こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

宗教責め

革命や、権力打破には、
新興宗教と呼ばれる勢力が重要な役割を担ってきたことは歴史が証明してると思うんです。
近年の中国の思い上がりは、許しがたいものがあると思うんですけど、
中国国内での、破壊工作の一つとして、
宗教責めのようなものを行ったらどうでしょう。
レッドチャイナに対しては、アメリカも苦々しく思っていることは確かですから、
アメリカにあげてるお金を中国の破壊工作にまわしても文句は言わないんじゃないですか。
中国を何とかするには、民衆を味方につけなくてはなりません。
民衆の心を一つにするにはやはり宗教をうまく使うべきだと思います。
中国は都会と田舎の格差が想像を絶するものがあります。
ですから不満をため込んでいる田舎の人たちを取り込んで、
内部から破壊していくのがいいと思います。
もしかするともう、日本政府はやっているかもしれませんけど、
一応詳しい人がいると思うので、
確認のために質問してみました。
この辺の詳細について教えてください。

投稿日時 - 2011-07-25 00:41:09

QNo.6897467

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

残念ながらあなたと反対の位置にあるのが宗教です。
そして、中国政府はそのような宗教に容赦しません。

易姓革命といわれる中国の歴代王朝は宗教によって倒されてきました。
故に宗教には非常に厳しく、信者が増えたという理由だけで指導者が銃殺されます。
キリスト教も政治活動はしませんと宣言した上に特例扱いです。

そんなことより、中国の中流階級層は信心などない人達です。
現世主義者なのですから賄賂を送った方が確実です。
各地で中央政府と対立する軍閥は米国が作り出したものですね。
勿論、日本は脅されて金を出しています。
幸か不幸か、それが対立の資金源になっています。

