こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

相続税の申告は、相続人が個別にすればいいのですか?

被相続人の財産が、概算で8300万ほどあります。(土地、建物、株券含む)
相続人は兄弟3人、私、質問者は次男です。
基礎控除は、5000万+1000万×3=8000万なので、被相続人の死後10カ月以内に相続税の申告、納付をしなければいけないと思うのですが、長男が遺産の大半を管理しているのに、遺産分割協議も、分割の実行もいまだにされません。また、遺産の中には、三男が自分の名義で投資ファンドに投資している資金、推定1880万が含まれます(時価不明)。三男は、自分名義だからそれはすでに自分の物、と思っているようで、正確な金額も言わず、相続税の申告なども、眼中にないようです。
10か月以内に申告、納付しなければ、重加算税などの罰が課されると聞いています。
分割協議が完了していない場合は、法定相続分で相続したものとして相続税を申告、納付しなければいけないようなので、私だけさっさと申告、納付しようと思うのですが、税務署は受け付けてくれるんでしょうか?

投稿日時 - 2011-07-29 22:30:58

QNo.6908314

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご質問の核心は、相続税の申告書は相続人全員の氏名が載ってるものが通常だが、他の相続人をほかって置いて、自分だけ相続税の申告書を提出できるかということですね?
ほかの相続人が申告義務に疎いが、自分が払う分まで無申告加算税や延滞税をかけられるのはたまらんという事でしょう。

結論をいいますと、できます。

被相続人の残した財産内訳書をわかる範囲で作成して、それを法定相続分で分割した場合での率で計算して「自分の納める相続税額」を算出して納税してしまいます。
その後、他の相続人が相続税の申告書を出すさいに、貴方の申告書とは金額が違ってきます。
他の相続人については「無申告」ですが、あなたの分については修正申告扱いになります。
協議分割整っての修正申告ですから義務的修正といわれますが、加算税の対象になりませんし、納めすぎてるなら更正の請求を出す形になり還付がうけられます。

「遺産分割が済んでないどころか、協議分割の話もでてない。法定相続分だけでも申告して納めておく」という方は、結構多いです。無論、財産も適当に記載するというニュアンスです。
未分割なので、それもありとして税務署では申告を受け、期限内申告あつかいに「あなただけ」してくれます。

国税庁が指定してる相続税の申告書は規定用紙ではありますが、「相続人全員がまとめて申告すべし」という規定はないのです。
相続人がA,B,Cといて、AとBの記名押印のある申告書と、Cの記名押印のある申告書の2通の提出をしても二重申告ではありません。納税義務者が違うからです。
最終的には「ひとつの相続に対しての課税」を精算するとして税務署長が職権更正をします。
その場合でも、期限内申告をしてる者に加算税は有利な取り扱いがされます。

未分割だからと、ほかっておくのが最悪です。
自分の分だけでも申告してくれと税理士にいえば作成してくれます。

投稿日時 - 2011-07-30 13:41:45

お礼

早速のご回答、それも私の知りたいところを良くご理解いただいてのご回答、ありがとうございます。知りたいのはまさに、自分だけ申告できるか、したほうがいいか、と言うことです。
税理士に依頼したらいいのですね、ありがとうございました。早速そうします。

投稿日時 - 2011-07-30 20:13:15

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

「相続税の申告は、相続財産が分割されていない場合であっても上記の期限までにしなければなりません。
分割されていないということで期限が延びることはありません。
 そのため、相続財産の分割協議が成立していないときは、各相続人などが民法に定める相続分又は包括
遺贈の割合に従って財産を取得したものとして相続税の計算をし、申告と納税をすることになります。」

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4208.htm

投稿日時 - 2011-07-30 11:38:09

お礼

早速のご回答、ありがとうございます。
やはり申告しないといけないのですね。

投稿日時 - 2011-07-30 20:07:42

あなたにオススメの質問