こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SANSUI AU-999の不具合について

SANSUI AU-999 プリメインアンプですが、1年ほど前に整備品を購入しました。
最近になってLchの音が出なくなりました。
ヒューズは問題なくヘッドフォンでもLchが出ません。
複雑な故障であれば修理に出すしかないのですが数個のパーツ換えなら自分でやってみたいです。
検査器具はデジタルテスター(廉価品)しかありません。
故障箇所の発見方法と考えられるケースがありましたらご教授頂けないでしょうか。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2011-07-01 11:33:41

QNo.6846810

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

デジタルテスターを交流の数ボルト程度のレンジに設定して、入力にFMのザーッという雑音を流し、ボリュームをある程度上げて回路をあたれば、入力からからどのあたりまで信号が行っているか判るかもしれません。もちろんスピーカーははずしておきます。

でもこれはある程度回路がわかって、プリント基板をたどれるという前提です。これが判らないといったいどこを見ているのかも判りませんね。

多分内部の回路をいじるのはテスターだけでは無理でしょう。

それよりも、入力部から出力に向けて、スイッチ、ボリューム、端子等をチェックして接触不良がないかを確認するのがまずやるべきことです。特にスイッチ類は結構接触不良はありますね。
またプリアウト端子があるはずですから、そこから信号が出ているかも確認しましょう。そこから信号が出ていれば、問題はメインアンプだということが判ります。これはプリアウト端子にテスターを当てるか、何か別なアンプ類にその信号を入れれば判りますね。

おそらくこれ以上の修理は初心者には難しいでしょう。

投稿日時 - 2011-07-01 15:55:21

お礼

早々のご回答有難う御座います。
早速、端子・スイッチの確認とプリアウトを見て見ようと思います。
それ以上は修理に出そうと思います。

投稿日時 - 2011-07-01 16:35:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

電気工具としてテスターだけのレベルで出来る事は
スピーカーのリレーの交換と切り替えスイッチを
接点復活剤でシューとやるくらいです、接点復活剤も
使用過ぎると他の回路に害を及ぼすので多少、使用法
の勉強が必要です。

基板とコネクターの世界なので触る事が出来ないです。
自力の修理は無理かと・・・

音が出ないとの事なので、スイッチかボリューム、
バランスなどの可変抵抗器の不良のように思えるのですが
接点復活剤でガシャガシャと動かして直れば良いのですが。

山水が中国にメッタメッタにされて、生産活動をしていない
現在、修理に出して使用する価値の有る機器だと思いますが。

投稿日時 - 2011-07-01 23:12:42

お礼

ご回答有難う御座います。
プリアウトをパワーアンプに繋いだところプリ部はすべて正常に動作しましたので
メイン部の故障が判明しました。
自己修理は不可能ですのでご指摘の通り修理に出そうと思います。
有難う御座いました。

投稿日時 - 2011-07-02 21:00:32

ANo.3

普通は「セレクターの接触不良?」等を想定し切り替えを微妙に操作し状態を観察します。

L-Chの信号が何処で途絶えるか?

後段からチェックして行きL-Chの増幅機能が何処まで正常か?

等のチェックを行います。

テスト用信号源は工夫して下さい。

投稿日時 - 2011-07-01 16:38:29

お礼

ご回答有難う御座います。
セレクター等の入力系統をもう一度点検して見ようと思います。

投稿日時 - 2011-07-01 19:58:04

ANo.1

Rch.は正常に音が出るのなら、左右両方に音を入れてLとRの違いをテスターで
たどっていって異常箇所を見つけてください。これだけで原因がわかります。
後は直せるかどうかです。

投稿日時 - 2011-07-01 12:58:46

お礼

早速のご回答有難う御座います。
原因だけでも分かればと思います。

投稿日時 - 2011-07-01 16:38:04

あなたにオススメの質問