こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

フランスが舞台の映画を教えてください。

フランスの町並みや文化を楽しめる映画を探しています。
今まで観て良かったものは『アメリ』『パリ20区、僕たちのクラス』『コーラス』など、今観てみたいものは『列車に乗った男』『夏時間の庭』『ぼくセザール10歳半1m39cm』などです。好きなジャンルは歴史もの・ヒューマンドラマなどですが、フランスらしい雰囲気の作品って何だろう、と思って質問しました。

製作国や監督の出身国、フランス語音声という区切りではなく、『舞台』の視点からお答えお願いします。時代や都市・地方にはこだわりませんけど、もしお分かりでしたら詳しく教えてもらえるととっても嬉しいです。宜しくお願いします!

投稿日時 - 2011-06-15 23:31:06

QNo.6812506

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

クシシュトフ・キェシロフスキ 監督 の
『トリコロール 青の愛 白の愛 赤の愛』
エリック・ロメール 監督 の
『四季の物語』 『緑の光線』
トニー・ガトリフ 監督 の
『モンド 海を見たことがなかった少年』
ジャック・リヴェット 監督 の
『北の橋』 『セリーヌとジュリーは舟でゆく』
サンドリーヌ・ヴェイセ 監督 の
『クリスマスに雪はふるの ?』
パトリス・シェロー 監督 の
『愛する者よ、列車に乗れ』
パトリス・ルコント 監督の
『タンデム』 『ぼくの大切なともだち』
フランソワ・トリュフォー 監督 の
『アメリカの夜』
ジェラール・ドパルデュー の ほう の
『モンテ・クリスト伯』
ジャン・ベッケル 監督 の 『クリクリのいた夏』
クリス・マルケル 監督 の 『ラ・ジュテ』
ヤン・クーネン 監督 の 『赤ずきん』 の
入っている、オムニバス物 『フェアリー・テイル』
エンキ・ビラル 監督 の 『ティコ・ムーン』
など は いかがでしょうか。

投稿日時 - 2011-06-19 01:27:47

お礼

解答、ありがとうございます。
凄く迷いましたけど、何度もたくさん紹介いただいたので。
全部観るのは大変な時間がかかりそうですね。これから愉しみです。(*^_^*)

投稿日時 - 2011-07-04 21:04:35

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

何度も すみません。
『プロヴァンスの秘密』 という TV ドラマを 探していたのですが、
日本 向け の DVD が 出されて いない よう なので、
マルセル・パニョル 原作 の 『愛と宿命の泉』
『マルセルの夏、マルセルのお城』
セドリック・クラビッシュ 監督 の 『パリの確率』
ジャック・リヴェット 監督 で もう一つ 『恋ごころ』
アイザック・ディネーセン (イサク・ディーネセン) 原作 の
『バベットの晩餐会』
ローランド・ジョフィ 監督 の 『宮廷料理人 ヴァテール』
など を、付け加えさせて いただければ と存じます。

ところで、検索 中に 見かけた、
『プロヴァンスの恋』 『プロヴァンスの贈りもの』
という のも、なかなか よさそう でした。

投稿日時 - 2011-06-28 00:24:52

お礼

何度もありがとうございます。
プロバンス地方の作品でしょうか。
タイトルから類推していくのもまた面白いですね。

投稿日時 - 2011-07-04 21:09:26

ANo.8

入れよう と 思っていた のを
忘れて しまいました。
アラン・コルノー 監督
(パスカル・キニャール 原作)
『めぐり逢う朝』
も、よろしく。

投稿日時 - 2011-06-20 02:32:50

お礼

何度もありがとうございます。
『めぐり逢う朝』、初めて聴きます。
原作もあるのですね。良さそうです。

投稿日時 - 2011-07-04 21:06:58

ANo.6

これが出ていないとは……

死刑台のエレベーター

ルイ・マルが25才のときに作った映画ですが、ハンディ・カメラを生かした、ヒロインが夜のパリをさまよい歩くシーンは、ステキです。パリでなければ成立しない映画です。

本作はかなり綿密な計画を立てた殺人だったのに、ひとつのつまずきが次の破綻を生み、という「犯罪者破滅映画」の最たるものですが、最後のシーンで

ああ、こりゃこの男、殺しもやりますよね

と、台詞とか演技ではなく、画面でものの見事に「強制的に納得させてくれる」オチもすごいです。
なぜ殺したか、という犯罪者の気持ちが観客に理解できる、数少ない映画でしょう。

