引力が落ちることがない」ということが一番のメリットだと思っていたのですが。。。

だとしたら、紙パックの方が「集じん容積」は大きいので、吸引力が落ちるスパンは紙パックの方が遅くなるわけですよね。

また、吸引力自体についても量販店で聞いてみましたが、サイクロンの方が優れているとは限らないとのこと。

となると・・・サイクロンが主流になる、もしくは売れている理由が分かりません。

よくメリットとして、
「紙パックを買う必要がない!」
「外からゴミが見える!」
「紙パックが切れて掃除が出来ないということがない」
などと書かれていますが・・・

サイクロンは紙パック方式より割高ですよね。
紙パックは5~10枚ほど入って600~1000円ほどでありますので、1セット買っても1年は持つと思います。(私は1ヶ月でパックが一杯になったことはありませんので。)
「紙パックが切れて掃除が出来ない」ことを考えるのなら、購入時に2~3セットまとめ買いをすれば済むこと。
また「紙パック方式」が割安な分、紙パックも買いやすいはず!

となれば、あとは「同じ能力(ワット数)ではサイクロンの方が吸引力がある!」という可能性しか残っていませんが・・・

実は、「吸込仕事率」のことが今ひとつ分かっておりませんで・・・・ゴミではなく、空気を吸い込む能力とということは分かりましたが(本当のゴミを吸う能力は「ダストピックアップ率」であることも分かりました。・・・が、紙パック方式の「吸込仕事率」は平均500Wくらいであるのに対して、サイクロン方式は250Wくらいなのもよく理解出来ておりません。

ひょっとしたら同じ吸引力の場合は、サイクロンは少ないワット数で済むのでしょうか?
となれば、当然結果として「サイクロンは音が小さい!」ということになりますが、そんなことはどのサイトにも書いてありません。

私は、どう客観的に考えても、「紙パック方式」の方が楽だし、捨てるときにホコリが出ることもないので清潔だし・・・サイクロンのメリットが見えません。

ひょっとしたら、みんな「サイクロン」と言ったら、ダイソンのサイクロンだけをイメージして、そこから「日本製はより小さくて音が小さい」、または「日本製はより進化しているに違いない」という先入観でサイクロンを購入しているのでしょうか?


あと「購入される方の気持ち」として、考えられる可能性としては・・・

*何となくサイクロンという言葉の響きからゴミがたくさん取れそう
*サイクロンの方がカッコイイ感じがする
*ゴミが外から見えるためだけに買う(そのためのマメなフィルターの掃除は苦にならない)
*サイクロンが流行っているので、私も買ってみたい!

これくらしか考えられません。

気持ちは「紙パック購入」にほとんど向いているのですが、この部分を100%クリアにして購入したいと思っております。

どなたか、

1)サイクロンが売れている理由
2)または、サイクロンの方が明らかに魅力的であるとみんなが思っている理由
3)本当はサイクロンの方が優れているんだという理由

ご存知の方、出来れば・・・ですが、「掃除機に詳しい方」のご意見をお聞かせ下さい。

投稿日時 - 2011-06-11 00:55:32

QNo.6800791

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

昨年春に、紙パック式掃除機が壊れたので、サイクロン型に買い換えたものです。

経験から感じたことを書いておきます。参考にしてください。

サイクロン型と言っても、2通りあります(ダイソン、シャープのサイクロンは除外します)。

一つは、ダストボックス部が2重の円筒形等になっていて、入ったゴミが中で高速回転をしているタイプです。日立やツインバードなどがこのタイプを販売しています。

今ひとつが三菱などの方式で、箱形のダストボックス内に仕切りがされていて、吸い込んだ空気はこのくねった風土のために速度が上がり、擬似的にサイクロンと同じような効果が得られるというタイプです。

私は当初、三菱製、吸引効率420Wと言う機種を買いました。

サイクロンにした理由は、

1.フィルターの掃除をキチンとまめにしていれば、吸引力が落ちにくい。
2.ゴミパックが不要なので、タンニングコストが安い
3.パック式は、本体の寿命とは別に、パックの精算が終われば使用不能となるが、サイクロン式なら本体寿命まで使える


と言うことでした。

使って見て感じた事は、

1.吸引力は、効率の数字では決まらない->三菱製は小さなゴミは吸い込むが、少し大きめなゴミは吸わないので、手で幌輪ざるを得なかった。

2.吸引力が下がったら、必ずフィルター清掃をしなければならない(水洗いと陰干し)。

私は、吸引力低下時に水洗いして陰干しをしようにも陰干しできる場所が無く、エアースプレーで当初は処理してました(家の裏が庭なので)。しかし、効率が悪いこととエアスプレーだを考え、また、エアコンフィルター掃除や自転車の空気入れにも使えるので、コンプレッサーを買うことで、長期的に見て出費を抑えることにしました。

最も困ったのが、大きめのゴミを吸わない、と言う問題でした。

この件については、併用になっても良いと考えた上で購入した「ツインバード」社のサイクロン型(円筒形ダストボックス付・吸引効率250W)の方が、大きめのゴミも吸い取り、使い勝手は良かったです。

