こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電験3種の勉強法

 現在電験3種の資格取得に奮闘中。普通高校を出て電気関係の勉強は初めて、50代の男性です。  電験研修センターのDVD 通信講座で勉強をして2か月。今年初受験。何とか“法規と電力”をとりたいと思っていますが、今日H22年の試験問題を解いたところ、両科目とも40点にも満たず。計算問題が解説を見ても理解できません。そこで、この講座で勉強している人(出来れば合格した人)にお聞きします。また独学等で合格した人で何かあればアドバイスください。
 1)テキストと模擬問題集だけで合格ラインまで到達できるでしょか。
 2)別途問題集等を使用したのであれば、お勧めの本があれば教えてください。

試験まであと1カ月上記の講座を中心に最後まで頑張りたい。ぜひアドバイスください。

投稿日時 - 2011-08-05 21:16:03

QNo.6923861

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1)
私は、テキストと問題集で勉強しました。
ですが、なぜ電検が難しいのか、その理由の一つに、公式を丸覚えしただけでは解けるような問題が出てこない事です。
では、どういった勉強が必要なのか、それは公式の意味を少しでも理解する事です。
例えば三相の消費電力の式、
 P = √3 V ・ I ・cosθ
ですが、
この式の元の式は、
 P = 3 ・ Vf ・ If cosθ  (fはFhaseで相の意味)
で、単相分の3倍を指していて、それを線間電圧VL、線電流ILを使用すると、
 P = 3 ・ Vf/√3 ・ IL ・ cosθ
 P = 3 ・ Vf ・ IL/√3 ・ cosθ
になる為、結果的に
 P = √3 VL ・ IL ・cosθ
になるという式です。
ただのVとかIだけではなく、Vf、VL、If、ILが隠れているわけです。
もう一つ、このつながりで、VfをIf・Zにして展開すると、
 P = 3 ・ Vf ・ If cosθ
  = 3 ・ If ・ Z ・ If ・ cosθ
  = 3 ・ If^2 ・ Z ・ cosθ
  = 3 ・ If^2 ・ Z ・ R / Z
  = 3 ・ If^2 ・ R
となり、電力は抵抗でしか消費されないと表現される式に成ります。
こういった、地道な基礎を固める事が実は合格への近道だったような気がします。

しかし、今年もあと少しの時間しか無いと思いますので、付け焼刃ですが今年の予想問題を解く事に重点を置くと良いと思います。

2)
問題集は、過去問題のものと、今年の予想問題のものとを繰り返し行いました。
予想問題からは、何問か似たようなものが出てきました。

投稿日時 - 2011-08-05 22:28:27

お礼

アドバイス有難うございます。まったくそのとおりです。計算問題の公式は重要なものは暗記しましたが、完全に理解していません。あと1カ月過去問と予想問題を使って頑張ります。

投稿日時 - 2011-08-05 23:45:57

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問