こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

将来海外で暮らすための英語の勉強法

将来海外で暮らす予定なのですが、どのように英語の勉強を進めていくべきでしょうか。
仕事場では英語は使わないので、日常生活が送れるくらいのレベルになりたいです。

ちなみにこの間初めてTOEICを受けて、今日結果が来ました。
合計465点でした。リスニングが305点、リーディングが165点。
リーディングは時間が無くなってしまって、最後の方は手を付けられませんでした。

順調に行けば海外に行くのは3年後くらいです。
それまでに最低ラインまでは力をつけたいです。

ちなみに今回はほとんど対策をせずに受けたんですけど、
(DSの英語漬けと高校生の時使ってた単語帳、文法書くらい)
やはりTOEICの問題集や参考書で勉強するべきなのでしょうか。

洋画を何度も見てセリフを一字一句理解できるようにしたり、
洋楽で発音を練習したりした結果、TOEICの点も上がった、という話を聞いたのですが。
その方が実際に生活で使う上でも役に立つのかな、と思ったり。

リーディングの中でも文法の正答率は76%だったので、
基本は出来ていると思うのですが・・・。


勉強法についてと、一日にどれくらい勉強するべきか、ということについてアドバイスをください。
実際に使えるようになるには英会話教室などに通った方が良いのかもしれませんが、
時間と予算の関係で無理なので、独学で、という方向でお願いします。

それと、TOEICは最低何点を目指せば良いでしょうか。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2011-07-27 23:21:26

QNo.6904033

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

レスポンスを拝見しました。お仕事で行かれるのですね。だったら、お仕事のことを、同業界の人に英語で説明する練習を、お独りででもするといいです。繰り返しますが、あくまでも同業界の人への説明です。と申しますのは、どこの業界にも、その業界独特の用語や言い回しがあるもので、一般人にわかる言葉に訳せば通じるというものではないからです。

逆に、どの国の言葉であれ、一般的な会話を任せられる通訳はいくらでも見つかりますが、業界に詳しい通訳はそれほど多くないはずなので、業界の用語や言い回しだけでも、あなた自身が説明できると便利だろうと思います。

社内などに業界関係の英文資料があればコピーさせてもらい、あるいは業界関係の記事が雑誌やネットにあれば活用し、あなたが日頃知っている仕事について、どのような英語で説明すればわかってもらえそうなのか、研究するといいです。日々触れているお仕事のことですから、ご自身も興味を持ちやすいでしょう。

ちなみに、業界用語の大半は固有名詞や外来語(例:日本語が英語になった「manga」、英語が日本語になった「コンピュータ」など)なので、案外と、ご存じの仕事用語を並べるだけで通じ合えたりします。これを下手に、一般人にわかりやすい言葉に噛み砕こうとして、その過程で苦手意識が出たりすると本末転倒です。

上達したら、仕事で扱っている書類を訳す練習をするといいでしょう。ちなみに、「TOEICは今の点で大丈夫」というのは、あくまでも日常生活を想定した場合です。仕事上の交渉などもするのであれば、800点くらいは欲しいところです。ただし、今はどんなお仕事をするのかもおわかりにならないわけですから、できる範囲内で力を伸ばしていけばいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-07-29 14:29:26

お礼

お礼が遅くなってしまいすみません。
仕事に関して説明できるようにするのですね。
確かに専門性の高い業界なので、特有の言い回しがありそうです。
TOEICも頑張ってみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-07-31 14:46:57

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

目的が決まっているなら、その目的に向かって勉強したほうがいいです。

海外は英語圏でしょうか。また、お仕事で行かれるのではなく、日常生活で英語を使うことになるということでしょうか。だったら、旅行会話集か何かを丸暗記したほうがいいです。できるだけご自分が生活するうえで使いそうな例文をピックアップして、実際に使うご自分を想像しながら練習すると身につきやすいです。旅行用の会話集ならガイドブックの巻末にも付いています。

大きな書店には「旅行」以外にもさまざまな目的に合った会話集があるので、目的に合わせて買うといいでしょう。こうした会話集をある程度、制覇したら、自信がつきますので、他の教材にステップアップしても効果が上がりやすいです。例えば、好きになれる絵本を訳してみるとか、好きになれる映画脚本を音読してみるとか。とにかく、好きになれる教材・素材を使うといいです。

もしも将来のお仕事や何かの勉強のために渡航するなら、その専門分野で使われる英語を勉強するといいです。例えば業界用語を覚えたり、尊敬する人のインタビューを一本、理解できるようになるのを目指すとか。

もしも英語圏でない国に行こうとしているのなら、最初から、その国の言葉を勉強したほうが役に立ちますし、また、現地で尊敬されます。

TOEICは、普通に日常生活を送る分には、465点で「最低ライン」はクリアしていると思います。一方で、留学などをご検討されているなら、留学先の学校によって点数(たいてはTOEFL)の規定があるはずです。

投稿日時 - 2011-07-28 17:34:47

お礼

目的に向かって勉強したほうがよいのですね。
会話集、探してみます。
仕事で派遣されるのですが(しかし仕事場では日本語です。)、
実はどこの国に行くかが直前までわからないので、
とりあえず英語を話せれば役に立つかと思いまして。
TOEICは今の点で大丈夫なんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-07-29 13:57:33

あなたにオススメの質問