アルファヴィルというゴダールの作品も、フランスの都市をSF空間にした傑作です。モノクロなのがまたいい味になっています。ゴダールは自動車ダイスキ監督ですが、本作品もチェイスとかはないものの、60年代フランス車が、実にセンシブルにつかわれています(とういいつつ、主人公の車はアメリカ車)。

地下鉄のザジ、もいい映画です。パリのメトロがすばらしく効果的に使われています。

旧い映画の方が、パリの雰囲気があるとおもいます。我等巴里っ子(ちいさなボクシングジムのはなし)、パリは燃えているか、は、舞台の大小で両極にある映画ですが、いいですよ。

投稿日時 - 2011-06-17 22:55:51

お礼

回答、ありがとうございます。
映画に凄く強い方なのだと推察します。勉強になりました。
いつか、こういう紹介ができるくらいに映画を観ていきたいなあ、と思いました。(^人^)

投稿日時 - 2011-07-04 19:21:02

私は好きなのはアメリカ人が撮ったパリの映画です。何と言ってもパリがとてもきれいに撮ってありますからね。
例えばオードリーヘップバーンの「パリの恋人」や『昼下がりの情事」それに「シャレード」です。
パリの町並みや雰囲気が出ている物と言えば私は「パリジュテーム」も大好きでした。オムニバス映画ですが本当にいろんな監督やいろんな俳優達が自分のイメージのパリを映像化しています。ラブコメあり 中年男女あり 孤独ありそれらすべてひっくるめてパリの美しさだと私は思いました。
エディットピアフやココシャネルの伝記映画ももちろん最近のものですよね。プロバンスものやエリックロメール監督の四季の物語シリーズもとても良いですよ。フランスが舞台の映画と言うのは本当に星の数程あります。

投稿日時 - 2011-06-16 14:08:27

お礼

回答、ありがとうございます。
なるほど。アメリカ人から観たパリ、見応えありそうですね。
フランスが舞台のものは本当に多くて、視点やテーマを絞って探すとかなり面白そうです!

投稿日時 - 2011-07-04 19:16:32

 フランスというより、パリが舞台となっているのが「パリ、ジュテーム」です。一編5分の短編18編からなるオムニバス・ムービーです。どれも恋愛がテーマになっていますが、コメディ仕立てで気楽に見られます。パリを各地区ごとに細かく分けているので、パリの地名にちょっとだけ詳しくなれます。お勧めは、近作が好調のナタリー・ポートマン主演のものです。

投稿日時 - 2011-06-16 13:09:36

お礼

回答、ありがとうございます。
『パリ、ジュテーム』はパリの各地区が描かれているのですか。
フランスの雰囲気を楽しむには、とても魅力的ですね。是非観ます!(^_^)

投稿日時 - 2011-07-04 19:13:24

ANo.3

フランスが舞台の映画と云われれば、アランドロンやジャンポールベルモンド、ルイ・ド・フュネス らが活躍した頃の映画を思い出しますね。今となっては相当古い映画なのでしょうが、

アレクサンドルデュマが原作だから相当古ね
「モンテクリスト伯」「三銃士」
これも中世のフランス
「王妃マルゴ」
「ジャンヌダルク」
第二次世界大戦頃
「幸せはシャンソニア劇場から」
「大進撃」
「大脱走」
戦中後「禁じられた遊び」


アランドロンといえば、
「死刑台のエレベーター」
「太陽がいっぱい」
「個人教授」
アランドロンとジャン・ピエール・メルビル監督の暗い映画があったなぁ・・・
「サムライ」
「仁義」
「リスボン特急」

