こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Sound Blaster 5.1VXの設定

PCで朗読を録音することをしています。

・マイク⇒オーディオテクニカのAT-VD6
・アンプ⇒同じくオーディオテクニカのAT-MA2
(アンプから赤白の2本線をオーディオケーブルで1本にしてPCのLINE INへ)
・録音ソフトAudacity

という環境で、雑音を減らせればと思って、
初めてサウンドカードを購入しました。
Sound Blaster 5.1VXです。

このサウンドカードはINがひとつしかなく、
MIC INもLINE INもどっちも同じ穴で、
選択の余地はないようです。

右下のアイコンからSurround Mixerというものがでるようになりまして、
これを設定しないといけないと思うのですが…。

(1)現在、ベーシックタブのソースのところは、
マイクをミュートしてラインイン100%です。

(2)その右の●RECというところが最初0にしていたのですが、
それでは録音できず、ラインインを選んで同じく100%にしました。
(他にはマイクと、再生リダイレクトというのが選べるようです)
オプションは「モニターしない」を選びました。

(3)Audacityでの右上プルダウンも、●RECと同じように、
ラインイン、マイク、再生リダイレクトが選べたのでこれもラインインに。
(しかし何故かSurround Mixerでマイクをミュートにしているのに、
ここでマイクを選ぶと録音できています…しかも波型はラインインより大きくなる。
そして再生リダイレクトを選ぶと何も録音されず波型は水平のままです)

以上のような設定で使って何か間違っている箇所があったら
教えていただけないでしょうか。

それと、この「再生リダイレクト」というものは、
しゃべりながらPCで音楽をかけると声と曲が同時に録音されるものらしいとネットでみたのですが、
試しにやってみようとしたら、音楽どころかそもそも声さえも録音できず、波型は水平のままでした。
(設定は、(1)はそのまま、(2)は(3)再生リダイレクトを選んだ状態で録音したら何も入力されなかった)

こちらももしご存知でしたら将来この「再生リダイレクト」使おうとしたときに参考にしたいのでおねがいします。(もちろん最初の質問だけでも回答いただけたら嬉しいです!)
長くなってすみません。読んでいただいてありがとうございました。

投稿日時 - 2011-06-25 19:22:14

QNo.6834566

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

再生リダイレクトは、その設定でいいと思うのですが。
再生のラインはミュートされていないですよね。
この機能は、本当にトラブルが多いですね。

ただ、このデバイスを使ったことがないので、よく分らないのですが、ご質問文に気になる記述があります。
****************************
(2)その右の●RECというところが最初0にしていたのですが、
それでは録音できず、ラインインを選んで同じく100%にしました。
(他にはマイクと、再生リダイレクトというのが選べるようです)
オプションは「モニターしない」を選びました。
****************************

この「オプション」は、ひょっとしたら、外部入力のモニタかもしれないです。
試しにオンにしてみるといいかもしれません。


あと、上記のこととは関係ないですが、Audacityのデフォルトでは、モノラル録音のようですが、ステレオに変更されているでしょうか?音に広がりが出るので、変更したほうがいいです。

Audacityのメニューの編集で、設定を選択し、出てくるダイアログのオーディオI/Oタブの中の、レコーディングのチャンネルで、選択できます。

また同じタブ内で、「レコーディングしながらほかのトラックを再生」をチェックすると、マルチトラックレコーディング時に便利かもしれません。

ご参考までに。

投稿日時 - 2011-07-12 06:08:33

お礼

いろいろ詳しく書いていただきとても助かりました。
参考に使いこなせるようがんばります。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-07-13 22:38:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

Audacityの別のトラックの音と、重ねて録りたい時は、Audacityのマルチトラック録音機能を使ったほうがいいと思います。別トラックでとれるので、それぞれのバランスを調整するとか、いろいろできます。

つまり、ラインインで録ったほうがいいと思います。
別のトラックの音を聞きながら録りたいときは、そのための設定がAudacityのどこかにあります。

また通常、再生リダイレクトは、別のソフトの音と外部入力を録りたい時に使うと思います。
たとえば、Youtubeの音を自分の解説付きで、リアルタイムにとるなどです。
いろいろな応用があると思います。

あと、Audacityで録音ソースの設定を変えても、それがベーシックタブに反映されないようです。
同じ設定でつかうように、常に両方変更したほうがよさそうです。

また、ベーシックタブよりOS標準のものの方が使いやすいので、試してみてもいいかもしれないです。

コントロールパネルのサウンドとオーディオデバイスの音量タブの「タスクバーに音量アイコンを表示する」をチェックすると、タスクバーから使えます。録音も再生のウインドウも両方表示しっぱなしで、使うと楽だと思います。

