こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本国債の市場流動性について

日本国債の市場流動性について質問させてください。
日本国債(今後は国債と呼ぶ)の市場インパクトについて研究をしています。国債に売買が市場全体に与えるインパクトを考えるために、1日の国債の取引量とアスク、ビットの関係を調べようと進めています。しかし、日本証券業協会にHPのデータでは月次の国債の売買取引しかなく、1日の取引量との比較をできません。他に何か方法はありますか。数学を学びましたので、何かモデル化できないかなあとも考えております。初心者なので、他に良いアイデアがある方いらっしゃいましたら教えてください。

最終的には、「国債を○○億円取引しても、市場に影響は与えないだろう」の○○を数値化したいのです。「市場全体の○%を取引しても影響を与えない」でも良いです。

投稿日時 - 2011-07-02 22:26:29

QNo.6850048

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

国債の売買は、主にオープン市場での現物売買と先物市場での先物があります。

インパクトは先物主導か現物主導かで大きく変わります。

債券先物でよろしければ、一日2兆円~3兆円くらいですかね。
タダ、これは現金ではなくて証拠金取引ですので。

それからやはりインパクトは間違いなく先物です。
それに現物がつられます。これは、株も原油も同じです。
東証の
http://www.tse.or.jp/about/ir/financials/market/jgbf.html
ここで先物の一日の出来高を見ることが出来ます。
一枚、1億4000万円です。証拠金は約2000万円くらいですね。

仮に、先物で証拠金(約7分の1くらいの金額)だけの小額の金額で売り崩しにあえばそれで現物に影響も与えます。

現物は新発と既存の債権によって形も変わります。

新発は日銀は買えません。機関投資家が買います。中古は日銀が買えます。

それと、既存の現物は日銀の買い入れに対しての応札形式ですので
5000億円の買い入れに対して 「私は100円」 「いえ私は99円」というような逆オークションで取引されていまして、結果的に安い金額で日銀が落札します。

ですので、応札倍率と最低落札価格と最高落札価格のスプレッドによって市場にインパクトを与えるパターンが多いです。

一番市場が気になるのは最低と最高のスプレッドです。スプレッドが少なければ少ないほど「国債の需要が高い」ということです。となると、債権上昇の可能性もあります。

債権は、先物、現物(新品)と中古 によって変わってきますし、応札倍率やスプレッドでも変わりますので正確に○○億円という数字を出すのは難しいですね。

まあ、シンプルに考えるのであれば先物です。先物で仮に1兆円クラスの売りが一発で出れば間違いなく暴落しまして現物に影響は与えます。

投稿日時 - 2011-07-03 02:44:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問