投稿日時 - 2011-11-03 02:47:41

ANo.3

『  人類の進歩を可能にするのは、どんな種類の人間でしょうか。それは天才たちです。ですから、あなたがたは天才たちを再評価して、彼らが地球を指導するのを可能にする必要があります。
 これまで権力を握ってきたのは、他の者より肉体的に力が強い野蛮人、こうした野蛮人をたくさん雇える資産家、希望を振りまいて、民主主義国家の国民の心を巧みに捉える政治家、といった人たちです。そして言うまでもなく、野蛮性を合理化する組織を踏み台にして、自分たちの勝利を勝ち取る軍人たちに、次々と権力を与えてきたのです。
 あなたがたが決して権力を与えてこなかった唯一のタイプの人間こそ、人類を進歩させてきた人たちです。車輪や火薬、内燃機関、原子力などを発明した人たちです。こうした天才による平和のための発明は、彼らより知性の劣る権力者が、しばしば殺人のために利用して恩恵を被ってきました。こういうことを変えなければなりません。
  ――――――
   統治形態の変遷小史
 人類が誕生して以来、一体どのように人間は統治されてきたのであろうか。
今でははっきり言えるが、まず最初は、最も強い者たちが、自分たちの掟を他の者たちに物理的に押しつけたのである。
 強者はその力によって、富や財産を蓄積していった。強者の子供たちは、その富を相続し、こうして強者の統治は有産者の統治へと移っていった。
 有産者は統治し、彼らの従者の中で最も知恵のある者たちによる緒発見によって、次第に知識を獲得していった。
 次に有産者たちは、専門知識人による統治を実現するため、かれらの知識を民衆のすべてには与えないように気を配った。
 こうした専門知識人たちは、世襲の優越性を一般民衆に信じさせて、民衆を搾取し抑圧し虐待したのである。
 やがて民衆は、こうした専門知識人たちを打倒し、自分らを統治する他の専門知識人たちを民主的に選び出すにいたった。
「権力の座についた知識人」であった。
 しかし、知識は知性ではない。だから、事はうまく運ばない。なぜなら、知識というものは、どんなコンピューターでも行うことのできる記憶作用にすぎず、それによって問題の解決策を発見することはできないからである。
 そこで「統治する知識人」は、その権力を保持するために、天才たちの発明を利用し、善意の発明家たちが考え出したものを殺人目的に利用した。
 ついで「統治する知識人」は、管理の技術を教える高等専門学校を創設した。つまり、「高級官僚」の養成である。これらの高級官僚は、他者の発明を、自分たちの利益のために利用して統治することを学んだ。
 権力を持つ天才が、権力を持つ知識人にとって代わらなければならない。
高等専門学校が提供するのは天才では全くなく、いっぱいに詰めこまれた記憶でしかない。良識と知性を獲得するのに、この学校を卒業する必要はない。
 どの世代も、発明家たちを生み出すが、人類という種の生存を危険にさらすために、権力がそれを利用する。そして、こうして利用され裏切られた発明家たちは、自分の発明品が、罪もない人びとを殺りくするために用いられるのを見て、嘆く。
 こうしたことは、もう続いてはならない!
 人類を今も進歩させ、また常に進歩させてきた唯一の人びとに、権力を与える時である。それは、統治している時に、自分たちに何ができるかを示す機会をすべて持っていた、筋骨たくましい乱暴者や有産者、専門知識人、政治家、軍人のいずれでもない。そうではなくて、それは、自分たちに何ができるかを示す機会を全く持つことができずにきた唯一の人びと、すなわち天才たちである! 
  ――――――
 思考し、反省し,想像することに他の者より適した者が、社会の管理のために利用されるべきである。それは、人体が脳細胞を、その管理のために利用するのと同じである。
 天才をして人類に奉仕させること、ここにこそ「天才政治」の意義がある。
  ――――――
所得格差の是正から貨幣の廃止へ
世界中のあらゆる政府が、所得格差を減少させるための計画を立案している。フランスではその差は六倍以内に、またスウェーデンでは、既に格差を四倍以内におさえ、~そして、この傾向は労働時間の短縮傾向と連動しながら、全地球上で所得格差がO(ゼロ)になる日まで続いていくだろう。所得格差がなくなるとき貨幣はもはや何の役にも立たず、そのとき何の問題もなしに、貨幣を廃止することができるのは明らかである。おそらくその時、もしくはそれより少し以前に、次の根本原理があまねく認められることになるだろう。すなわち「すべての人間は何の代償もなしに、その出生から死亡に至るまで、快適な生活を享受する権利を有する」    ( ラエル著 ) 』

 社会に発明をもたらし、生活物資を供給し続けた人びとは 天才たち であると記されていますが、
 “  どの世代も、発明家たちを生み出すが、人類という種の生存を危険にさらすために、権力がそれを利用する。そして、こうして利用され裏切られた発明家たちは、自分の発明品が、罪もない人びとを殺りくするために用いられるのを見て、嘆く... ”
 現代_社会において、権力を手にした人間、誉められるものではありませんが、それは「権力の座についた知識人/統治する知識人/高級官僚」つまり 各国の政治家 & 官僚と言うことではないでしょうか ?
 ~【 これらが好き勝手を行ううちは地上_地球上から紛争/戦争/殺人は無くならない! 】~ と明記されているのではないでしょうか 。
 現政権を 変革 とし、人類を今も進歩させ、また常に進歩させてきた唯一の人びとにすなわち天才たちに権力を与える時である、そして【 所得格差の是正、所得格差がなくなるとき貨幣はもはや何の役にも立たず、そのとき何の問題もなしに、貨幣を廃止することができるのは明らかである  】の実現をめざすべきではないでしょうか ?←これらを達成しようとしない政治/その愚政策は、新聞・テレビ報道を見てのように人々を犯罪に巻き込むものその犠牲者被害者を生み続けるだけの殺人指導政権/殺人権力と 断言 するべきではないでしょうか。 党利党益党略だけの眼晦ましの微々たる‘手当て’微々たる‘補償制度’に だまされてはならないのではないでしょうか。

