こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ブッシュ大統領は本気でそう思っていたのですか?

アメリカのブッシュ大統領はアフガンやイラクへの空爆でビンラディンやフセイン大統領を捕らえることが出来る本気で思っていたのですか?
もし、アルカイダが核兵器を持ったら地球は終わりですか?

投稿日時 - 2003-10-18 23:14:09

QNo.683212

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

それは本人に聞かないと分かりませんね。

ただ航空攻撃の信奉者には、敵を空襲で殲滅できるという考えが強いということは言えるでしょう。この考え方はイタリアのドウエに始まります。しかしこれには批判が多いのが事実ですし、今だかって空爆だけで敵の指導者を捕らえたり殺害したというのは、ほとんど成功していません。ただ飛行機が上空を飛行しただけで崩壊した政権もありますから、まったくないわけでもないのですけど、捕らえるとなるとまず無理でしょう。

アルカイダが核兵器をもったところで1発や2発では、できることは知れています。投射手段もないでしょうから、使用方法も時限爆弾や自爆に限られますし、そもそも小型のものでも重いですからね。

投稿日時 - 2003-10-19 06:23:46

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>アメリカのブッシュ大統領はアフガンやイラクへの空爆でビンラディンやフセイン大統領を捕らえることが出来る本気で思っていたのですか?

出来るとは思っていないでしょう。
特にフセイン大統領の場合は、直接巡航ミサイルで攻撃しましたので、仮に命中したとしても、判別は不可能でしょう。
それよりも、生死不明にしておいたほうが口実を作りやすいとか?

>アルカイダが核兵器を持ったら

どこかの国が関与しなければ、核爆発を起こす兵器は製造も入手も困難です。
(某TV局では爆縮する火薬の設計を解説つきで、そのまま放映してましたが)

核兵器も様々な種類がありますが、標的は常にアメリカに関連する国に限られていますので、終わりにはならないと思います。

投稿日時 - 2003-10-20 19:03:07

ANo.3

空爆で相手を捕らえることは先ず不可能ですが、相手を爆殺
することは可能です。

ビンラディンは未だに所在不明ですが、ブッシュいわく
「生死を問わず」捕まえろと言ってましたから、殺すか捕まえるか
したかったのでしょう。

フセインも同様です。イラク戦争の第一撃は、フセインが
潜伏していると思われる場所の空爆でした。
またアメリカ軍が彼の息子二人を殺害したことを見ると、
捕まえるというよりも命を狙ったと見たほうが、正解かと
思われます。

アルカイダが核兵器をもっても、核兵器を目標に命中させる
技術がないとまったく意味はありません。
確たる証拠がありませんが、ロシアあたりで開発済みと噂
されているアタッシュケースサイズの核兵器をアルカイダ
が入手すれば、それを使った自爆テロが世界各地の大都市
で頻発するでしょうね。

投稿日時 - 2003-10-20 11:33:58

ANo.2

K-1

空爆の弱点は「目標が死んだこと確認しにくい」ことです。
空爆の主な目的は継戦力を奪うことです。
第2次大戦でも度重なる爆撃により工場、都市が破壊され、戦争遂行能力がなくなって降伏となりました。
これで政権転覆を狙い、指導者を差し出させるのが目的だったのでしょう。

>もし、アルカイダが核兵器を持ったら地球は終わりですか?
核兵器といっても戦略核、戦術核とあります。
戦略はいわゆるICBMなどの核ミサイルで、アルカイダごときでは持てるものではありません。
となると戦術核ですが、小さいものではスーツーケースやボストンバッグに入る大きさです。
これを使ってテロを起こすことはあるでしょうが、地球が破滅するほどの威力はありません。

投稿日時 - 2003-10-19 18:43:06

あなたにオススメの質問