こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

死刑制度について

なぜ殺人を犯すと死刑にするんでしょうか?
死刑も殺人となんら変わりないですよね?
そもそも死刑にしたってなにも変わらないと思います。
遺族の方がよく感情で死刑にしてほしいと言いますが、そしたらその遺族の方もやっていることは
同じです。殺人と同じことだと思います。
それに、やったらやり返すってまるで子供のような、そして、戦争に賛成しているようなもんだと思います。
なぜそれなのに死刑にするんでしょうか?
それに死刑なんてぜんぜん抑止効果もないと思います。
殺す人ってのはそんな法律のことまで考えて殺さないです。
とにかくどうなってもいいからその人を心から殺したいと思って殺すわけです。
まったく抑止の根拠なんてありません。
抑止効果があるなんて実際死刑を廃止してみないとわからないことじゃないですか。
それなのに死刑が存在するってのはおかしなことだと思います。
遺族の方には申し訳ありませんが、感情的になりすぎて我を見失っていると思うのです。
自分だったらたとえ親がころされても決して死刑にはしません。

なぜなら、死刑=殺人っていう認識があるからです。
いかなる理由でも人を殺すことはいけません。
ですから、死刑もいけないと思います。
ですから、罪を与えるならば終身刑という制度を取り入れるべきだと思いました。

みなさんはこのことについてどうお考えですか?

みなさんの意見を聞かせてください。

投稿日時 - 2011-06-22 20:53:50

QNo.6828436

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。追記します。
質問に”みなさんの意見を聞かせてください”とありますので、それに対する回答です。

前にも書いたとおり、私自身は死刑制度には反対です。また、犯罪抑止力もほとんどないと思っています。考え方自体は同意します。
ですが、ここに書かれていること、特に回答への補足を見ていると論理の飛躍を感じます。死刑の肯定をそのまま殺人の肯定としてみたり、更には戦争に賛成、ととらえたりしています。回答された各位には、そのような考えはないと感じています。

なので、考えには賛同できても、質問者さんの意見には賛同できない、となってしまいます。

投稿日時 - 2011-06-25 13:34:15

ANo.18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.17

私は自分自身が犯罪被害に遭い、殺されそうになりました。その時の恐怖は言葉では表せません。後ろから何度も首を切りつけられ、今でもその傷が残っています。

自分では見ることができないのが救いです。

失ったものはたくさんありますが、犯人が捕まっても憎いとか殺したいとか死刑とかという感情は湧いてきません。

家族が殺されても、そういう感情になるかどうかはわかりません。

ただ、今は犯人も出所しているので怖いです。


裁判員制度のように国民に交代で死刑執行をさせてみるというのはいかがでしょう。

投稿日時 - 2011-06-24 18:58:10

ANo.16

No1です。
反論が無かったらベストアンサーをください。

投稿日時 - 2011-06-23 19:30:21

補足

弁護はしませんよ。
やはり罪は償ってもらわないといけないですからね。
ですが、死刑だけはだめということです。
もし、死刑判決がでたら、いくら家族が殺されても自分だったら頭さげてまで死刑はやめてくださいって言うでしょうね。

ちょっと聞きたいのですが、もし自分の家族が殺された。
そして、怒りなどの感情によって復讐のために殺人者をまた自分で殺したとする。それは殺人になりまか?

結局死刑と殺人は同じことですよね。

死刑ってのは自分で殺人者を殺すことと同じですから。

投稿日時 - 2011-06-25 10:06:59

ANo.15

#6です。

反論がないようですが、他の回答へのリプライを見ると、死刑にも終身刑にも抑止力がないと思っているようです。しかし、データは抑止力があることを示唆しています。


> もし殺人と死刑が違うものだという考えていくならば、それは人間という動物を人によって差別していることになるんではないでしょうか

どこがどう差別なのでしょうか。差別と区別は何が違うのでしょうか。

私はこの違いは「理由」だと考えています。例えば女性が女風呂に入っても問題とならないのに男性が問題になるのには、相応の理由があります。したがってこれは区別です。しかしながら、白人用の席に黒人が座れないというのは理由がありません。これは差別です。