『  現在のあなたがたの科学技術を、暴力や軍備、少数者の個人的利益といった誤った目的にではなく、人々の幸福のために使うなら、あなたがたは、すぐに本当の意味でのエデンの園、つまり地上の楽園に住むことができるでしょう。科学技術によって、人類は世界中で飢えの心配から完全に開放されるばかりでなく、働かなくても十分暮らしていけるようになるのです。日々の退屈な仕事は、オートメーション化のおかげで、機械がすべてきちんと片づけてくれます。すでに地球上でも、最新式の設備を誇るいくつかの工場では、ついこの間まで、一台の車をつくるのに数百人を要していたにもかかわらず、今ではコンピュータの監視員がひとりいれば十分なまでに進歩しています。一台のコンピュータが、車を組み立てるためのすべての操作を指令し、管理しているのです。将来、この最後のひとりもいらなくなる日が来るでしょう。これは、労働組合にとってはあまりうれしいことではありません。企業は以前ほど多くの人員を必要とせず、首切りが続出するでしょうから。
 しかし、これがそもそもおかしいのです。何百人分もの仕事をこなせるような素晴らしい機械は、経営者というひとりの人間を富ますためにではなく、その何百人かの生活を支えるために使われるべきなのです。だれも、人に仕えたり給料のために働いたりしてはなりません。   ( ラエル著 ) 』

 “何百人分もの仕事をこなせるような素晴らしい機械は、経営者というひとりの人間を富ますためにではなく、その何百人かの生活を支えるために使われるべきなのです。” と記されていますが、
その時がすでに始まっており年々科学は進歩し機械は人の倍以上の働きをみせる、それに取って代わられる人類・人々への補償を人道的そして第一に考える政策それが本当の民主主義、国家を代表する政治・政治指導と断言するべきではないでしょうか。
 「天才政治」がもたらす科学技術の進歩、機械化の恩恵を人類すべての人びとにて享受する地球_社会これこそがうそ偽りの無い指導体制と断言するべきではないでしょうか。

 「権力の座についた知識人/統治する知識人/高級官僚」つまり 各国の政治家 & 官僚 、それらがもたらす間違い/人災/災害をなくし、人類の平和と未来のための「天才政治」確立、めざしたいものです。

『 真に価値ある政体はただひとつ、人道的人類主義にのっとった天才政治のみである。資本主義は間違っている。それは人間を金の奴隷と化し、他人を犠牲にしてまで優位に立とうとさせる。共産主義も同様に間違っている。自由よりも平等が重要視されているからである。人間は生まれたときは平等に扱われなければならないが、その後はそうではない。だれしもが人間らしい生活を送る権利をもっているのならば、社会のために何もしない者よりも、同胞のために他人よりもずっと多く働く者のほうが、多くの恩恵を受けることになるのは当然のことである。これは、人類が、通貨を完全に廃止し、自己の開花のみに専心できるよう、すべての仕事をロボットにまかせられるようになるまでの暫定的な規則である。だが、一方で飢えに苦しむ人たちがいるにもかかわらず、他方では値崩れを防ぐために食糧を投棄するなどは恥ずべきことである。食糧を投棄するくらいなら、何も食べる物のない人たちに分けてやればよいのである。』

投稿日時 - 2011-08-07 21:42:32

#1様に大賛成。
あなたのご意見をこんなところに埋もれさせておくには惜しいです。

>もしかするともう、日本政府はやっているかもしれませんけど

いいえ、日本政府はいくら無能でもそこまで馬鹿ではありません。

ぜひ、あなたのご意見を実現させたいものです。
アメリカや日本の議会で発表してください。
満場大爆笑で世界中平和になって万歳です(爆笑)。

投稿日時 - 2011-07-25 13:48:52

ANo.1

あなたの考えは素晴らしいです。
ぜひチャンスがあれば公の場で発表するべきです。
あなたのような頭脳明晰な人を埋もれさせておくのは日本の大きな損失です。
ぜひ実行してください。

                  爺の独り言より

投稿日時 - 2011-07-25 07:48:12

あなたにオススメの質問