ヌーベルバーグと呼ばれた世界的に影響を与えた
ジャン・リュック・ゴダール監督の
「勝手にしやがれ」-À bout de souffle (1959年)
「軽蔑」-Le Mépris 1963年
「気狂いピエロ」』-Pierrot le fou 1965年
フランソワ・トリュフォー監督の
「大人は判ってくれない」 -Les Quatre cents coups(1959年)
「ピアニストを撃て」 -Tirez sur le pianiste(1960年)
「突然炎のごとく 」-Jules et Jim(1961年)
「柔らかい肌 」-La Peau douce(1964年)
「華氏451」 -Fahrenheit 451(1966年)原作 レイ・ブラッドベリ「華氏451度」
「黒衣の花嫁」 -La Mariée était en noir(1968年)
「暗くなるまでこの恋を 」-La Sirène du Mississipi(1969年)

カトリーヌ・ド・ヌーブが出ていた映画では、
「シェルブールの雨傘」-Les Parapluies de Cherbourg(1964年)
作品の舞台は1957-59年
「昼顔」-Belle de jour(1967年)
シャルル・ゲンズブールとジェーンバーキンが出演した
「ガラスの墓標」- Cannabis(1970年)

ジャン・ジャック・ベネックス監督の
「ディーバ」- Diva (1981年)
「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」-(37°2 le matin(1986年)

リュックベッソン監督の
「ニキータ」-Nikita 1990年

レオン・カラックス監督の
「ポンヌフの恋人」Les Amants du Pont-Neuf(1991年)あのセーヌに掛かるポンヌフ橋の現物大のセットを作っています。

パトリス・ルコント監督の
「仕立て屋の恋」-Monsieur Hire (1989)
「髪結いの亭主」-Le Mari de la coiffeuse (1990)

ラッセ・ハルストレム監督の
「ショコラ」-Chocorat (2000年)アメリカ作品なのですが・・・

トニー・ガトリフ監督の
「僕のスイング」-Swing (2002)

なんかもっと有名なのがたくさんあった気もするけどそれは他の人に譲ることにしましょう。

投稿日時 - 2011-06-16 09:50:47

お礼

回答、ありがとうございます。
監督さんや俳優さんには疎いのですが、列挙されると圧巻です。
流石、フランスの映画には、映画そのものの歴史が詰まっているみたいですね!

投稿日時 - 2011-07-04 19:09:47

ANo.2

今度はフランスですね。
『列車に乗った男』渋い映画です。お勧めです。

ショコラ
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id162817/

アンジェラ
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id324479/
サブウェイ
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id9001/
TAXi
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id84202/
アデル
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id336194/

冒険者たち
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id21214/

ダ・ヴィンチ・コード
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id322729/

愛と哀しみのボレロなど
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id138/
クロード・ルルーシュ監督作品
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/typs/id507/tm/

アメリなど
オドレイ・トトゥ出演作品
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/typs/id473657/tm/s0/b1/

投稿日時 - 2011-06-16 08:46:00

お礼

回答、どうもありがとうございます。
いつもURLを丁寧に教えていただいて、嬉しいです。
フランスの映画もたくさんあるので、ゆっくり観ていきたいと思います。(^^)

投稿日時 - 2011-07-04 19:05:00

ああ無情。

本当はフランス語で8時間くらい、フランスで放送されましたが、DVDでは2時間。
英語でした。

あの時代のファッションや町並み、存分に楽しめました。

ジェラール・ド・パルデュー=ジャンバルジャン
ジャベール警視=ジョン・マルコビッチ

オススメです。

あとは、危険な関係。
フランスが舞台です。美しかった。

投稿日時 - 2011-06-15 23:55:50

お礼

回答ありがとうございました。
『ああ無情』、とても好きな作品です。
フランス語で8時間もあるとは知りませんでした~(^o^)

投稿日時 - 2011-07-04 19:00:30

あなたにオススメの質問