こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

タイの法律 傷害事件

東南アジア、タイ王国で傷害事件が起きた際の現地警察の対応について
質問します。被害者はバンコクで移動中、面識のない加害者に凶器で顔面を
殴られ、鼻を裂傷し、3針縫う怪我を負いました。
犯人は警察によって逮捕されましたが、この場合通常タイの法律では加害者は
どのような刑罰を受けるのでしょうか? そして被害者は
加害者よりいくらくらいの慰謝料を受け取るのでしょうか?
なにぶん、異国の法律でありますのでご存知の方は少ないと思いますが、
タイに住んでおられた方、タイの法律を学んだ方、今現在学ばれてる方。そして
実際にタイで傷害事件に巻き込まれ、怪我をなされ慰謝料を受け取った事がある方。
もしおられましたらいかなる些細な情報でもかまいません。
教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-07-17 00:11:45

QNo.6880293

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

No.3です。
まだ、社員ということなのですが、
警察は刑事事件として動いてくれていますか?

こちらは日本と違って、警察だけでなく、弁護士でも刑事事件の請求ができると聞いた記憶があります。
もし、刑事が動いてないのでしたら、弁護士に相談しても良いかもしれません。

精神的にも辛い勝負だと思いますが、納得行くかたちで終われることを祈っております。

投稿日時 - 2011-08-07 01:13:11

ANo.3

下の方が詳しく説明されてますので、
補足

民事で慰謝料はたぶん。無理です。

まず、民事で手続等で6ヶ月ぐらいかかります。
当然、勝つでしょう。で支払命令がでます。
実際支払うか支払わないか、猶予がでますので、猶予が与えられたあと、

相手が支払ってくる可能性なんてホトンド無いと思います。


で、強制執行をしたい旨、裁判所へ行きます。
当然、強制執行の許可がでるでしょう。

で、裁判所では、財産なんて探してくれません。
自分で相手の財産を探します。ここまでで早くても1年ぐらいはかかると思います

財産も自分で探さないといけないので、大変です。


その間の弁護士費用等すべてこちら持ちになりますし・・・
相手の財産探す場合も、実費がかかります。で、お金を払って探してもらうのはいいけど、
依頼先がホントに探してるかも疑わしい物になると思います。

その時間と費用をかけて、強制執行の許可が出ても、

そんな急に凶器で攻撃してくるような奴はろくな財産持ってないと思います・・・


民事ではなかなか難しいんじゃないかと思います・・・

投稿日時 - 2011-07-22 08:43:54

補足

>>まず、民事で手続等で6ヶ月ぐらいかかります。
当然、勝つでしょう。で支払命令がでます。


コメントありがとうございます。相手はTRUEMOVEの制服を
着た、SIMカードの販売員です。
少なくとも一ヶ月1万バーツの給料はもらってるはずですので、
本人が支払いを拒否した場合は病院の診断書をもってTRUEMOVEに苦情に
行きます。とにかく、タイに住む、そしてタイに来る日本人のためにも
大使館と一丸となって道理を通してみたいと思います。

投稿日時 - 2011-08-02 02:52:04

ANo.2

NO.1 の説明に不足がありましたので補足致します。
(基本的に日本の法律と、内容的にそんなに違いはないと思います)

慰謝料を受けとるのであれば、当事者同士の示談が成立しない場合は、被害者が加害者に対して、民事訴訟を起こす必要があります。
そして民事裁判にて、もし被害者が勝訴すれば、「加害者は被害者に対してXXXバーツ支払うこと」という判決が下されますので、この時点で被害者は初めて法的に慰謝料を受け取る権利が発生します。

そして、もし加害者が期限内に判決内容の債務を履行しない場合は、「強制執行」ということで加害者の財産の差し押さえ等の措置が取られます。

但し財産の差し押さえに関しては、タイ国の民事訴訟法にて限度額が決まっています。家財道具から何から被害者の全財産を差し押さえできるわけではありません。

例えば家財道具は5万バーツ相当、家計収入のための道具(例えば農家ならトラクターなど)は10万バーツ相当分は差し押さえ対象外です。
被害者の給料も家族分合わせて1万バーツは控除対象外です。
上記の数値基準ですと、タイ人の貧しい家庭の場合、殆ど支払う必要なし(支払う為の財産が無い)ということになります。

もしかしたら質問者様が誤解されているかもしれないので、もう1点補足致します。
「慰謝料」はあくまで民事訴訟の話であり、刑法に基づく刑罰は全くこれとは別物です。

たとえ被害者が、加害者から、たくさんの慰謝料を受け取って満足したとしても、それとは関係なく、タイ検察庁は傷害罪の刑事事件として、刑事訴訟の手続きを進めます。そして裁判所から、傷害罪として刑法に基づいた刑罰(懲役または罰金)が課せられます。
(器物破損罪や名誉毀損罪など 例外的に、被害者が告訴しないことにより、刑事訴訟が行われない場合もあります。しかしながら殺人、強盗、強姦、傷害、窃盗、不正取引など多くの犯罪は、被害者の意向に関係なく、警察が犯人を逮捕して、検察が刑事訴訟を起訴し、裁判所が刑法に基づいて判決を下します。これは日本でも同じです)
もし裁判の判決のより前に、加害者が被害者に対して慰謝料を支払っていれば、それが情状酌量と考慮され減刑される可能性はありますが、刑罰そのものは消えません。

