こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車運転時のイヤホン使用

神奈川県の道路交通法が改正され、イヤホンが使用できない(もしくは片耳のみの使用)
ことになったと聞き、しばらくその指示に従って片耳のみで音楽を聴いていました。
しかし下記URLのサイトのQ7には、

>イヤホンやヘッドホンの使用形態や音の大小に関係なく、安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態であれば、違反となります。

と書かれており、私には安全確認に必要な音(車のエンジン音など)が聞こえるタイプの
イヤホン(インナーイヤー型など)である程度の音量ならば両耳で音楽を聞けると解釈しました。

この解釈で特に問題はないでしょうか。
問題がなければ、インナーイヤー型イヤホンを購入する予定です。
今のところカナル型イヤホンを片耳のみで使用しています。

http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf0261.htm

投稿日時 - 2011-07-21 02:12:22

QNo.6889181

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

該当法令箇所をそのまま引用します。
>大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

これを法令上正しく解釈すると、
「大音量で音楽を聴く行為」または「イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く行為」
この二つが禁止事項になります。
それらに対して「安全運転に必要な音が聞こえない状態」
ですので、カナル型ヘッドホンという形態は
耳栓と同じですので、片耳での運転の危険行為と認定される恐れは在ります。

で、こういう法を実際に執行するのは
現場警察官の裁量権に任されていますので、
禁止になったばかりの条例違反を疑われる人が
目の前を通り過ぎて職質もしない…
そんな現場警察官はいないでしょう?

そして。これは危険行為だ!と認定されれば
めでたく検挙です。

貴方のような質問者には
「李下に冠を正さず」という格言をお送りします。

投稿日時 - 2011-07-21 17:57:01

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

これなら 聞こえる 良いと
判断が 難しいので 両耳は ダメです。

方耳って言うのは 通勤ラジオの様な 一個のイヤホンは 許可みたいなもので 少し緩く 決まった
有りがたく 受け取る解釈です。
音楽プレイヤーの場合 方耳だけ装着なら 免除 両耳は いかなるイヤホンでも ダメは ダメです。

自転車乗りながら 聞かなくても良いと思いますが・・・

投稿日時 - 2011-07-21 09:31:49

ANo.2

>イヤホン(インナーイヤー型など)である程度の音量ならば両耳で音楽を聞けると解釈しま
>した。
違反行為になります。
よく、車の音が聞こえるから問題ないという解釈をされる方が多数いますが、最近はハイブリド車両が増えています。
車両の接近音が、両耳イヤホンで聞こえない場合も多々あり、自転車も法律上は車両となりますから、安全運転にはならないので違反とされています。
要は、音量の大きさではなく、両方の耳を「塞いだ」状態では相談者さんが考えているより危険察知の能力が低下してしまいます。
人間の耳は、左右の音の違いで方向や距離を感じ取ります。
相談者が、両耳で聞いていても安全確認ができるかもしれませんが、皆がそれをできるとはいえません。
ですから、区別することなく法律の平等性ですべての人に対して違反行為としています。

投稿日時 - 2011-07-21 05:26:55

ANo.1

ダメでしょうね。

法文の「大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等」というのは「安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態」の例示です。

つまりイヤホンやヘッドホンを使用して音楽等を聴いていたら、法上は「安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態」なのですから違反になります。

Q7の「イヤホンやヘッドホンの使用形態や音の大小に関係なく」というのは、オレは周りの音がちゃんと聞こえていると言い張っても、イヤホンヤヘッドホンを着けていたら、どういう形であれ法律上は「安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態」なので違反ですよ、と言っているだけです。

投稿日時 - 2011-07-21 04:08:41

あなたにオススメの質問