こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

貸倒の仕訳処理方法を教えて頂きたいのです。

お世話になっております。零細企業にて経理を主にしている者です。
弊社の決算月は12月です。

状況としましては昨年の6月末日にて得意先S社が破産申請をして
いる事が分かりました。(担当者が納品に行った際に分かりました。)
弊社が得意先に対しての売掛金は40万円
弊社が得意先に対しての買掛金は 4万円
当期の貸倒引当金は70万円です。

昨年よりS社担当の弁護士から連絡等あり、弊社の債権、債務を
裁判所に証憑書類を添付しまして連絡済みです。

売掛金・買掛金勘定にはそのままの金額を残してあります。

先月にS社担当弁護士からS社の資産状況が記載された用紙が
届き、債権額に応じて分配する旨が記載されておりました。
それで昨日に弁護士の名義で弊社の口座に2万円の入金がありました。

前置きがかなり多くなり申し訳ありませんでしたがこのような状態です。
このような状況でして仕訳の仕方をネット等で調べたのですが分からなく
顧問税理士も月末近くもありちょっと連絡が取れない状況です。
是非、ご教授願いたいので宜しくお願い致します。

長文失礼致しました。

投稿日時 - 2011-06-22 14:02:16

QNo.6827631

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ほいだら、最初の回答さんの仕訳でええよ。

細かいこと言い出すとキリないけど、月次決算とか四半期決算とかをそないに考えなくてええ状況なのと違うかな。せやから、最初の回答さんの仕訳で十分と思うで。

引当金の積み増しは、前期中か前期決算作業中に破産申請しよってたと分かったのなら、その時点で積み増しせないかんかった。それ以降に分かったのなら、積み増し不要や。それと、ほんまは積み増しせないかんかったとしても、金額が大きくないもの、決算修正とかいまさらせんでええよ。

投稿日時 - 2011-06-22 22:32:21

お礼

再度の回答誠にありがとうございました。
よく分かりました。

投稿日時 - 2011-06-22 23:03:29

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

いろいろと確認せないかんことがあるわね。

買掛金は相殺できるのかね?それ確認してな。あと、売掛金のうち、当期に発生したぶんは貸倒引当金使えへんので、それがいくらあるんか確認な。追加で配当でる見込みあるかね?それも確認な。

仕訳は、確認した結果次第で変わってくるで。

投稿日時 - 2011-06-22 22:14:02

お礼

早速のご回答誠にありがとうございます。
確認事項ですが
買掛金は相殺出来ます。
売掛金は全て前期の得意先が破産申請した際にあった物です。
それと追加配当は無く、債権額に応じた分配金という事で
2万円の分配で終わりです。
宜しくお願い到します。

投稿日時 - 2011-06-22 22:21:18

ANo.1

その配当が最終配当ならば、そこで売掛金を償却します。
仕訳は
 現金    20000 /売掛金 400000
 買掛金    40000/
 貸倒引当金 340000

もしまだ配当があるようならば、その金額を残して償却すればよいでしょう。
その場合は上記の貸倒引当金の額がその分小さくなります。

投稿日時 - 2011-06-22 16:00:40

お礼

早速のご回答誠にありがとうございました。正直このような事例は初めて
だったので頭が混乱しておりました。
借方に貸倒引当金勘定を持ってくれば良いのですね?
当期の引当金は70万ですが繰り入れはしなくても良いのですね?
ネットで調べていた中でそういった仕訳も見た事もあり質問ばかり
で申し訳ありません。

投稿日時 - 2011-06-22 22:17:24

あなたにオススメの質問