さて、殺人は犯罪です。死刑は犯罪に対する罰です。全く異なるものなので、これらが異なることは「区別」です。差別ではありません。


ところで、殺人と死刑が同じものだと主張するならば、終身刑や懲役と監禁とが同じものだという意見も正しいことになります。
監禁は罪になりますが、監禁と終身刑や懲役はどう違うのですか。


> なんらかの罪をつぐなうべきです。しかし、その罪として殺人者を殺すまではおかしいと思います。

罪と相応の罰として死刑が重すぎるかどうかは、その事件ごとに考える必要があるから、殺人即死刑、という制度であれば、質問者氏が正しいと思いますが、そのような制度にはなっていません。
しかし、相応の罰として死刑に値する事件は、少し世の中を眺めれば時々あります。例えば北九州監禁殺人事件は、その一つです。制度として死刑を廃止するということは、強制労働が原則として禁止されている現在の日本では、罪に比べて罰が軽すぎる、という結果を招くと思います。


> ではあのたの周りにいる憎たらしい人、あるいはすごく嫌いなひと、あんまり関わりたくない人が殺されたらどうしますか?> それでも死刑を望むのですか?

人ではなく事件によって死刑が相応かどうかが決まるので、誰だろうと大して変わりません。
それこそ、人の命の重さは平等ですからね。

投稿日時 - 2011-06-23 09:42:43

ANo.14

>死刑も殺人となんら変わりないですよね?
>そもそも死刑にしたってなにも変わらないと思います。


正にそのとおりと思います。
私も、死刑制度は絶対に廃止すべきと思いますす。

投稿日時 - 2011-06-23 08:23:59

ANo.13

死刑が国家による殺人で許されないと
いうのなら、罰金はどうでしょう。
国家による強盗ですね。
懲役や禁固はどうでしょう。
これも、国家による拉致監禁です。

死刑が殺人で許されないとするなら、罰金も
懲役も許されない、ということになるのですか。
するとそもそも刑事罰は総て許されない、と
いうことになりますね。

罰金や懲役は許されるとするのなら、その根拠を
示さないと、納得しないでしょう。

それに、死刑に威嚇力がない、とどうして断言
できるのですか。
威嚇力はある、とする意見も強いです。

殺人には衝動的なものもありますが、計算尽くで
理性的な殺人も多いですよ。
保険金殺人などはその典型です。
こういう犯罪者にも死刑は威嚇力がないと
断言できるのですか。

投稿日時 - 2011-06-23 06:02:57

補足

罰金もいいかもしれないですね。
死刑ってのは間接的殺人にすぎないですから。

いつも思うことがあるんですけど、死刑賛成の人は差別をしている人だと思うんです。
人の命の重さはみな違うとおもってるからそうゆうことが言えるんです。

あなたはどう思いますか?
殺人者の命は軽くて、被害者の命の方が重いと思いますか?

それから最近の殺人者ってテレビの前にどうどうと顔を見せたり、死にたいから人を殺して死刑になりたかったって言う人結構多いですよね。
だからそんなに抑止力もないと思います。
計画を立てて行う殺人も抑止力はあんまりないと思います。

そもそも殺人を犯す時ってそういう法律のこと考えないと思いますよ。
死刑になるってこと考えないと思います。

投稿日時 - 2011-06-23 09:40:15

ANo.12

人が皆平等で、人を殺すことがいかなる理由でもいけないことなら、殺された人はどうなるというのか、何の罪もないものが一方的に人権を侵害された上に生命を奪われ、一方でその加害者が人権尊重され、国民の血税で生かされ続けられるのか、馬鹿も休み休み言え。平和呆けした偽善者。

投稿日時 - 2011-06-23 01:42:41

補足

平和呆けした偽善者ってそれはあなたじゃないですか?
なぜ偽善者だってわかるのですか?
言ってることすべて間違ってますか?
そもそも法律だって人間が作ったものですよ?
人間ってのは間違いの塊だらけです。
ですので法律だって正しいとは言えませんよ。

じゃあ質問ですが、もし私が殺されたとする
それでも殺人者に死刑を求めますか?
どうなんですか?

