こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願いします。長くて御免なさい

The munber of old Mr and Mrs Grey by a young burglar was a rather unpleasant case.
Althongh blood matching that of the old woman had been found on the burglar's clothing,
the jury could not decide on the first day of discussion and spent a night in
a hotel before finding the defendant guilty the next day.
Judge Thomas felt they had made the right decision and was happy to close the case.
Then a letter arrived on his desk from one of the jurors.

"Dear Judge Thomas,I thought you should know how we made our decision.
When we were all having dinner at the hotel one of the jurors suggested
we try to find out what happended by using a crystal ball to contact the murder victims.
I did't like the idea but most people thought it would be a good joke.
Anyway,we all sat around the table looking into the ball and calling for Mr and Mrs Grey.
Suddenly it went very dark and an old man's voice whispered 'It was that young burglar who killed us.
You've got to find him guilty tomorrow!'
When some of the jurors head this they were very frightened,especially the woman.
It was longer a joke. I really don't know wheather I believe what I heard.
Anyway we all agreed on a verdict of guilty the next day."

This letter worried Judge Thomas. In general juries are free to decide their verdint in secret,and even
the judge has no right to question them.
However this event took place at the hotel at night when they were supposed to be resting,not discussing the case.
It seemed to have influenced many of the jurors and it could mean their decision was unreliable. Should he interfere?

投稿日時 - 2011-07-16 01:15:23

QNo.6878463

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

     グレー老夫妻が、若い窃盗犯によって殺害された事件は、どちらかといえば不愉快な事件だった。老婦人の血液と同じものが窃盗犯の衣類に発見されたが、最初の日には陪審員は結論に達することが出来ず、翌日容疑者が有罪だとの結論に至るまでホテルに一晩泊まった。トーマス裁判長は、陪審員の決定は妥当だと思い、事件を閉じた。陪審員の一人から彼の机に一通の手紙が届いたのはその後である。

    「トーマス裁判長様、あなたは私たちがどのようにして結論に至ったかお知りになりたいだろうと思います。ホテルでみんなが夕食を取っている時、陪審員の一人が殺害された被害者と連絡を取るためクリスタルボールを使って何が起こったかを再現してみようと切り出しました。
    私はこれがいい考えとは思いませんでしたが、殆どの人はいいジョークだと思いました。
    いずれにせよ、みんなテ-ブルを囲んでボールを覗き込み、グレー夫妻に呼びかけました。
    急に辺りが暗くなり、老人の声が『私たちを殺したのはあの若い泥棒だ、明日あなた方は有罪にしなくてはならない」とささやきました。これを聞いた陪審員の一部には、怖がるものが出、特に女性の一人は恐ろしがりました。
   もうこれはジョークではありませんでした。この声を信じていいのかどうか私は分かりませんでした。
   とにかく、翌日、私たちは有罪の判決に同意したのです。」

   この手紙はトーマス裁判長を心配させた。普通陪審員は秘密裏に判決の議論をする自由があり、裁判長と言えどもこれに疑義をさし挟む権利は無い。しかし、ホテルで睡眠を取っているはずの夜間に、事件の議論をしないで、この出来事は起こっている。

    これ(この出来事)は、陪審員の多くに影響を与えたように見え、彼らの結論は信頼出来ない可能性がある。彼は異論を挟むべきか。

   (クリスタルボールは、占い師などが運勢判断に使うガラス球のことです)

投稿日時 - 2011-07-16 02:23:37

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)