こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願いします;;

When he was sentenced to 15 yaers in jail for robbery Joe MacDonald knew prison life would be tough.
After about a yaer he had started to get used to the borebom,plain meals,and limited access to the outside world and to his family.
But there was one thing he could't get accustomed to:smoking.
Most of the other prisoners smoked,even though it was difficult to get cigarettes,and nowhere was somking banned.
The worst thing was that he shared a cell with a man who smoked five packs a day.
When Joe asked him at least to cut dwon,he just laughed:Smoking is the only pleasure I have here."

Furthermore,when Joe asked prison guards to move him to a call on his own or one with only non-smokers they didn`t take him seriously either.
After all,Joe was a criminal and this was a jail,not a holiday resort.
They didn`t have enough room to let prisoners choose their own cells.
But Joe felt quite serious about the mater,especially when he atarted to get coughs.

When the prison doctor visited him he said it was just a cold.
But Joe knew that doctors had recognised the dangers of passive smoking,and courts were beginning to support them.
It was not only smokers,but non-amokers near them who risked getting lung cancer and heart disease.
At least people on the 'outside'had some chance of avoiding smokers.
What could he do locked in the same small cell with a smoker up to 23hours a day?
Well,he decided,the,8th Amendment of the US Constitution banned "cruel and unusual punishments."
Surely being forced to face a serious health risk was just such a punishment?
He decided to file a suit against the prison authorities.

投稿日時 - 2011-07-17 19:44:04

QNo.6881814

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ジョー・マクドナルドが強盗で15年の刑を言い渡されたとき,彼は刑務所生活が大変なものになるだろうことは分かっていた。約1年もすると,退屈さにも質素な食事にも,そして外の世界や家族にふれるのも制限されることにも慣れてきたのだ。しかし,一つだけどうしても慣れないものがあった。それはタバコだった。他の受刑者のほとんどが,タバコを入手するのが困難であるにもかかわらず,喫煙者だったのだ。しかも,喫煙はどこでも禁止されてはいなかった。最悪だったのは,彼が一日5箱吸う受刑者と同じ独房になったことだった。ジョーがその受刑者に少なくてもタバコの本数を減らしてくれと頼むと,その受刑者は笑って「タバコは,俺がここでやれる唯一の楽しみなんだ」と言ったのだ。
さらに,ジョーは自分一人だけの独房に移してくれとか,でなかったら,タバコを吸わない人と一緒にしてくれと看守に頼んだのだが,看守はそんなのにとりあってもくれなかった。結局,ジョーは犯罪者だったし,ここは刑務所なのだ。休日のリゾート地ではない。受刑者に自分の独房を選ばせるほどの余裕もなかった。しかし,ジョーはこの問題を本当に真剣に考えていたのだ。特に,ジョーが咳をしだすとなおさらだ。刑務所医が往診にきて,ただの風邪だと言った。しかし,ジョーは医者たちが受動喫煙の危険性を認識しているのを知っていたし,裁判所だって,そんな医師たちを支持するようになってきていた。肺ガンや心臓病になる危険性があるのは,喫煙者だけではなく,その喫煙者の近くにいる非喫煙者も同じことなのだ。少なくても,「外の」世界にいる人たちには喫煙者を避けることもできる。しかし,一日23時間も狭い独房に喫煙者と一緒に監禁されている彼に何ができると言うのだ?まぁ,彼は米国憲法修正第8条が「残酷な尋常でない刑罰」を禁止していると考えたのだ。それは,確かに深刻な健康の危険に直面せざるを得ない状況に無理矢理おかれることは,そのような刑罰になるでしょう。彼は,刑務所当局を訴えることを決意するに至ったのだ。


まぁ,だいたいこんな感じでしょうか。参考になれば。

投稿日時 - 2011-07-17 22:43:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)