こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

改製原戸籍

改製原戸籍がよくわかりません。

祖父の戸籍謄本が必要なのですが、役所に電話したところ「除籍謄本に丸をつけて郵送申請書を仕上げてください」といわれました。

祖父は明治生まれです。

除籍謄本と改製原戸籍が必要なのではないのでしょうか?

大正4年式戸籍、昭和23年式戸籍、平成6年式戸籍の3つが存在すると考えて郵送申請書を書けばよいのでしょうか?


また叔父がまだ結婚せずに地元に暮らしています。

そうであれば祖父の謄本は除籍謄本でなく戸籍謄本になるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-06-21 21:34:57

QNo.6826335

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

昭和23年式戸籍は 昭和30年代前半に改製されて原戸籍になっています
平成6年式戸籍は 平成の改製で作成されたもでしょうから原戸籍が存在します(多分昭和30年代に作製された戸籍)

昭和23年以前に家督相続が行われていれば、その戸籍(除籍)も必要です

一度では済まず 入手した戸籍を調べて 抜けている戸籍を取得する ことを想定しておくほうが確実です

祖父が存命ならば 現在有効なのは戸籍です が 除籍された事項を含む戸籍を取得するほうがよろしいでしょう

投稿日時 - 2011-06-21 22:14:17

お礼

回答有難うございます。

>祖父が存命ならば 現在有効なのは戸籍です が 除籍された事項を含む戸籍を取得するほうがよろしいでしょう

祖父はもう他界しております。ただ叔父はまだ健在です。

家督相続?
コレはよくわかりません。

ひとまず「祖父の出生からに遡った一切の戸籍謄本(戸籍、除籍、改製原戸籍等)」とそえて、郵便小為替をふんだんにつけて郵送申請をしてみようと思います。


有難うございました。

投稿日時 - 2011-06-21 23:16:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

叔父さん(または叔父さんの子・孫)に依頼できるなら 役所に行ってもらって 確認しながら謄本を取得するほうが確実です
叔父さんは実子ですから おじいさんの戸籍は無条件で取得できます


>郵便小為替をふんだんにつけて郵送申請・・・

これには 過剰の場合には、返金は不要で募金等に寄付することを明確に示しておかないと、過剰分の返金・それに要する費用負担をどうするか 等 役所に過大な負担を強いることになることを承知して行動してください

投稿日時 - 2011-06-22 07:57:25

お礼

>役所に過大な負担を強いることになることを承知して行動してください

お金のことだからそうなるのですね。。。
あまりにも自分勝手な行動になるのを指摘していただいてよかったです。

過剰になる分は「募金」につかっていただけるよう一筆添えようと思います。


自己中な行動を取らずにすみました。
ありがとうございました。


※叔父とは一度も連絡をとったことがないのです。
 なので郵送申請を選ばせてもらおうと思います。

投稿日時 - 2011-06-22 19:49:02

あなたにオススメの質問