こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

就職について

こんにちは。現在大学3年生で女性です。
タイトルの通り、就職について悩んでいます。自分は理系(工学部,化学系)です。
大学卒業後、大学院に行こうか、就職しようか考えたところ、長く研究を続けたいとは思わなかったので、就職しようと思っています。しかし、自分がいったいどういう職業につきたいのかわかりません。
大学の交換留学で、1年間アメリカに留学した経験があり、英語を存分に生かせるような仕事がしたいです。できれば、外国人とも直接かかわるような機会がある仕事をしてみたいです。
わたしにはこんな職業があってるんじゃないかというのがあれば、教えてださい。 また、大学3年生の夏休みにこれはしておくべきだということがあれば、ぜひ教えてください。
回答よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2011-08-07 01:02:27

QNo.6926352

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

1.総括
僕の友人には海外で働いていたり、よく海外出張に行く人が多数います。
英文科卒などは皆無で、工学部や経済学部などを出た人が多いですね。
つまり、「英語は道具」として使えればいいわけで、
「求められているのはスキルややる気なんですよ」ってことですね。

もともと海外志向があったというよりも、徐々に出てきて、
それなりに対策をして相思相愛な感じでその会社に入って頑張ってる、と言う感じです。

2.ともかく行動せよ
当たり前なんだけど今の時代も海外で働けるのは一部のエリートです。
エリートは能力はもちろん、何よりも努力家じゃなきゃなれません。
どんな形であれ、努力家であって下さい。
多くの人が就職活動直前にたらたら動いて、何となく受けて玉砕して行きます。
取り繕ってもすぐにばれるし、受かりません。
そして志望も叶わず、言い訳して、つまんない人生になってしまいます。

「これ、やったらいいのかな?」は全部やって下さい。
そしたら行けます。
やらなきゃ行けません。当たり前ですけど、人生そういうもんです。

3.具体的な考え方と動き方
その場合は外資かメーカーがいいですね。
僕の友人で外国いる奴や外国によく行く奴の全員がそうです。
きちんと対策して望めば受かる、そうじゃなきゃ落ちる。
当たり前ですが、9割ぐらいの人ができていないですね。

まず外資の場合、友人のケース(国立・数学科卒)ですが学部時代に
外資を考えて、学部時代からビジネスコンテスト、インターンに行ってました。
また「忙しいので留学は出来なかったが出来たらやりたかった」とも言ってました。
この3つは必須ですね。


彼の場合、もちろんM1の時も2,3社はインターンに行ってましたね。他にビジネス本読んだり、ビジネスセミナーなども顔を出してたようです。
成績や卒論は「それなりに」やってました(理系の場合はそっちに時間を取られるとエンドレスなので)
2ちゃんや外資への道標もよく見てたようです。
ふつうに複数の外資に受かって、今はその業界にいます。

日本法人で働くケースが多く周囲は日本人が多いものの、外国人もいるし、社内で英語を使うケースも多いようです。


次いで意外?かもしれないけど、メーカー。
日本の大手メーカーって=国際企業で世界中に拠点がある。
だから英語の必要性も高いし、外国人社員も多い。
理系の場合は「田舎の研究所とかに押し込められて研究をし続ける」て話も聞くけど、
海外に行くチャンスは大きいと思う。

この場合も留学&TOEIC,インターン、もちろん大学の成績もあった方がいい。
ビジネス書や就活本は読んだ方がいいね。

※君がアホじゃなきゃ分かると思うけど、直前はどんどん忙しくなって来る。出来る時にやっとかないと
結局出来なくなる。
本を読んだりTOEICやるのは、今月や来月の話であって、半年後や1年後だと思ってるなら、「もう君はすでに負け犬候補」ってことだ。
すぐにやりなさい。

4.リスクヘッジ
僕の周囲にはサークルや部活をアピールした奴は少なかったけど、何か活動をしているのなら
言った方がいい。
ちなみに『社会貢献』のキーワードはNGワード。
いまの大学生が考える社会貢献は「タダ(あるいは税金)でやるんで、(老人や途上国などの弱者に、俺たち勝ち組が)タダレベルのサービスを施してあげますよ」ってスタンス。
要するに「なめてるでしょ、君」としかならない。
「社会貢献」に限らず、「自分自分」じゃなく「相手の立場や価値観」を推測した上で話したり、行動する重要性があるよ

