こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国内出願を基礎として欧州へ特許出願する際の審査請求

国内を基礎出願として、欧州へ出願する際にはPCTを経由して出願する方法と
直接欧州特許庁へ出願する方法があると思います。

PCT経由では審査請求期限は調査用写しの受領から3月(国際出願から約3ヶ月)
又は優先日から9月の期間のうちいずれか遅く満了する期間内にサーチレポート
(国際調査報告)が作成され、サーチレポートから6ヶ月でよいかと思うのですが、
直接欧州特許庁へ出願する場合は、どうなるのでしょうか。
国際出願日=欧州特許庁への出願日、サーチレポート=欧州調査報告から6ヶ月と
考えてよろしいのでしょうか。
また欧州調査報告は欧州特許庁への出願日からどのくらいでおよそ来るものでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-07-04 11:36:51

QNo.6853289

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足に対する回答です。

ざっとEPCの条文と規則を眺めてみましたが、サーチレポートの作成の時期についての規定は
見当たりません。特に規定はないのかも知れません。


Article 92 Drawing up of the European search report
http://www.epo.org/law-practice/legal-texts/html/epc/2010/e/ar92.html

Part IV Implementing Regulations to Part IV of the Convention
Chapter II European search report
http://www.epo.org/law-practice/legal-texts/html/epc/2010/e/rciv_ii.html

Rule 65 Transmittal of the European search report
Transmittal of the European search report
Immediately after it has been drawn up, the European search report shall be transmitted to the applicant together with copies of any cited documents.
http://www.epo.org/law-practice/legal-texts/html/epc/2010/e/r65.html

投稿日時 - 2011-07-06 21:12:39

お礼

度々のご回答ありがとうございました。
当方でも調べてみましたが、やはり決まっていませんか。
早ければ3,4か月とのことですが、別に聞いてみたところ
4、5年来ず、催促したという経験がある方も居ました。
EPの案件は審査請求期限の管理が一律で設定するのが難しいですね。

投稿日時 - 2011-07-07 16:59:24

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

補足に対する回答です。

EPの国内移行期限は31ヶ月です(規則159)

審査請求期限の法律上の根拠は、以下の規定です。
規則70で示す期限がすでに到来している場合には、国内移行の際に審査請求を行う旨が定められています。また、PCT24条等の規定によって、国内移行期限よりも前に審査請求期限を設定することはできないはずです。
http://www.epo.org/law-practice/legal-texts/html/epc/2010/e/r159.html

Rule 159
The European Patent Office as a designated or elected Office – Requirements for entry into the European phase
(1) In respect of an international application under Article 153, the applicant shall perform the following acts within thirty‑one months from the date of filing of the application or, if priority has been claimed, from the priority date:
(f) file the request for examination provided for in Article 94, if the period under Rule 70, paragraph 1, has expired earlier;

WIPOの資料の6頁目には、ISRの公開から6ヶ月か優先日から31ヶ月のうちの遅い方が期限であると記載されています。私の最初の回答は、訂正します。
http://www.wipo.int/pct/guide/en/gdvol2/annexes/ep.pdf

各国移行期限は、WIPOのページにまとまっています。国コードをクリックすると、各国での移行の詳細情報が入手でき、その中に審査請求期限も記載されていると思います。
http://www.wipo.int/pct/en/texts/time_limits.html

投稿日時 - 2011-07-04 14:47:07

補足

欧州特許の付与に関する条約の施行規則を読んでわからなかったのですが、欧州調査報告は何かの日を起算日としてどのくらい期間後までに来るというのは決まっているのでしょうか。
また、根拠も記載していただければと思います。
度々で申し訳ないですが、よろしくおねがいいたします。
なお、PCTの各国移行期限については教えていただいたwebサイトから確認できました。ありがとうございました。
>欧州調査報告は、早ければ通常は、出願から3~4ヶ月程度で来ますが、遅れることも多いです。

投稿日時 - 2011-07-06 14:01:13

お礼

ありがとうございました。
各国移行期限をこれから確認します。
また質問させていただくこともあるかもしれませんが、
その際はよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-07-04 17:17:05

ANo.1

弁理士です。

PCT経由の場合は、欧州移行と同時に審査請求期限が到来しますので、欧州移行時に審査請求を行います。サーチレポートから6ヶ月経過しても、欧州移行までは審査請求期限は到来しないので、この点に誤解があると思います。

直接出願の場合は、欧州調査報告の公開から6ヶ月以内です。
欧州調査報告は、公開前に出願人に送られますが、この送付日は審査請求期限とは無関係で、
その後に、「この案件は、〇〇月〇〇日に公開されます」というレターが来ますが、このレターに記載された公開予定日(the date on which the European Patent Bulletin mentions the publication of the European search report)が審査請求期限の始点となり、そこから6ヶ月です。

Rule 70 Request for examination
(1)The applicant may request examination of the European patent application up to six months after the date on which the European Patent Bulletin mentions the publication of the European search report. The request may not be withdrawn.

欧州調査報告は、早ければ通常は、出願から3~4ヶ月程度で来ますが、遅れることも多いです。

投稿日時 - 2011-07-04 12:55:39

補足

早速のご回答ありがとうございました。

欧州出願のPCT経由の場合は、国内移行期限が審査請求期限ということ承知しました。
疑っているわけでは勿論ないのですが、公的に上記が記載されているサイトなどはありませんでしょうか。

また、下記のwebサイトを見たのですが、EPの国内移行期限が30ヶ月でなく、31ヶ月ということでよろしいでしょうか。http://www.wipo.int/pct/en/texts/time_limits.html

欧州の出願とは別になりますが、
PCTの場合は全ての国が国内移行期限が審査請求期限になるということではないかと思います。
PCT経由で出願した場合の各国の審査請求期限について、起算日はいつで,期間はどのくらいというのが判るような情報媒体(公的なwebサイトあるいは書籍)などはありませんでしょうか。

よろしければ教えていただければと思います。

投稿日時 - 2011-07-04 13:53:02

あなたにオススメの質問