こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

祭神が応神天皇である神社の神紋とは?

私の住んでいるところは、近所には

・八幡神社

と言う神社があります。

この神社の祭神は”応神天皇”です。
ですが、
この神社の神紋は「下り藤紋」
なのです。

私のにわか神社知識ですが、応神天皇をご祭神とする神社の神紋は、

三つ巴紋”

では?と思うのですが、特にこういうのって決まっていないのでしょうか?
祭神が同じなのに神紋が異なるなんておかしいのでは? と思っているのですが、
こういうことは、よくあることなのでしょうか?

因みに、この八幡神社は、一時隣町にある春日神社に合祀されていたことがあるそうです。(現在は分社されています)

これが関係しているとは思われるのですが・・・だからって紋て変わるものなのでしょうか?

小さめで神主さんもいない神社ですし、神社役員の方もなんか頼りない・・・

一般的と言う言い方はおかしいのかな?とも思うのですが、
応神天皇を御祭神とする神社の紋は、なんなのでしょうか?
また、ご祭神が同じでも、神紋がちがう、変わるなんてことは、よくあることなのでしょうか?

投稿日時 - 2011-07-08 04:44:22

QNo.6861786

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず、日本で一番多い神社は「八幡神社」です。
その数は2万ほどと言われています。
これは、武家の総領である源氏の氏神であることで、武家社会の江戸時代に各地に勧請(分祀)されたからです。

八幡社の総本宮は大分県の宇佐神宮で、そこから京都の石清水八幡宮が分祀され、さらにそこから鎌倉の鶴岡八幡宮が分祀されました。
各地の八幡社はその三つから分祀されたものが多く、さらに分祀の分祀が繰り返されています。

八幡社の祭神は応神天皇(誉田別命)を主神として、比売神、神功皇后(息長帯比売命)を含めて八幡三神として祀られていることが多いです。
八幡を名乗っていなくても、八幡三神を祀っている例があったり、八幡を名乗りながらも別の神を祀っている例があったりして歴史の中で混沌となっているのが現実です。

神紋に関しても多伎にわたっており、総本宮の宇佐神宮でも、巴紋の他の紋も使用していますし、石清水八幡宮も同様です、また、鶴岡八幡宮は鶴丸紋が使用されています。
藤紋は藤原氏の代表的な紋で藤原氏の氏神である春日社に多く見られるのも事実です。
しかし、藤紋は春日社以外でも用いられる例があり、八幡であるから、藤紋がおかしいとは一概に言えません。
ご推察のように、春日社に合祀されたからとも言えますし、そうでないからかも知れません。

私は全国の神社を巡り、いろんなことを見聞しています。
どこの神社も正統だということは言えないことが分かっていますし、変だ疑問だと思うことも数多く遭遇します。
それらを調べることや興味を持たれることは歴史を知る上でもとてもいいことだと思います。
これを機に、お近くの他の神社も調べてみたらいかがでしょう。
もっと面白いことや不思議に出会えるかも知れません。
ちなみに、私事ですが今年に入って6月までで230社の神社を訪問しました。
特に、今年は震災復興の祈願も兼ねていますので、拍車がかかっています。

投稿日時 - 2011-07-10 13:16:04

補足

興味深い回答有難う御座います。
書き忘れましたが、合祀されたのが戦国時代とかかなり昔なら神紋が変わって特に疑問は持たなかったと思うのですが、合祀されたのが明治42年の明治新政府により布告された神仏分離令の時で、分祀されたのが戦後とどちらも比較的最近なので、勘違いしてるのかなぁ~と疑問に思っているところです。
もしかしたらこの出来事がきっかけで各地の神社とかでも同様なことが起こってたりしているんでしょうか?

投稿日時 - 2011-07-10 23:44:22

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

#2です。
ご承知の通り、明治期に入り、神社は国家神道のもと、内務省神社局により統制されるようになりました。
明治末期から大正にかけて、税支出を抑えるため、各地で神社の合祀がなされました。
明治42年に合祀されたとのことですから、まさにその時期ですね。
そのときの合祀策はかなりのもので、5社とか10社とかの合祀も珍しくありませんでした。
そうなると社名はもとより、祭神・神紋なども分からなくなる混乱はたくさんあったのではないかと想像できます。
戦後になり、地元民の要望で元に戻す復祀がおこなわれた例もあります。
復祀に際してもとの神紋が不明となっていたり、取り違えられたことは容易に想像できることで、質問者のご意見も一理あると思います。
同様のようなことがあったかどうかは分かりませんがあった可能性はあるように思います。

ちなみに、神仏分離令(神仏判然令)は明治元年の発令で、神社合祀令の発令は明治39年です。

投稿日時 - 2011-07-11 21:13:03

ANo.1

「春日大社」の神紋が「下がり藤」ですから、合祀されている間に、ごっちゃになっちゃったんでしょう、多分。

『玄松子の記憶:宇佐神宮』
http://www.genbu.net/data/buzen/usa_title.htm
『同上:春日大社』
http://www.genbu.net/data/yamato/kasuga_title.htm

投稿日時 - 2011-07-08 05:35:41

お礼

回答有難う御座います。

>>「春日大社」の神紋が「下がり藤」ですから、合祀されている間に、ごっちゃになっちゃったんでしょう、多分。

ですよねぇ~ 私もそう思うんですけど、なにせ神社とかに興味持ち出してまだ日が浅くって、いまいち確信が持てなかったんですが、参考になりました。
有難う御座います。

投稿日時 - 2011-07-08 17:28:35

あなたにオススメの質問