5.コミュニケーション力は最重要(どんな相手とも短期間でそれなりに仲良くなれるという能力)
※最後になるけど
デザイナーやエンジニアほどコミュニケーション能力が問われる職は無いと思う。
僕の友人たちもしっかりとしたスキルがあっても、コミュ力は十分に高かった。
もちろん私立文系で営業や事務に入っても必要。
そもそも「会社」と言う「組織」に入るのだから、逃げられないし、逃げてはいけない。
「コミュマイスターになる」わけじゃなく、人並みにこなせるように努力すればいいだけ。

中途半端な自分の能力を過信してるコミュ力の無い奴は、どこの会社もいらないようで、
そういう人はよく落ちてた。
だから何より大事なのは
「明るく挨拶する、時間を守る、相手を肯定し前向きに話す」なんて当たり前のことを普段から
サボらないことだよ。

投稿日時 - 2011-08-07 12:16:51

お礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
とにかく早く行動することが大事なんだとわかりました。
やるべきことを早くこなしていきたいと思います。

投稿日時 - 2011-08-10 07:47:50

ANo.1

ao-

2012卒の就活生です

話の順番が変わりますが、就活で1番重要なのは自己分析だと感じています。
しっかりと自己分析ができていれば、面接はかなり楽になります。
自分は何をしたいから御社なのか、自分のどんな所が御社にとって利益になるのか、などなど。
自分についてしっかりと理解ができていれば、何を聞かれてもすんなりと答えられます。
なので、自己分析はとにかくしっかりやっておいた方が良いと思います。
あとは筆記でしょうか、SPIや一般常識など。
筆記で落ちてしまうのはくやしいですし…

私も「絶対にこれになりたい!」というものは正直ありませんでした…
なので、就活始めたての頃は、少しでも良いかもと思える様々な業界の会社の説明会に行きました。
そうしていると、だんだん「やってみたい」と思える業界、また、その業界の中でも「この会社は嫌」、「こんな社風いいな」など、自分のしたいこと、どんな会社がいいのかが段々と見えて来ました。
これも、私にとっては自分の自己分析をさらに深めることに大いに繋がりました。
交通費などお金はかかりますが、色々な会社の説明会に行くことは、個人的にはおすすめです。
また、色んな説明会に行っていると、様々な人の考え方に触れることができ、そのなかで「なるほどな」と思えたものを私は面接の中で使わせてもらったりもしました(笑)

私の英語の上手な友人は、商社に決まったみたいです。
英語ができることは商社では必須の条件にしているところもありますし、海外とも取引をしている会社であれば、外国の方と関わる機会もでてくるのではないでしょうか。
工学について勉強をされていたなら、それに関わる商品を扱っている商社などいかがでしょう。
私は商社はほとんど受けなかったのでそれほど詳しいわけではないのですが…すみません…

そんなこんなで、私もなんとか内定をいただくことができました。
私も最初は半信半疑でしたが、本当に内定は縁で頂けるものだと思います。
なんとなく説明会に行ってみた会社が、私は選考を通してどんどん好きになり、結果そこに決まりました。
本当に縁です…
あと、これだけは!嘘はだめです!
内定を頂いた際、人事の方から「私たちは選考を通してあなたをこんな人だと思いました」という話をしていただきましたが、本当に大当たりでした。
やっぱりプロの方です…変に見栄を張ってもばれます…
嘘にならない程度に、美しく話をまとめるのがコツだと思います(笑)

なんだか熱くなり余計なことまでかいてしまいましたが、本当に応援しています。
やっぱり落ちて辛くなったりもありましたが、振り返ってみると良い経験になったし、結構楽しかったです。
長期戦になったとしても、いつか内定は出ます!頑張ってください!

投稿日時 - 2011-08-07 03:14:17

お礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
私もいろいろな企業の説明会に足を運んでみようと思います。
自己分析やSPIも早くやろうと思います。

投稿日時 - 2011-08-10 07:54:22

あなたにオススメの質問