もしそれで別にどっちでもいいしとか思うなら、それは差別ですよね。

それとあなた死刑賛成なら殺人も賛成していることになりますよ。

戦争も賛成の悪い方ですね。

なぜ人ってそのように自分が間違っていることに気づけないみにくい動物なんでしょうね。
おそらく知恵があるからでしょうね。
もっと知恵をなくして考えてみてください。

あなたは狭い視野しかみていないからそう言えるんです。

投稿日時 - 2011-06-23 09:30:36

ANo.11

全く話にならん大馬鹿ものみたいだな。つける薬もないとはまさにこのこと。

投稿日時 - 2011-06-23 01:36:14

補足

なんで大馬鹿なんですか?

じゃあ死刑は正しいんですか?
正当なことですか?

戦争も賛成ですか?

大馬鹿に思った理由を言ってください。
それなのに大馬鹿っていうのは許せないですね。

だいたい大馬鹿って言う人が大馬鹿なんですけどね・・・

投稿日時 - 2011-06-23 09:31:59

ANo.10

>なぜなら、死刑=殺人っていう認識があるからです。
いかなる理由でも人を殺すことはいけません。
ですから、死刑もいけないと思います。
ですから、罪を与えるならば終身刑という制度を取り入れるべきだと思いました。

死刑=殺人と考えるのですか?だからいかなる理由でも死刑はいけないと?

あなたの考えを借りるなら終身刑=刑務所に永久監禁ということになるかな。刑務所に永久監禁はどういう理由で良しとしているのでしょうか?これならばよいというその根拠は?

死刑=殺人で死刑に抑止効果が全然ないのだから死刑は駄目という主張されてますね。
終身刑には抑止力はあるのですか?


>遺族の方には申し訳ありませんが、感情的になりすぎて我を見失っていると思うのです。

大切な人が殺されるんです。遺族の人は感情的にもなりますし我を見失うほど泣くのです。そして、大概の人は怒り復讐したいと思うのです。でも、復讐はできません。

刑法に死刑がある理由は犯罪抑止力のためだけにあるのではなくてこういう被害者の応報的感情を満たす一面もあるという点を見逃してないですか?

もう少し死刑制度について勉強して、もう一度意見をまとめられる方がよいかと。
今のままでは死刑賛成論者からすればつっこみどころ満載ですし、反対論者の中からも廃止という点では賛同できてもそこに至る考え方の部分で賛同できないと言われそうです。

投稿日時 - 2011-06-22 23:48:18

補足

終身刑にも抑止力なんてものはありませんよ。
ではなぜするのかというとやはり殺人は悪いことですのでなんらかの罰を与えなければならないからです。
ですから終身刑の方がまだましといっているのです。
ほんとうならば殺人でもそのひとにいつかは更生の余地を与えてもいいんではないかとも思います。
確かに復讐は遺族の方は直接はできません。ですが死刑にしろという訴えは間接的に人を殺すことになります。
そして間接的に人を殺すのと直接的に人を殺すのはほとんど差異はないとおもいます。同じようなことです。
感情的な精神的なことに対して満たす一面があるとしても死刑はいけないと言っているのです。
どんな理由であれ死刑=殺人ですからいけないと思います。
死刑賛成の人って人間を差別しているような人ではないでしょうか?
だいいち死刑賛成っておかしくないですか?
殺人OKっていってるのと何ら変わりないですよ。
なぜみなそうやって自分の知識でもって考えようとするのでしょうか?