偉そうに書きましたが、私もよく失敗します。
ご参考までに。

投稿日時 - 2011-07-09 22:38:52

お礼

色々詳しくおしえてくださってありがとうございます。
再生リダイレクトはやっぱり上手く使えてないようです。
下記の私のお礼の文では、同時録音じゃないですものね。
別トラックになってしまっている。

ただ、Audacityとベーシックタブと両方を再生リダイレクトにすると、
PC上で鳴らしたいろんな音を同時に1トラックに録れました。
ただ、マイクからの音は一緒にならないようです。
(というかマイクからの音は全然入らない。波型水平)

タスクバー便利ですね♪
ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-07-11 22:55:57

ひどい長文になってしまいました。
間違いもあるかもしれないです。
面倒ならスルーでお願いします。

まず、ハードの設定で気になるところは、

以下のリンクのマイクロホンアンプAT-MA2の説明の中で、

http://www.audio-technica.co.jp/products/dj-plus/at-ma2.html

「各部の名称と機能」のところの、

6番目・・・最大の入力音声で点灯する程度に下げる。

これは、通常大きめのぎりぎりの方がいいです。
パソコン側のアンプより、このアンプで増幅した方が、いいからです。

あと、OS側(多分XPだと思いますが)は、少し複雑です。

まず、大きな基本として、パソコンでの音声には2種類あります。

1.今回のマイクのようにパソコンの外部から入力される音声。
2.iTuneやMedia playerなどの、パソコン内のソフトから出力される音声。

ベーシックタブの、ソースは、その両方の音量のバランスを調節して、サウンドカードから出力できるようにするためにあります。

一方、ベーシックタブの、RECは、外部からの音のうち、何を、どのくらいの音量で、録音するかのデフォルトを決めるためにあります。録音ソフトで何も変更しなければ、たいていこの設定で録音されます。

ややこしくしているのは、RECの中の、再生リダイレクトです。
ネットラジオなどで必要なため、最近いきなり注目されだしました。

これは、サウンドカードから出力される音声を、サウンドカードから出力するだけでなく、録音用にパソコン内にもう一度戻すラインです。

ですので、ベーシックタブのソースの設定しだいで、いろいろな音を録音できます。

以上から、

(1)について
このサウンドカードでは、ラインとマイクは同時に使えないので、今回はラインでいいです。

ラインとマイクの一番の違いは、出力レベルです。

取説をみるとわかりますが、マイク(AT-VD6)は、-52dBで、マイクアンプ(AT-MA2)は、-10dBVです。dBとdBVは、dBが電圧0.775Vを基準にして、dBVが電圧1Vを基準にしているなど、違うところはありますが、42違うと大まかに100倍ぐらい出力が違います。

つまり、マイクの小さい出力を直接受けるときは、マイクを選択。
そして、マイクアンプなどで増幅された出力を受けるときは、ラインを通常選びます。


(2)について
ラインインを、100%の音量で、録音することをデフォルトにしたことになります。

(3)について
Audacityは、デフォルト以外の録音ソースもソフト側で選ぶことができるのだと思います。
なので、複数表示されます。
今手元になくて未確認です。

そして、録音ソースとして、ラインインを選ぶと、ラインインが録音できます。

また、ベーシックタブのRECの音量スライダーはここで使います。
Audacityで録音するとき、おそらく、音量メーターが表示されると思います。
それが、0dBは絶対超えず、曲の音量が最大となるところで、ー6からー3dBの間くらいに入るようにベーシックタブのRECの音量スライダーを調整してください。
足りない場合は、もう一度マイクアンプで、ゲインを調整しなおしてください。
それでもダメなら、そのままでいいと思います。


また、マイクを選択すると、マイクアンプで増幅された信号を、マイクレベルと認識してしまうため、さらにサウンドカードでその音声を増幅したものを録音することになります。
なので、音量は大きくなります。

マイクアンプで、ゲインをしっかり調整していれば、不要です。

また、再生リダイレクトでは、その設定で録音できると思うので、もう一度試してみてください。
ベーシックタブのRECで、再生リダイレクトを選択して、スライダーを上げて、Audacityで再生リダイレクトを選択です。録音ソースとして、ベーシックタブのソースを調整すると、聞いたそのままを録音できると思います。

間違いもあるかもしれません。ご参考までに。
長文失礼しました。

投稿日時 - 2011-07-09 13:37:35

お礼

具体的な数値なども上げてくださってとても参考になります。
PEAKの設定、直しました。

再生リダイレクトについてはもう一度試したみたところ、
何故かベーシックタブのRECではラインインのままにして、
Audacityで再生リダイレクトを選択した場合に
マイクからの音声+Audacityの別トラックで流した曲が録音されました。

ベーシックタブのRECを再生リダイレクトにしてしまうと、
曲だけが録音されて声が入らない現象に。

設定はちょっと疑問が残りますが、声と曲の同時録音は出来ました!
ちゃんと使っていけそうです。
色々ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-07-09 15:12:56

あなたにオススメの質問