こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

人身事故の対応について

昨日、人身事故を起こしてしまいました。
自動車(当方)と自転車(相手)の接触事故です。
双方ともに中年男性です。

事故は自動車がコンビニ駐車上から歩道(1m程度)をとおり、
道路に出ようとしている歩道上で発生しました。

私は歩道に出る前にいったん停止し、歩道中程まで車をだしていました。
そこから左折して道路に出ようとしており、左右の確認を行ったのち、
右の安全を確認し道路に出よう車を動かしたところ左側から自転車が出てきて
おそらく自転車の前輪がナンバープレートに引っかかり前輪がロックするような形で自転車が前転。
相手の方が怪我をされてしまいました。
怪我は頭部打撲や右手骨折などを含む全身に擦り傷や打撲の怪我をされています。
もちろん即座に救急車と警察の手配を行いました。

車は相手を見てすぐ停車しました。、
警察立ち会いの元歩道内で停車している車が止まっている。
または、それにちかい微速の時に接触していると思います。

上記の様な状況で自動車に乗っていた私に怪我をさせた責任はありますが
怪我の原因の大半は歩道上でスピードをだしていた相手にあるのではと思います。
先に述べたように私は微速でしたので相手がスピードを出していなければ、転倒したとしても、すり傷や軽い打ち身程度ですんだと思われます。

民事上は任意保険にも入っておりますので、保険会社と相談し対応したいと考えていますが、
形而上の対応に苦慮しております。

色々独自に調べてみたのですが相手の怪我の度合いによって刑罰が重くなるとありました。
素直に相手の怪我の状態であればかなり重い罪に問われるのではないかと心配しています。

もちろん、事実を正確に伝え警察・検察にご判断いただくつもりですが、
刑罰を受けるほどの責任が自分にあるとは思えません。
今後、警察や検察に正当に評価いただくために、どうすれば良いかアドバイスください。

また、法律に詳しい知人に相談したところ自転車が走ってはいけない歩道を猛スピードで走った相手が悪い。こちらが被害者であると主張し、車の修理費まで請求すべきだと言われたのですが、私個人としては、それは相手ともめる原因ともなりえますし、警察などの心証も悪くなり、
デメリットの方が多く、やり過ぎだと思っています。

そこで、警察などでの私の対応を、
自分に責任はない、または責任があると主張すべきや、
相手側の責任について追及すておくべきかなど、
責任の所在については触れない方が良いのかなど、
具体的な対応法のアドバイスが解るとうれしいです。

ご回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-06-11 22:14:54

QNo.6802760

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

自動車の路外から道路に進入する場合の自転車との事故ですが、
相手のスピードや歩道上ということを非難するより
相手の進路を外から出てきて妨害したという事実の方が大きいです。

注意をしておれば、直進している自転車にブレーキを踏ませたり、止まらせたり
避けさせてもよいと考えることは車を運転している人の傲慢な思いでしかありません。

基本過失割合は90(自動車):10(自転車)です。
これに様々な修正要素を加味して実際の過失割合とするわけですが、
自転車の重過失を認められたとしても、せいぜいプラス20%程度で
どう転んでも、10(自動車):90(自転車)などには出来ないかと思います。
従って自分に責任は無いはまったく通用しません。

>また、法律に詳しい知人に相談したところ自転車が走っては
いけない歩道を猛スピードで走った相手が悪い。
こちらが被害者であると主張し、車の修理費まで請求すべきだと言われた
車の修理代の相手過失分の請求はできますが、被害者と呼べる立場では
ありませんね。
相手が歩道でスピードを出していたことは間接的な要因であり、
主原因は質問者さんが路外から出てきたからです。

投稿日時 - 2011-06-12 09:39:25

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-06-12 12:30:25

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

私は、法律の専門家でなく、一般のドライバーであるので、参考意見として下さい。
結論は、怪我を負わせてしまった、あなたに責任があります。
コンビニから車道へ出る間に左右の安全を確認されたのはわかりますが、今回のケースのように猛スピードで自転車が走ってくることも予測をして、ドライバーは何度も左右の安全確認をしながら少しずつ車を前進しながら、さらに、本線である道路に出る手前でも、さらに一旦停止をして出なければならないことは、教習所でならったことと思います。

別な例ですが、青信号で車を発進したところを赤信号なの前方から歩行者が急に横から飛び出た時も、10対0とはならないにしても、怪我負わせたドライバーに責任がかかってきます。相手に否があっても、怪我を負わせれば、怪我を負わせた方が法律上では負けなのです。だから、車を運転するドライバーは常に事故を起こしてしまうかもしれないというリスクを背負って、安全運転をする義務があることになると思います。

「また、法律に詳しい知人に相談したところ自転車が走ってはいけない歩道を猛スピードで走った相手が悪い。こちらが被害者であると主張し、車の修理費まで請求すべきだと言われた」とのことですが、相談すべきなのは、あなたの加入している任意保険会社の担当者だと思います。おそらく、保険会社の方は「自転車が走ってはいけない歩道を猛スピードで走った相手が悪い」とは言われないと思います。

よって、ご質問の具体的な対応のアドバイスに関しての答えですが、自動車事故処理のスペシャリストであるあなたの任意保険会社の担当者のアドバイスだと、私は思います。

投稿日時 - 2011-06-11 23:01:01

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-06-12 00:18:35

ANo.2

No.1さんの書かれている通りです。
法律に詳しいと豪語しているのであれば、その知人に全面的に後ろ盾になってもらい対処すれば良いでしょう。

道交法ではたしかに自転車の歩道走行は原則禁止です。
ですが、最近の道交法改正で歩道走行が認められるケースが拡大されました。
今回がそのケースに合致するかどうかは詳細が書かれていないため不明です。

また、判例では自転車の歩道走行については、車道に自転車が安全に走行できるスペースがあって、ほとんどの自転車が車道を走行しているというケースでなければ、自転車が歩道を走行するのは常態とされ、過失には考慮しない判例が多いです。

それらを踏まえて、「刑罰を受けるほどの責任が自分にあるとは思えません。」というのであれば、検察に呼ばれたときにそのように主張して下さい。判断は検察・裁判官がするでしょう。
受ける刑罰の可能性で自分の意見を曲げるような必要はないと思います。

また本気で、「刑罰を受けるほどの責任が自分にあるとは思えません。」と思うのであれば、今後も同じような事故を起こすでしょうから、免許証の返上をお勧めします。

投稿日時 - 2011-06-11 22:53:25

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-06-12 00:17:04

ANo.1

 法律に詳しい知人は 相手が悪いと言っているのですよね?

 いくら相手と揉めても、警察の心証が悪かろうと
法律に詳しい知人は、相手が悪いと言っているのに
デメリットで、やり過ぎとは?意味がわかりません

 法律に詳しい知人が言うように
勝ち目があるなら 相手と揉めても、
警察の心証が悪かろうと徹底的に争った方がいいと
思うのですが・・・

 法律に詳しい知人は アナタの為に何か
手助けをしてくれないのでしょうか?

 法律に詳しい知人に聞いてもらいたいのですが
横断歩道のない道路で突然人が飛び出し、
重傷事故を起こし全治30日と診断された場合であって、
運転者は速度超過などの交通違反が絡んでいない場合でも

「安全運転義務違反2点+ 重傷事故(30日以上3月未満の専ら以外)6点の合計8点」
の行政処分は運転者に来ますよ

 本当に 法律に詳しい知人は 法律に詳しいの?
http://rules.rjq.jp/jinshin.html

投稿日時 - 2011-06-11 22:38:45

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-06-12 00:17:56

あなたにオススメの質問