一回死刑に関する知識を全部すてて、すべてを疑ってみることも大事なのではないでしょうか?
これは本当に正しいのかと。
今の現代には昔デカルトがやった方法的懐疑という手法が重要な世の中ではないかと思います。

投稿日時 - 2011-06-23 01:28:53

ANo.9

目には目を的な感じでしょうね。人を殺した奴は、殺された物の悲しみを知るため自らも死ねと…まあ、死んだら悲しみを知るもくそもないのですがね。

僕も死刑には反対です。考え方は質問者様と大差ありません。死刑だって国家権力を借りた殺人行為ですからね。死刑執行人の精神的負担も相当なものです。人格が崩壊する人もいるとか…

死刑が間違っている事に気がついた国はすでに廃止を始めています。廃止国と準廃止国(10年以上死刑を執行していない国)を合わせれば、過半数に達します。世界的な風潮は、死刑廃止の方向に動いています。我が国も、この流れに乗る必要があるでしょう。

被害者遺族の気持ちはわからんでもないですが、個人的には「そこまでせんでも…」という感じです。仮に僕が身内を殺されても、死刑は望みません。関節的に自分が殺した事になりますからね。人を殺すという事は、大なり小なり理由があります。最近は無差別殺人が発生する事がありますが、それは例外的です。普通の殺人は、理由があります。
その理由を聞き取り、よく話し合えばこちら側にも非があったという事がわかるかもしれません。それを頭ごなしに否定して死を持って償わせるのは、高度な知能を持つ人間として如何なものかと思うわけです。

我々は、理性を持ってます。理性を持って冷静に対応すれば、目には目をの死刑の矛盾が見えてくるでしょう。

感情と本能に身を任せ、たんたんと死刑を唱える遺族の方は、さぞ単細胞な方々でしょうね。

投稿日時 - 2011-06-22 23:12:15

ANo.8

 拙劣極まりない論理であり、死刑と殺人を同義に捉える時点で無学低能、戯言としかいいようがない。宗教的には人が人を裁くことはできない、出来るとすれば神だけだということにでもなるのだろうが、現実には人が人を裁かねばならないし、また裁かざるを得ない。そのために人は法なるものを整備し、その法に則り人を裁いているだけのことである。
 
 道徳的にせよ法的にせよ、してはならぬことをしたのであれば、それは罪は罪として償わなければならない。犯した罪に対する懲罰はあって然るべきである。基本的にはそれを償うに相当するものでなければならないと考えられている。法に基づく懲罰・制裁としてあるのが刑罰(死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留、科料、没収死刑、刑罰)であり、究極が死刑、すなわち”命”である。あくまでもこれは法の下で行われるものであり、あなたがいうような”やられたらやり返す”なる無秩序で幼稚なものではない。殺人者は法の下に人によって裁かれ罰せられるのである。そして犯罪に対する究極刑として死刑があるのであり、それを選択するかどうかは法の下に裁定すれば良いだけのことであり、敢えて廃止する必要は何処にもない。そもそも殺人以上の罪でなければ死刑が求刑されること自体が無い。しかし裁判を行うにせよ、刑務所を維持するにせよ安からぬ費用がかかることさえ分からない訳ではあるまい。その裁判に多大な時間をかけ、人権の下に死刑囚でさえ、いつになったら執行されるのか分からぬその日まで冷暖房、食事つきで刑務所で保護される。国費という名の国民の血税を犯罪者の為に使って、だ。結局は回り回って善良な国民がその負担を負うことになる。唯一憂慮すべきことがあるとすれば”冤罪”の存在だが、冤罪の防止と死刑制度の廃止は別に論じられなければならない。

 死刑反対派はよく犯罪者にも人権などということを言い出すが、そもそも殺人という人権侵害をしているというのに、よくもそんな戯言が言えるものだと閉口する。犯罪者にも人権があるのは法の認めるところであり異論はないが、そもそも始めに人権侵害している時点でフェアではないし、そもそも被害者の侵害された人権は一体どうしてくれるのだということだ。自分の家族が殺されても決して死刑にしないというのなら、あなたの身内が殺されたときにあなたがその法廷で訴えれば宜しい。抑止効果があるかどうかは廃止してみないと分からないというのであれば、死刑を廃止して終身刑が究極刑になることが犯罪抑止にどう影響するかも分からないのではないのか。死刑制度の廃止変更はあなたが軽視しているところの法改定なしには出来ないことだ。やって見て犯罪抑止効果が無くなった、下がったでは済まされない。再び法改定をしなければ再開も出来ぬ。自分の主張が正しいと思うのなら、こんなところで匿名の相談をするのではなく、身内を殺された遺族達に直接諭して回ってみれば宜しい。あなたの主張が偽善でなく、真理であるのなら容易に出来るはずだ。出来ないのであればただの”きれいごと”、偽善、それこそ戯言に過ぎない。

