こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

貴方の記憶に残るプロゴルファーを教えて下さい!

先日来全英オープンに釘付けとなっております。
予選落ちした石川遼君他の日本人選手は大変残念でした、そして唯一決勝ラウンドに進出した池田君には是非頑張って欲しい。
それにしても61歳にして未だ現役世代と互角に戦うトム・ワトソンは素晴らしい、同伴競技者・ファンに対する気配り、全盛時代とさほど変わらぬけれんみの無いスイング、彼には体力の続く限り我々ファンの前にその勇姿を見せて欲しいものです。

さてここで皆様に御聞きしたいのが、貴方の好きな・そして記憶に残るゴルファー、年代を問わず又その理由・背景等有りましたら併わせて御願い致します。

因みに私の場合、前述のトム・ワトソン他

グレッグ・ノーマン⇒私がゴルフを始めた時既にスーパー・スターであった彼は、同時にジャック・ニクラウス他アメリカ選手に対する敵役的存在でもありました。
永らく世界ランク1位の座にあった彼も、ラリー・マイズの奇跡的バーディーそしてニック・ファルドに6打差を逆転されたマスターズに代表される通りメジャーでは勝ち運が無く、結局手にした栄冠は全英オープンの2度のみ。
或る種その悲劇性、そして躍動感溢れるパワフルなスイングが記憶に残る名選手です。

セベ・バレステロス⇒若き天才・スペインの星と称された彼の早世は悔やまれます。
ゴルフ・キャスターの戸張氏が全英オープンの放送に於いてその事に言及した際、胸が熱くなり涙が出そうになりました。
闘志を前面に押し出した彼のアグレッシブなゴルフは、長くゴルフ・ファンの記憶に残る事でしょう。

投稿日時 - 2011-07-17 07:27:21

QNo.6880623

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

せっかく全英OPの話題を出されていますので、
記憶に残る、という一点だけで回答させていただくと
「ジャン・バンデベルデ」ですね。

ご存じかと思いますが、
1999年の全英OP「カーヌスティの悲劇」の主人公です。
ライブで観ていて、スーーッと出てきた無名の彼を
知らず知らずのうちに応援していて・・あの最終ホール。
クリーク横で靴下を脱ぎ始めた姿に「やめとけ!!!」と
叫んだ人は意外に多かったんじゃないでしょうか。

あれ以来、メジャーでは何打差あってもセーフティではない、
何か大ドンデンがあるかも・・と思って観てしまいますし、
今年、個人的に応援していたDクラークに対しても
「最後まで油断するなよ~!」と勝手に心配していました(笑)

投稿日時 - 2011-07-20 19:09:22

お礼

>「ジャン・バンデベルデ」ですね。

当時無名のフランス人ゴルファーですよね、あの年の全英オープン・ウイナーは忘れてしまったが、彼の逆転負けは鮮烈に憶えています。
確か最終ホールを3打差で迎え、クリークに入れてプレーオフ突入というパターン、今も語り草ですよね。

>今年、個人的に応援していたDクラークに対しても「最後まで油断するなよ~!」と勝手に心配していました(笑)

私も最後はDクラークの応援、奥さんを亡くされ男手一つで御子さんを育てたと聞き、優勝の瞬間はジーンとしました。

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-07-20 21:13:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私が一番記憶に残ってる、というか好きだった選手はチ・チ・ロドリゲスですね。

バーディ取るとやるあのグリーン上のパフォーマンス「剣の舞い」、大好きでした。

もうあういう個性的な選手は出ないんでしょうか・・・・ちなみにyou-tubeで剣の舞いを見ようと思って検索したんですが、見つかりませんでした。どなたか見られるサイト、ご存知ではないでしょうか?