現在は、三菱製の掃除機は、押し入れに入れて使っていません。

買われるなら、ダイソンかシャープのサイクロンか、円筒形のダストボックスや吸引部を持つタイプにした方がいいです。

吸引効率の数字は、余り当てにならないようです。

投稿日時 - 2011-06-11 17:57:14

お礼

mgse5635さん
一番欲しかったのが、mgse5635さんのような体系的なお答えです。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-25 10:03:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

 サイクロン式掃除機と紙パック式掃除機ですが、私ならサイクロン式掃除機を選びます。
 理由ですが、購入後の維持費はサイクロン式のほうが安いからです。
 確かに購入価格は紙パック式掃除機のほうが安くてゴミを捨てる時にホコリが飛び散りにくいですが、よく考えると「紙パックを買い続けないと掃除機が使えなくなる」というデメリットがあります。
 サイクロン式掃除機は価格が高いですが「紙パックを買い続ける」ということはないです。

 掃除機は1~2年で買い替えというわけではなくほとんどは5年以上使うと思います。
 家庭によって年間に紙パックを購入する枚数は違うと思いますが、長い目で見ると維持費の安い商品を選んだほうがいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-06-11 08:47:29

お礼

masa-uさん
現在スティックタイプのサイクロンで代用していますが、確かに紙パックがいらない気軽さはあるように思います。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-25 10:01:40

ANo.2

 掃除機に詳しいわけではないですが、自宅でも会社でも、掃除機はサイクロンです。

 まず、蘊蓄から語りますと、サイクロンを名乗れるのは、特許の関係でダイソンとシャープだけだとテレビで言っていました。あとは、「サイクロン型」だそうです。でも、面倒なので、サイクロンと呼ぶことにします。

 なぜサイクロンを買い続けているかというと、紙パック型掃除機からでるあの「ニオイ」が大嫌いだからです。昔は、臭ってくると樟脳などを吸わせて中のカビなどを消していたのですがすぐ効果が無くなりました。

 サイクロンからはあのニオイがでません。ハッキリわかる唯一の効果です。でも私の場合、その効果は値段にも、ゴミ捨ての面倒さに換えられないメリットです。

 一番最初に買ったのはシャープ。一番最初のタイプだと思うのですが、空気が回転する部分がホースに着いているヤツです。

 ダイソンは2つめに買いましたが、それはそれはすさまじい排気力で、音がすさまじくて夜間掃除は不可でしたし、たまたま排気口の向いた側の埃を空中に全部ふき上げてしまったので、ダイソンで掃除する前に、一度掃除機で掃除しないとダメでした
(^_^;\(^O^ )ペチッ! 冗談抜きで。

で、1年ほどで買い換えました。

 何世代か進歩していますので今のはきっと違うでしょうが、音は相変わらずなのと、吸い込む力は日本製が勝ります(吸い込み口から何cm離しておいた1円玉を吸い込めるか、店で実験してもらいました)。

 あと、日本式は、部品を接続すると、カチッと音がしてはまることです。最新式はどうか知りませんが、昔のダイソン製はそういう面で無頓着でした。


 さて、ご質問に回答する番ですが、1~3、結局同じ質問なんじゃありませんか。本当はサイクロンのほうが優れているんだという理由があるなら、それはサイクロンが売れている理由になるでしょう。魅力もまた、同じ。

 サイクロンが売れているのは、なんとなく、メカニックな外観で、お掃除ロボット的雰囲気を醸し出しているからではないか、と推測しています。なんか、綺麗になりそうなんです。昔、参考書を買ってくると、それだけで勉強したような気分に成れたのと一緒。

 敢えて言えば、高価なので、いろんな機能(例えば、掃除すると拭き掃除したのと同じような高価があったり、ゴミの量を自動判定して力を加減したり)が全部着いていること。ゴミパック式は、安いのから、高いのまでありますが、機能は取捨選択されています。あっちを買えばその機能がない、こっちをかえばあの機能がない、全部そろっているのはサイクロン。

 絶対優れている、と言えるのは、前述の通り、あのくさいニオイが出ないことです。(サイクロン型には、出るものもあるのかもしれませんが、シャープもダイソンも出しません)

 ということで、私はサイクロン、サイクロン型をお勧めします。

投稿日時 - 2011-06-11 04:19:34

お礼

fujic-1990さん
実は今メインの掃除機が壊れたので、スティックタイプのサイクロン掃除機を代用しております。以前より掃除の頻度が増えております。
確かに「ニオイ」がないので、不快感が少ないからかも知れません。
サイクロンの優位性はそれもあるのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-25 10:00:02

>のご意見をお聞かせ下さい。
大変良く研究されていますね。
もう、悩んでおられる理由がわかりません。

紙パック型は、ホームセンターでは6千円台からあります。
来客にお見せするのでなければ、安いほうで良いと思います。

>この部分を100%クリアにして購入したいと思っております。

あまり、悩むことではないと思いますが、ほかのことでお悩みでは? と心配です。
私の場合、悩み事があると、買い物にこだわってしまいます。

投稿日時 - 2011-06-11 01:11:54

お礼

te9koさん
大局から物を見ることはとても大切ですよね。
そうじゃないと本当の解決にはなりませんから。(笑)
心配して頂いてありがとうございます。
でも、悩みはなくて、単にこだわりなだけんなんです。(*^。^*)ゞ
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-25 09:55:11

あなたにオススメの質問