投稿日時 - 2011-06-22 23:09:35

補足

拙劣極まりない論理であり、死刑と殺人を同義に捉える時点で無学低能といっていますが、それだから知識のある方はだめなんです。
それでは知識のある方が正しいとでも言うのですか?
そうではありませんよね。
逆に世の中知識のある方の方が間違っている。
誤解したままの偽善者が多いと思うことが多々あります。

なぜそのように知識を重要視しようとするのですか?

別に人を裁くのがいけないといっているわけではありません。
裁かなければ世の中自由で多くの犯罪がおきてしまいますし。
ただ死刑は殺人と似たようなもの、また、戦争と似たようなものだと思うのです。

少し知識をなくしてすべてを疑ってみることも重要なのではないかと思います。
知識のある人はその知識だけに目が向いてしまい、広い見方ができくなっているように思います。
知識のある方はすぐにそんなの無理だ。できるわけないだろ。
もっと現実的に考えろとか言いますが、まずは現実的でないことも考える。
広い視野をみるとこも重要ではないかと思います。

知識というものによって頭が洗脳されているのではないでしょうか?

なぜ死刑が戦争と同じようなことだって思わないか疑問に思います。
法律を考えないとすると、遺族の方は、死刑にしてくださいっていう気持ちは、その人を恨んでいるからですよね。
そして、その恨みによって死刑にしてほしいとゆう復讐の気持ちが戦争と同じようなことだと思うのです。

ちなみにやられたらやり返すってのは法律ではなく遺族の気持ちのことです。
法律ではやり返すのでなく罰することになるので。

投稿日時 - 2011-06-23 00:50:04

ANo.7

死刑反対論者には、凶悪事件(殺人・強盗殺人・強姦殺人等の被害者がいないからでしょう。

私は、大切な知人を強盗殺人で失っています。
遊ぶ金が欲しいという単純な理由で、財布を狙って抵抗されたから殴る蹴るの暴行を加え、意識不明になっても執拗に繰り返し、そのまま放置して逃走し、更には他人の車を盗んで逃げる途中で事故を起こして逮捕され、所持品検査で複数の他人名義のクレジットカード等を所持していました。
自供したのは、ビルの清掃員が発見して、被害者が所持していた会員カードから身元が判明し、警察でクレジットカード名義が一致してからです。

裁判でも、反省の態度がなく、抵抗したのが悪いと言い切る始末です。
そんな更生の可能性がない奴を、税金を使い生かせておくのですか?
反対論者は、その終身刑に必要な経費を計算していますか?
反対のための反対では、全く他人を説得したり同意させたりはできません。

投稿日時 - 2011-06-22 22:33:49

補足

全員が全員死刑反対論者には、凶悪事件(殺人・強盗殺人・強姦殺人等の被害者がいないからでしょう。ともいえないのではないでしょうか。
なかには自分の家族が殺されて、最初は死刑を考えていたが、死刑をしたら自分も同じ人を殺していることになるではないかと、死刑反対運動をしている方もいらっしゃいます。
確かに、大切な人が殺されると感情的になり殺したくなるのは分かります。
ですが、それって知人だからじゃないですか?
まったくの他人だったらどうなんですか?
例えば自分の少し嫌いな奴がいたとしたます。その人が殺されたらどうですか?
それでもその殺人者に必死になって死刑を求めますか?