私的な話ですが、谷将貴プロのスクールに行ったとき入学書類に「好きなプロ:チ・チ・ロドリゲス」と本当に書いたら、谷プロに「いろんな生徒さんいますが、こんな名前書いた人は初めてですよ」と大爆笑されました・・・・

投稿日時 - 2011-07-21 10:02:34

お礼

>私が一番記憶に残ってる、というか好きだった選手はチ・チ・ロドリゲスですね。

そういえばそんな人いましたねぇ、完全に忘却の彼方でしたが「剣の舞い」って懐かしいなあ。
回答者様は渋い方がお好みなんですね、失礼ながら谷将貴プロが爆笑するのも分かる気がします。

但し今ウィキで調べたところ、ゴルフの世界殿堂入りしている由、実は大選手だったのですね、私は彼の晩年しか知らないもので・・。

回答賜りまして、誠にありがとうございます。

投稿日時 - 2011-07-21 19:17:20

ANo.2

私の場合は、やはりジャンボ尾崎プロが一番記憶に残っています。

1990年代、とにかくジャンボは強かった!
ツアー通算113勝、賞金王12回は前人未到の記録でしょう。
90年代は、ジャンボ軍団の台頭で、国内男子ツアーの賞金額も非常に高かった!
94年と96年は賞金王に輝くとともに、獲得賞金額も史上初の2億円突破!
当時は、グレッグノーマンやトムワトソン、去年のシニア賞金王ベルンハルトランガーなどもシーズンオフには来日して、ジャンボとテレビマッチなどをやっていたものです。

今年は、世界ゴルフ殿堂入りも果たしましたが、なんと東日本大震災を理由に式典をキャンセルし、弟の尾崎直道プロが出席するという異例の事態。。
実際に、募金箱を手に街頭に立つ姿は、非常に印象に残りました。

私生活では、暴力団とのつながりを指摘されたり、2005年には自己破産もしましたね。
そういうこともあり、国内では賛否両論の評価があるようです。

色んな話題を振りまいてきたジャンボ尾崎プロ。
記憶に残るプロゴルファーという意味では、彼をおいて他にはいないと思っています。

投稿日時 - 2011-07-18 19:21:30

お礼

>1990年代、とにかくジャンボは強かった!

その通りですね、1980年代後半から1990年代にかけてJPGAはジャンボ一色、そして私が考える歴代国内最強ゴルファーも間違いなく彼、その才能・ポテンシャルは群を抜いており、彼に青木功の如き精神力と海外志向があれば、メジャー・タイトルを取るのも夢ではなかったと思います。

話は変わりますが、常に「世界の・・」と形容される青木は、世界のゴルフ・シーンに於いて我々が想像する以上に相当の大物らしいですね。
練習レンジで弾を打っているタイガー・ウッズでさえも、彼が声を掛ければ直立不動で挨拶するとか。
ジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレーヤー、グレッグ・ノーマン等の超大物とは御友達付き合い、最近はメジャーの解説をよくやっておりますが、海外のメディアにも彼のファンが少なくないらしいです。

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-07-18 21:39:02

ANo.1

要求されているのは優勝などの実績が多い
有名プレーヤーだと思うのですが
私は、日本のレッスン方法の転換を提唱した
坂田信弘プロが心に刻まれています

坂田プロが「ゴルフ進化論」で
それまでバラバラであった言葉の表現を
判りやすく説明し、特に、アマチュア向けに
レッスンを準備された事が現在の日本の
ゴルフ事情の進度を何倍にも上げたと思います

もし、坂田プロが居なかったら、私たちは
いまだに、いろいろな意味のわからない表現に
惑わされていたのではないかと思うのです

小学生から高校生までを集めてプロ養成の目的で
ゴルフ練習場やゴルフ場の協力を求めて
ゴルフ環境を整えて言ったのも坂田プロの貢献が
大変、大変、大きいと思います

現在有名なレッスンプロの中でも
坂田プロの教えを、違った表現で表して平気な
方も多数いらっしゃいます

皆さんの周りにも坂田プロの影響を受けて
ゴルフに精進なさった団塊世代やその弟子達が
沢山居るはずです

長くなりましたが
参考まで

投稿日時 - 2011-07-18 09:02:49

お礼

回答ありがとうございます。

>要求されているのは優勝などの実績が多い有名プレーヤーだと思うのですが

いえいえ、ゴルフに関連する人物であればどなたでも結構ですし、当然坂田信弘氏も存じております。
その昔「ゴルフダイジェスト」でコラムを持っていた熊本出身の人ですよね、確か漫画「風の大地」のモデル兼原作者でもあるはずですが。

彼がジュニアのレベル向上に尽力した事は有名ですし、アマチュア・ゴルファーとして学ぶべき点も多いと思いますよ。

投稿日時 - 2011-07-18 18:54:17

あなたにオススメの質問