こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

膝サポーター薄手で固定される物はありますか?

膝の外傷で、歩いていると膝が沈む感じがして、
歩いているうちに、半月板や軟骨がどんどん破損していくのではと思い、

サポーターを購入したいと思っています。

私がいった病院で注文するサポーターは大きめで固定されるようですが、夏場暑そうで、動きづらそうです。
また、先生も紹介はしてくれましたがサポーターをあまりすすめていませんでした。
病院で紹介されたのがいいとは思いますが、

夏の暑い時期、むれなくて使いやすいものがあるといいなと思います。
薄手で動きやすい物で、何かよいサポータはありますか?

薬局で売っている物でも大丈夫ですか?

投稿日時 - 2011-06-18 10:05:20

QNo.6817833

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>また、先生も紹介はしてくれましたがサポーターをあまりすすめていませんでした。

先生のいうこと聞いた方がいいと思いますよ。膝のサポータは大まかに二種類あり、マッジクテープでしっかり留め、バネなどの力を利用して関節をサポートするもの。もう一つは筒状になっており膝を冷えから守る保温目的のもです。保温目的のものは問題ありませんが、問題は固定、支える目的のものです。

腰痛ベルトや腰のコルセットなどをすれば確かに楽なのですが、楽をさせすると筋肉は落ちます。人間の体は負担のかかるところは強く、負担 の軽いところは弱くなるようにできています。コルセットなどは楽になる環境を人為的に作り出しています。もちろんコルセットが必要な場面がありますが “手術直後” や “激痛で歩けない” など限定的な使用に限られています。サポーターの常用は負のスパイラルに陥りやすくなります。

一方、筋肉とは非常に重要で、膝で言えば腿の前の筋肉が最も大切です。膝に痛みを抱えている人は、腿前の筋肉もかなり落ちています。ですから腿前の筋肉を鍛えるということは、治療をする上で最も大事な項目になります。筋力は家で例えると “柱の太さ” です。柱が弱いとそれだけ、もろい家ということになります。

腿前の筋肉が強くなれば “自前のサポーター” になります。一応トレーニング方法ご紹介しますので、参考ください。


==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)足首を直角にし、つま先を立てます(伸ばさない)。膝を曲げずゆ
っくり足を持ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げす
ぎると効果がありません)。

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
==========

各ポイントをしっかり押えて行ってください。この筋トレはスクワット
のように体重が膝にかかりませんし、関節を直接動かしているわけでは
ないので、痛みが強いときでも安心して行えます。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

投稿日時 - 2011-06-18 12:57:40

補足

早速、回答していただきありがとうございます。

できるだけ、膝をささえる筋力のトレーニングをして鍛えたいと思っています。

まだ、筋力が付いていないようで、
少し、外出すると、膝が腫れてふくらはぎがパンパンに腫れたり内出血してしまうので、

近々電車で遠出するときに心配ですが、
膝に負担がかからないようトレーニングしたいと思います。

投稿日時 - 2011-06-18 13:19:41

お礼

早速、回答していただきありがとうございます。

できるだけ、膝をささえる筋力のトレーニングをして鍛えたいと思っています。

まだ、筋力が付いていないようで、
少し、外出すると、膝が腫れてふくらはぎがパンパンに腫れたり内出血してしまうので、

近々電車で遠出するときに心配ですが、
膝に負担がかからないようトレーニングしたいと思います。

投稿日時 - 2011-06-18 13:22:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ダイヤ工業で検索してみてください

投稿日時 - 2011-06-18 10:42:31

あなたにオススメの質問