もし、それで死刑を求めたなら、知人と他人、あるいは少し嫌な人を差別していることになりますよ?
人はみな平等です。
人はみな同じです。

なので知人だからというのはちょっとなぁと思います。

投稿日時 - 2011-06-23 00:37:52

ANo.6

> まったく抑止の根拠なんてありません。

国連の統計によれば、2004年時点において先進国において、死刑存置国と死刑廃止国の殺人率(10万人当たりの殺人事件被害者数)は
 存置国( 6カ国):1.71
 廃止国(31カ国):1.97
と存置国の方が低い。特に、存置国はアメリカを除くと0.88となるが、廃止国で0.88を下回る国はオーストリアとノルウェーだけであり、日本は10万人当たり0.5人と世界で最も殺人率が低い。

死刑が抑止になっていないとしたら、この差はどこから生じるのだろうか。



> ですから、罪を与えるならば終身刑という制度を取り入れるべきだと思いました。

何故、罪を犯していない人が罪を犯した人を養わなければならないのかね? この点を合理的に説明できるかね?

質問者氏の論法を借りるなら、全然知らない人が全然関係がないところで暴れるから、という理由で突然生活費を求められても応じないのと同じだから、終身刑はおかしなことだと思う。

投稿日時 - 2011-06-22 22:18:14

補足

でもおかしくないですか?
殺人=死刑だとなぜみな思わないのでしょうか?

もし殺人と死刑が違うものだという考えていくならば、それは人間という動物を人によって差別していることになるんではないでしょうか

たしかに人を殺すことは悪いです。ですからなんらかの罪をつぐなうべきです。
しかし、その罪として殺人者を殺すまではおかしいと思います。
殺人者だって一人の人間なんです。
ひとつの命なんです。
いい人であれ、悪い人であれ、人の命の重さはみな平等なはずです。
それなのに、死刑をするなんておかしいです。

あなたら、当然知人が殺されたなら死刑を求めますよね?
ではあのたの周りにいる憎たらしい人、あるいはすごく嫌いなひと、あんまり関わりたくない人が殺されたらどうしますか?
それでも死刑を望むのですか?

投稿日時 - 2011-06-23 00:58:29

ANo.5

重要犯罪を犯した人を、税金を使って養っているのはどうかとも思えますね。
無期懲役と言っても実際には仮釈放などがあるわけで、再犯の恐れがゼロとは言えません。
また死刑がある事による犯罪の抑止効果もあると思います。

確かに死刑に関しては反対論もあります。
反対論者が法務大臣になると死刑が行われにくくなります。
法に基づいた執行が行われない、私はこの方が問題だと思います。

現行法では死刑があり、そう決まっている以上それは守られるべきです。

投稿日時 - 2011-06-22 21:24:59

今は「第三者」的目線ですからそういえるでしょう。

私は死刑制度には賛成です。自己満足のために人を殺して、被害者の人権や人生を奪って言い訳がありません。NO1の方同様、自分の家族で被害者が出れば気持ちがわかるでしょう。

投稿日時 - 2011-06-22 21:17:45

ANo.3

>罪を与えるならば終身刑

無期、有期にかかわらず人を監禁し自由を奪うのは犯罪です。それはいけません。

とすると、死刑を犯した方には口頭で厳重注意ということでどうだろうか? 



.......となりそうです。(爆笑)

投稿日時 - 2011-06-22 21:17:04

ANo.2

私も死刑には反対です。考えも似ていますね。人が人の命を奪うことは許されることではない、と考えています。死刑制度に犯罪を抑止する効果はない、というのもその通りと考えます。

でも・・・ここに書かれているのを読むとどこか賛成できかねる、と思えてしまいます。死刑=殺人、ほんとんそうでしょうか? また、”やったらやり返す”どこかおかしくないですか? そして、”戦争に賛成しているようなもの”これは論理が飛躍しているのでは?

ということで、内容は良いけど主張には同意しかねることがある、となります。

投稿日時 - 2011-06-22 21:15:58

ANo.1

あなたの身内、親兄弟が殺されたら殺した人の弁護が出来ますか?

                
                 爺の独り言より

投稿日時 - 2011-06-22 21:05:59

あなたにオススメの質問