それとタイ刑法の定めで、殺人、強盗、強姦、傷害などの重犯罪の被害者は、国から補償金を受け取れることになっています。(詳細はNO.1のとおりです。)これは言わば国が払ってくれる慰謝料みたいなものです。犯人が逮捕されていなくても、十分な証拠があれば支払われます。但し今回のケースは、犯人が逮捕されたとのことなので、最終的に有罪判決が下されて、訴訟が完結されてからの、補償金の支払いとなります。

投稿日時 - 2011-07-21 04:06:10

補足

補足のコメントありがとうございます。
また回答が遅れて申し訳ありません。
ちょうど、先週末に傷の縫合抜糸後一週間が経ち、ようやく
少しずつですが活動できるようになってきています。
今週中に警察署に行き、加害者から慰謝料支払いの可否の返事を聞き、
仮に支払いを拒否した場合は即刻刑事手続きに入りたいと思っています。

そこでお聞きしたいのですが
>>刑事訴訟による慰謝料と民事訴訟による慰謝料の2通りあります。

とありますが刑事訴訟の慰謝料の請求は
警察署で手続きを進めるというふうに考えてよろしいでしょうか?

また
>> 上記の慰謝料も自動的にもらえるわけではなく、相応の証拠書類の提出が必要です。

とありますが医師によって書かれた診断書がありますが、これが一番大事と考えて良いので
しょうか?

タイの事情にお詳しい方とお見受けした為、多少込み入った質問を
させていただきましたが、ご協力いただければ幸いです。

投稿日時 - 2011-08-02 03:24:26

ANo.1

当方タイ在住です。法律の専門家でもなんでもないのですが、素人の範囲内で多少の知識はありますので、以下回答させていただきます。ご参考になれば幸いです。


(1) タイの刑法:傷害罪

刑法295条:2年以内の懲役、または4000バーツ以内の罰金(もしくは懲役、罰金の両方)

但し、負傷の度合いが重く、心身に後遺症が残る場合(例えば視覚障害、聴覚障害、精神障害などを後にもたらす場合)→ 刑法297条:6ヶ月以上10年以内の懲役。

刑事訴訟の判決内容は上記の法律の範囲内で、被告の前歴、犯行の動機などを考慮して判決を下されます。

(2) 慰謝料について。

刑事訴訟による慰謝料と民事訴訟による慰謝料の2通りあります。

前者は刑法に定められている慰謝料で、国から支払われます。(殺人、傷害、強姦などの刑事事件に関係する慰謝料です)

例えば医療費:実費払い但し上限30000バーツ。
その後のリハビリ費用:実費払い但し上限20000バーツ。
治療、リハビリにより喪失した収入の補填:1日200バーツ 最大1年分

刑事訴訟による慰謝料の金額は、日本と比較するとかなり低めに設定されています。
上記の慰謝料も自動的にもらえるわけではなく、相応の証拠書類の提出が必要です。
それと当然ながら、刑事訴訟により加害者が有罪判決を受けて、訴訟が完結されないと支払われません。

後者の民事訴訟による慰謝料で、これは被害者が別途民事訴訟を起こし、加害者に直接慰謝料の支払いを請求します。こちらの方が、前者以上に証拠の提出が面倒なのと、仮に、被害者の要求する金額の支払い命令の判決が最終的に出たとしても、加害者側に支払い能力が無ければ実質無意味になってしまいます。


いずれにしても慰謝料を請求するのであれば、弁護士を立てる必要があるでしょう。
勿論自力でやっても良いのですが非常に煩雑で多大な労力と時間が必要ですし、相応の法律の知識も必要です。

それと、もし被害者の方が日本在住の日本人の方であれば、慰謝料の件は非常に厳しいかなあと思います。
というのも慰謝料を請求~もらえるまでの過程で何度か裁判所やその他関係当局に足を運ばなければなりません。
他人に代行してもらえるのもありますが、当事者本人が出頭しなければならない場合もあると思います。

海外保険の適用はできないのでしょうか?

あともうひとつ方法として、法的手段にでない当事者同士の示談です。
例えば加害者が会社員であれば、その会社側と話をする等など。(但しその会社に法的な慰謝料の支払い義務は全くありません)

投稿日時 - 2011-07-17 17:50:22

補足

回答してくださってありがとうございます。

自分としては慰謝料をきちんと払ってもらいたいと考えているのですが、
仮に加害者が慰謝料を支払わなかった場合、どういう刑事罰を受けるのか?
それが重要であり、知りたいと思っています。
慰謝料を払わないのであればしっかりと刑罰を受けるべきなので
そこのところをわかりうる範囲で説明していただければ幸いです。

投稿日時 - 2011-07-20 08:20:48

あなたにオススメの質問